カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/代官山】話題の抽出機“Steampunk”を導入! 「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を開始。

以前、このブログでも紹介した、代官山に拠点を構える焙煎コーヒー豆のセレクトショップ「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を始めました!

※以前の記事はこちら
http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

ということで、その焙煎所兼ショップとなる「THE COFFEESHOP ROAST WORKS」に行ってきました。
最寄り駅は駒場東大前。
R0014318.jpg

内観。メタリックな要素とウッディな要素がみごとに融合しています。
R0014316.jpg

代官山の店舗と同じく、カウンターにはコーヒーのお好み診断ができるiPad、注文金額などが表示されるiPod touchを設置。
R0014252.jpg

目を下ろすと、その日に飲める豆がディスプレイされています。
R0014255.jpg

焙煎機はPROBATONE(プロバット)12kgを使用。
R0014257.jpg
ペインター・MHAK氏によるオリジナルペイントが施されています。

抽出機はSteampunk(スチームパンク)。
日本で稼働しているSteampunkはROAST WORKSのみ。
R0014260.jpg
抽出原理はサイフォンとほぼ同じですが、サイフォンより抽出時のコーヒーの撹拌が安定していて、抽出温度の設定幅も広いそうです。

スタッフさんいわく機械のサイフォン。

その機械のサイフォンでコーヒーを抽出すると、どのような質感になるのでしょうか?

たとえるなら「ペーパーフィルターでドリップしたコーヒーのようなスッキリ感があるのに、金属フィルターで抽出したようなフレーバーや質感がある」とムラサワさん。

注文したのは日替わりの「Today's coffee」(¥280)。この日はエチオピアのイルガチェフェにある生産処理場、コカーナ・ステーションから届いたもの。
R0014263.jpg
ピーチやベリーのような酸味、ハチミツのような甘味が楽しめます。

コーヒーのお共にシナモン香る「BANANA BREAD」(1カット、180円)を注文。
R0014279.jpg
生バナナ、レーズン、ナッツが入っています。

こちらはフレンチプレスで抽出した2種のスペシャルティコーヒーを使用したゼリー「CAFEPRESSO JELLY」(680円)。
R0014288.jpg
シロップは深いコクのカラメルシロップか、ほんのりラムが香るミルクシロップを選べます。
写真はカラメルシロップ。

ゼリーは苦味とコクを感じさせつつも、シトラスのような酸味もありスッキリとした味わい。
対照的に濃厚な甘味を持つカラメルシロップとよく合います。

こちらは鎌倉の人気アイスャンディ屋さん「イグル氷菓」とのコラボで生まれたスペシャルティコーヒージェラート。
R0014294.jpg

エチオピアのイルガチェフェの豆を使用した「Bitter」、グアテマラのラ・ブレアの豆を使用した「Mellow」の2種類があり(各596円)、今回は「Mellow」を注文。
R0014310.jpg
口当たりはきめ細かくシルキー。
ミルクの舌を包み込むようなおだやかな甘味、甘味が薄れたころに顔を出すコーヒーの苦味、そのコントラストがたまりません。

こちらは「DRIP BAG」(162円)。
マグカップにセットし、お湯を注ぐだけでコーヒーを楽しめます。
R0014314.jpg

また、店舗ではパブリックカッピングも定期的に行っています。
開催日時は、「毎週土曜日 13時〜」。

焙煎もはじめ、抽出機も増え、どんどん進化していく「THE COFFEESHOP」。
これからも目が離せません。

●店名
THE COFFEESHOP ROAST WORKS

●住所
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12

●営業時間
9:00-19:00

●休み
なし

●アクセス
駒場東大前駅より徒歩13分

● ブログ
http://blog.thecoffeeshop.jp/

スポンサーサイト

【東京/六本木】アメリカで大人気のハンバーガーが日本上陸! 「ウェンディーズ」の新メニュー「プレッツェルバーガー」。

R0014522.jpg
「ウェンディーズ」が新商品を2月17日に発売しました。
その名も「プレッツェルバーガー」。

日本でプレッツェルといえば固い焼き菓子ですが、
プレッツェル発祥の地・ドイツではモチっとしたパンのことをいいます。

ともに原料も基本的な製法も同じ。
違いは大きさと固く焼き上げるか、やわらかく焼き上げるかのみ。

アメリカでプレッツェルは菓子タイプ・パンタイプともに人気で、市場は1億8,000万ドルを超えます。

そんなアメリカで、パンタイプのプレッツェルを使ったハンバーガーを発売したところ大ヒット。
2013年にもっとも話題を集めたバーガーとなりました。

そして、その大ヒットハンバーガーが日本上陸を果たしたというわけです。
R0014463.jpg

さっそく六本木店に食べに行きました。
R0014465.jpg

内観は赤を基調としたスタイリッシュな雰囲気。
R0014477.jpg

4種類販売されていたので、もちろん全種類注文。
R0014478.jpg

すぐに実食。
基本の「プレッツェルバーガー」(520円)から。R0014515.jpg
バンズ(パン)はプレッツェル独特の褐色。
芳香を放っています。

まずバンズだけをパクリ。

食感は外がパリッ、中がモッチリ。
中の食感はベーグルに近い。
ほどよい甘味が感じられます。

プレッツェルは本場・ドイツでは塩をまぶして食べますが、
北米ではマスタードをつけて食べます。

こちらのバーガーにも、辛味だけでなく甘味もあるハニーマスタードがたっぷり塗られています。
これが同じく甘味のあるバンズとよく合います。

具材はトマトにレタス、チーズにパティ(肉)。
トマトとバンズの間にハニーマスタード、ケチャップ、ピクルス、レッドオニオン。
パティとバンズの間にもう1枚チーズがはさまっています。

ほかのプレッツェルバーガーも基本的にこの組み合わせ。

具材とともにガブリッ。ふむふむ。
やはりバンズが抜群の存在感を示していますね。

1枚ずつ焼き上げている、香ばしくコク深いビーフパティ。
これまでのバンズはあくまでこのパティの引き立て役でした。

しかし、このバンズは違いますね。
パティと同等の香ばしさと弾力を武器に、主役のひとりとなっています。

お次は「プレッツェルプロシュートバーガー」(780円)。
R0014484.jpg
プロシュート(生ハム)、バジルソース、カラシナのベビーリーフがたっぷりとはいっています。
チーズはパティの下に1枚のみ。

バジルソースとベビーリーフのさわやかな風味が活きたイタリアンバーガーといったところでしょうか。

プロシュートは塩気もあり、歯ごたえもよいのですが、量がないのであまりインパクトはありません。
ソースと同じくバーガーにアクセントを加えるような存在ですね。

お次は「プレッツェルイベリコベーコンバーガー」(780円)。
R0014505.jpg
レタスの下に分厚いイベリコ豚のベーコンが2枚。チーズはパティの下に1枚のみ。

ベーコンのスモーキーな香りがすごい! 
食欲がグッと沸いてきます。

うま味、コクも申し分ありません。
パティとバンズとがっぷりよつの存在感。
実に肉々しいバーガーです。

最後は「プレッツェルチリバーガー」(680円)。
R0014512.jpg
ウェンディーズの定番サイドメニュー「チリビーンズ」が、ケチャップの代わりにパティの上にたっぷり。
ハラペーニョも入っていました。
チーズもよいアクセントに。

チリビーンズの辛味と酸味が強烈!
コク深く甘味もあるのでバンズとの調和も取れています。
また、ハラペーニョの辛味とチリビーンズの辛味がダブルで舌を刺激します。

感想をまとめます。

入門編は「プレッツェルバーガー」!
香草好きなら「プレッツェルプロシュートバーガー」!
肉をガッツリ食べたい人は「プレッツェルイベリコベーコンバーガー」!
辛さを楽しむなら「プレッツェルチリバーガー」!

現場からは以上です。

ハンバーガー好きなら食べに行くべし!

●店名
ウェンディーズ 六本木店

●住所
東京都港区六本木5-1-7

●営業時間
月7:00-27:00
火~土 5:00-27:00
日5:00-24:00

●休み
なし

●アクセス
六本木駅より徒歩2分

※プレッツェルバーガーは曙橋店でも食べられます

【e-カフェコラム】コンビニコーヒーの次はカフェポッド? ネスレの取り組みを紹介。

今回はコーヒー業界に関するお話です。

いまネスレ日本のコーヒー事業が大きな注目を集めています。

インスタントコーヒー市場が世界中で伸び悩むなか、
2013年度のネスレ日本の売上高は、
2009年度比で1割増と着実に伸びています。

では、どういった事業を行っているのでしょうか。
簡単に言うと3つの方法を用いて、
ネスレのコーヒーが飲める簡易カフェをあちこちに生み出しています。


■事業その①「ネスカフェ アンバサダー」

まずは、ネスレがアンバサダー(大使)を募集。
審査をパスしてみごとアンバサダーとなった人は、
コーヒーマシンを無料で借りることができます。
そして、自分が所属するオフィスや学校などで使用することが可能に。

手軽に本格的なカフェメニューを楽しめる利便性、
1杯約14円という安さがユーザーに訴求し、
応募者の数は2013年11月末で100,000人超。

しょこたん(中川翔子さん)を起用したCMもあります。

(中川翔子 CM ネスカフェアンバサダー 『オフィス潜入』)


■事業その②「カフェ・イン・ショップ」

ネスレが専用のコーヒーマシンをスーパー、コンビニ、ベーカリーなどに設置。
このときの初期費用はすべてネスレが負担します。

2013年末で約1,000店舗導入。


■販促その③「カフェ ネスカフェ サテライト」

ネスレのコーヒーマシンやネスレ直営のカフェ「カフェ ネスカフェ」のメニューを、
既存の飲食店が使用できる仕組み。
使用する店舗は販売促進のためのさまざまなサポートを受けることができます。

2013年末で約100店舗導入。


これらのビジネスモデルで使用されているカフェポッドで、
主力商品となるのが、昨年9月に発売された「レギュラーソリュブルコーヒー」。

上記の事業の影響もあり、
家庭需要も含め、発売からわずか3か月でトータル25億杯以上飲まれる人気商品に。

その人気の理由は「挽き豆包み製法」。

これまでのインスタントコーヒーの製法は、
コーヒー抽出液を乾燥させて粉末にするというもの。

対して「挽き豆包み製法」は、
抽出液と微粉砕したコーヒー豆の粉、
この2つを混ぜたものを乾燥させるというもの。

「微粉砕したコーヒー豆の粉を加える」、このひと手間により、淹れたての香りと味わいに。

日本を代表する有名レストラン「菊乃井」「ラ・ベットラ」「レストラン アイ」でも、
この「レギュラーソリュブルコーヒー」が採用されています。

CMも制作されました。

(「レギュラーソリュブルコーヒー」のCM:あのお店でも(ラ・ベットラ)篇)

また、今年2月上旬にはあらたな販促もスタートしました。

その名も「ナンパ大作戦」。

「フェイスブック」や「ツイッター」など、
SNSサイトに書き込まれた自社製品に関するクチコミを収集し、
消費者と積極的にコミュニケーションを図っていくというもの。

商品への興味を示す書き込みには商品のアピールをし、
不満や苦情にはお詫びのメッセージを送ります。

ほかにもYouTubeを利用した販促も展開しています。

まず、人気映画監督に新作を撮ってもらいYouTubeで公開。
そして、その映画を視聴するユーザーに向けて同商品のCMを流すというもの。
(参照:ネスレ日本公式チャンネル
http://www.youtube.com/user/nestlewmc/nestlejpchannel
ほかにも、コーヒーマシンの利用者を招いて豪華パーティを実施したりと、
さまざまな販促を展開しています。

安さ、手軽さ、おいしさだけではなく、ユーザーとのコミュニケーションにも重きを置いたネスレのコーヒービジネス。

これからのコーヒー専門店には、
コンビニやネスレとは異なる価値、
つまりコーヒーの圧倒的なクオリティ、そしてお客さまひとりひとりに合わせたサービスがよりいっそう求められていくのではないでしょうか。

【東京/広尾】アゲノミクス効果で揚げ物人気が急上昇。大人気フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」。

みなさん、アゲノミクスってご存知ですか?
えっ? ご存じない?

アゲノミクスとは、日本コロッケ協会と日本唐揚協会が提唱しているスローガン。
簡単に言うと揚げ物を食べて、消費して、景気を“アゲ”てしまおうというもの。
http://karaage.ne.jp/news/2013/03/2013.html

ちなみに、日本唐揚協会は毎年ベストジーニストならぬ、ベストカラアゲニストの選定も行っています。
http://karaage.ne.jp/karaagenist/2013.html(2013年ベストカラアゲニスト)

この本気なのかふざけているのかわからない理念が浸透したのか、
いま揚げ物がブームを呼んでいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/swescaf/66404882.html(参考記事:東京・阿佐ヶ谷/中津からあげ 十干家)

ということで今回は、
そんな揚げ物ブームの中心的存在、フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」に行ってきました。

フレンチフライ専門店?
日本ではあまり聞いたことないですよね。

でも、フレンチフライ(フライドポテト)の発祥の地・ベルギーではポピュラーな存在で、“フリット”の愛称で親しまれています。
そして、街中に、そのフリットを販売するお店・フリットスタンドが立ち並んでいるんです。

そんなベルギーのフリットスタンドの雰囲気と味が、そのまま楽しめるのがこの「AND THE FRIET」。

お店の前には16時40分到着。長蛇の列です。
R0014428.jpg

こちらがメニュー表。
R0014348.jpg

R0014353.jpg
まず、ポテト単品の「FLOWER」(500円~)か、ポテトと「アンド(サイドメニュー)」がセットになった「BOX」(同左下、800円~)かを選びます。
あとはポテトの品種、カットの方法、塩の種類、ディップの種類を選択。

1時間でようやく店内に入ることができました。
R0014369.jpg

カウンターから揚げている様子を見ることができます。
ポテトを揚げるためのオイルは、パーム油、米油、ピーナッツオイルなどをブレンドした、低カロリーでヘルシーな植物性100%のオリジナルブレンドオイル。
R0014374.jpg


レジ横にはポテトのカット見本が並びます。
R0014380.jpg

店内はごった返しています。みなさんサクッと食べてサクッと退店されるので回転ははやいです。
R0014379.jpg
インテリアデザインは中目黒のアパレルショップ「1LDK」を手掛ける、デザインレーベル「raregem」の西條賢さんが担当。

こちらはポテトのお供に頼んだ「セレクトコーヒー」。
R0014381.jpg
代官山にある「THE COFFEESHOP」のオリジナルブレンドです。
ピーチのように甘くさわやかな味わい。
カップスリーブの正面にファニーなメガネ君のイラストが。
これはオランダ出身のイラストレイター、Anje Jager氏によるもの。

スタッフの方にこのキャラクターはモデルがいるのですか? とうかがったら、架空の人物とのこと。

カップスリーブの後ろはメガネ君の後頭部。う~んシャレたアイデア。
R0014383.jpg
ロゴやこういった包材のデザインディレクションは、
雑誌『GINZA』などのアートディレクションを行う平林奈緒美さんが担当しています。

ポテトもできあがりました。
ポテトが入っている紙袋にもメガネ君。
なんだか親しみがわいてきたんですが(笑)。
R0014384.jpg

こちらは「BOX」。
R0014392.jpg
右の2人の目、なんだかうつろ(笑)。

こちらは「FLOWER」。この袋にイラストはありません。
ポテトは「本場ベルギー産 じゃが芋(ピンチェ種)」をセレクト。
ホクホクとした食感と豊かなうま味が特徴です。
R0014390.jpg
カットは「ストレートカット(7mm)」。
マクドナルドと同じサイズです。

塩は「プレーンソルト」。ディップは「特性トマトケチャップ」。
塩味は控えめ。ディップは生のトマトをじっくり煮込んだものでリッチな酸味と甘みが楽しめます。
R0014416.jpg

「BOX」のポテトは「小じゃが芋 マチルダ」をセレクト。
R0014395.jpg
カットはハーフカット。油が染みていない部分が多く、なめらかな舌触りと上品な甘みが楽しめます。

塩は「ハーブソルト」。バジルなどの香りが食欲を引き立てます。
ソースは「アボカドディップ」。クリームチーズが入っており、濃厚な口当たり。
R0014434.jpg

「アンド」はむき海老を細かい味付きパン粉でくるんでフライにした「ポップコーンシュリンプ」。エビのうま味&味付き衣のうま味、強烈なダブルパンチ。
R0014401.jpg

もうひとつの「BOX」は「リ・ポテト(アメリカ産)」をセレクト。
R0014402.jpg
カットはクリスピーカット。極細でカリッカリ。ハーブソルトの塩気が引き立ちます。

ソースはハラペーニョサルサ。刺すような辛味とキレのある酸味が味わえます。
R0014454.jpg

「サイド」は「まるごとソーセージ」。
R0014446.jpg
粗引きで脂身たっぷり。噛めば噛むほどうま味がジュワーっと口の中に広がります。

どれもいままでにない味わいでした。
フレンチフライがここまで多彩で奥深い食べものだとはおどろき!

品種、カット、ディップなど、フレンチフライを自分でカスタマイズしていく楽しさも◎。

また、カップスリーブから紙袋まで、どの包材もオシャレなのがいいですね。

おいしい本場のフリットを味わうことができる幸福感、
メニューをカスタマイズできるワクワク感、
景気だけじゃなく気分も“アゲ”てくれるナイスな「AND THE FRIET」。


みなさまもぜひ行ってみてください!

●店名
AND THE FRIET

●住所
東京都渋谷区広尾5-16-1 1F

●営業時間
10:00 - 21:00

●休み
不定

●アクセス
広尾駅より徒歩4分

【東京/代官山】ブック×コーヒー! 「代官山 蔦谷書店」内にあるカフェ「Anjin」&「スターバックス」。

「代官山 蔦屋書店」に行ってきました。
R0014175.jpg

目当てはブック&アートカフェ「Anjin(アンジン)」。
2号館の2階にあります。こちらは入り口。
R0014215.jpg
まだ購入していない蔦谷書店の書籍をここに持ちこんで読むこともできます。
立ち読みさえ禁止されている書店もあるなか、大胆なサービスですね。

座席はソファー席、テーブル席、カウンター席とさまざま。全120席。
R0014184.jpg

バーカウンターもあります。
R0014188.jpg

各カウンターの下には書籍がぎっしり。
R0014245.jpg

席に案内され、メニューを確認。メニュー表は紙ではなくiPad。
R0014240.jpg
注文をすませ、店内を見てまわります。

貴重な美術書がずらり。
R0014206.jpg
Anjinには約30,000冊の蔵書があります(販売はしていません)。

建築、車、鉄道、映画、音楽、文芸など、いろいろなジャンルの書籍がそろっています。
R0014185.jpg
もちろん、手にとって読むことも可能。

各テーブルにあるiPadで目当ての書籍を検索し、
出版社、出版年、著作者、その書籍がある棚を調べることもできます。

また、世界中の美術作品も展示。店舗にあるiPadで作品の解説を読むことができます。
R0014243.jpg

写真奥の金の屏風は、2004年に「第13回青木繁記念大賞展」大賞などを受賞したアーティスト・鴻崎正武氏による作品。
R0014178.jpg

席に戻ると先ほど注文した、
丸山珈琲焙煎「Anjinオリジナルブレンド(800円)」が届きました。
R0014223.jpg
濃厚なキャラメルのような味わい。

お茶菓子付き。
R0014237.jpg

こちらは「プティフール 盛り合わせ」(800円)。季節によって内容が変わります。
R0014192.jpg
この日は、
ココナッツチュイル、ガレットブルトン、
バナナチョコレートケーキ、マシュマロ、
コーヒー味のマカロン、チョコレートケーキの6種。

こちらは「デュヌ・ラルテ 表参道本店」から取り寄せている「パンの盛り合わせ」(400円)。
R0014199.jpg
バターのリッチな香り、小麦の奥深い甘みを堪能できます。
ミルクをたっぷり入れたコーヒーのお代わり(300円)とともにいただきました。


世界中の書籍を読み、
世界中の美術作品を鑑賞し、
上質なコーヒーを味わう場所・Anjin。
とても豊かな時間をすごせました。



また、蔦屋書店には「スターバックス」も入っています。
ついでにちょっと寄ってみました。
R0014219.jpg
スターバックスにはAnjinのように蔵書や美術作品は展示されていませんが、
こちらにも蔦谷書店の書籍を持ち込むことができます。

また、スターバックスでテイクアウトしたドリンクを蔦谷書店内で飲むことも可能。

写真左は書籍エリアに設けられたフリースペースです。
R0014217.jpg
みなさんスターバックスで買ったドリンクを片手に、気になった書籍をチェックされていました。


Anjinもスターバックスも独立した飲食スペースではなく、あくまで書店の一部。
本を愛する書店とお客さんをつなぐ存在なのだなと感じました。

コーヒーを片手に夢中になってページをめくる人たちの心地よさそうな顔を思い出すと、
なんだか幸せな気分になります。

●店名
代官山 蔦谷書店
Anjin
スターバックス 代官山 蔦谷書店

●住所
東京都渋谷区猿楽町17-5

Anjin:蔦谷書店 2号館 2階
スターバックス:蔦谷書店 3号館 1階

● 営業時間
代官山 蔦谷書店 & スターバックス:7:00~翌2:00
Anjin:9:00~翌2:00

●休み
代官山 蔦谷書店 & Anjin:なし
スターバックス:不定

●アクセス
代官山駅より徒歩5分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。