カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/代官山】ブック×コーヒー! 「代官山 蔦谷書店」内にあるカフェ「Anjin」&「スターバックス」。

「代官山 蔦屋書店」に行ってきました。
R0014175.jpg

目当てはブック&アートカフェ「Anjin(アンジン)」。
2号館の2階にあります。こちらは入り口。
R0014215.jpg
まだ購入していない蔦谷書店の書籍をここに持ちこんで読むこともできます。
立ち読みさえ禁止されている書店もあるなか、大胆なサービスですね。

座席はソファー席、テーブル席、カウンター席とさまざま。全120席。
R0014184.jpg

バーカウンターもあります。
R0014188.jpg

各カウンターの下には書籍がぎっしり。
R0014245.jpg

席に案内され、メニューを確認。メニュー表は紙ではなくiPad。
R0014240.jpg
注文をすませ、店内を見てまわります。

貴重な美術書がずらり。
R0014206.jpg
Anjinには約30,000冊の蔵書があります(販売はしていません)。

建築、車、鉄道、映画、音楽、文芸など、いろいろなジャンルの書籍がそろっています。
R0014185.jpg
もちろん、手にとって読むことも可能。

各テーブルにあるiPadで目当ての書籍を検索し、
出版社、出版年、著作者、その書籍がある棚を調べることもできます。

また、世界中の美術作品も展示。店舗にあるiPadで作品の解説を読むことができます。
R0014243.jpg

写真奥の金の屏風は、2004年に「第13回青木繁記念大賞展」大賞などを受賞したアーティスト・鴻崎正武氏による作品。
R0014178.jpg

席に戻ると先ほど注文した、
丸山珈琲焙煎「Anjinオリジナルブレンド(800円)」が届きました。
R0014223.jpg
濃厚なキャラメルのような味わい。

お茶菓子付き。
R0014237.jpg

こちらは「プティフール 盛り合わせ」(800円)。季節によって内容が変わります。
R0014192.jpg
この日は、
ココナッツチュイル、ガレットブルトン、
バナナチョコレートケーキ、マシュマロ、
コーヒー味のマカロン、チョコレートケーキの6種。

こちらは「デュヌ・ラルテ 表参道本店」から取り寄せている「パンの盛り合わせ」(400円)。
R0014199.jpg
バターのリッチな香り、小麦の奥深い甘みを堪能できます。
ミルクをたっぷり入れたコーヒーのお代わり(300円)とともにいただきました。


世界中の書籍を読み、
世界中の美術作品を鑑賞し、
上質なコーヒーを味わう場所・Anjin。
とても豊かな時間をすごせました。



また、蔦屋書店には「スターバックス」も入っています。
ついでにちょっと寄ってみました。
R0014219.jpg
スターバックスにはAnjinのように蔵書や美術作品は展示されていませんが、
こちらにも蔦谷書店の書籍を持ち込むことができます。

また、スターバックスでテイクアウトしたドリンクを蔦谷書店内で飲むことも可能。

写真左は書籍エリアに設けられたフリースペースです。
R0014217.jpg
みなさんスターバックスで買ったドリンクを片手に、気になった書籍をチェックされていました。


Anjinもスターバックスも独立した飲食スペースではなく、あくまで書店の一部。
本を愛する書店とお客さんをつなぐ存在なのだなと感じました。

コーヒーを片手に夢中になってページをめくる人たちの心地よさそうな顔を思い出すと、
なんだか幸せな気分になります。

●店名
代官山 蔦谷書店
Anjin
スターバックス 代官山 蔦谷書店

●住所
東京都渋谷区猿楽町17-5

Anjin:蔦谷書店 2号館 2階
スターバックス:蔦谷書店 3号館 1階

● 営業時間
代官山 蔦谷書店 & スターバックス:7:00~翌2:00
Anjin:9:00~翌2:00

●休み
代官山 蔦谷書店 & Anjin:なし
スターバックス:不定

●アクセス
代官山駅より徒歩5分

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。