カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/代官山】話題の抽出機“Steampunk”を導入! 「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を開始。

以前、このブログでも紹介した、代官山に拠点を構える焙煎コーヒー豆のセレクトショップ「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を始めました!

※以前の記事はこちら
http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

ということで、その焙煎所兼ショップとなる「THE COFFEESHOP ROAST WORKS」に行ってきました。
最寄り駅は駒場東大前。
R0014318.jpg

内観。メタリックな要素とウッディな要素がみごとに融合しています。
R0014316.jpg

代官山の店舗と同じく、カウンターにはコーヒーのお好み診断ができるiPad、注文金額などが表示されるiPod touchを設置。
R0014252.jpg

目を下ろすと、その日に飲める豆がディスプレイされています。
R0014255.jpg

焙煎機はPROBATONE(プロバット)12kgを使用。
R0014257.jpg
ペインター・MHAK氏によるオリジナルペイントが施されています。

抽出機はSteampunk(スチームパンク)。
日本で稼働しているSteampunkはROAST WORKSのみ。
R0014260.jpg
抽出原理はサイフォンとほぼ同じですが、サイフォンより抽出時のコーヒーの撹拌が安定していて、抽出温度の設定幅も広いそうです。

スタッフさんいわく機械のサイフォン。

その機械のサイフォンでコーヒーを抽出すると、どのような質感になるのでしょうか?

たとえるなら「ペーパーフィルターでドリップしたコーヒーのようなスッキリ感があるのに、金属フィルターで抽出したようなフレーバーや質感がある」とムラサワさん。

注文したのは日替わりの「Today's coffee」(¥280)。この日はエチオピアのイルガチェフェにある生産処理場、コカーナ・ステーションから届いたもの。
R0014263.jpg
ピーチやベリーのような酸味、ハチミツのような甘味が楽しめます。

コーヒーのお共にシナモン香る「BANANA BREAD」(1カット、180円)を注文。
R0014279.jpg
生バナナ、レーズン、ナッツが入っています。

こちらはフレンチプレスで抽出した2種のスペシャルティコーヒーを使用したゼリー「CAFEPRESSO JELLY」(680円)。
R0014288.jpg
シロップは深いコクのカラメルシロップか、ほんのりラムが香るミルクシロップを選べます。
写真はカラメルシロップ。

ゼリーは苦味とコクを感じさせつつも、シトラスのような酸味もありスッキリとした味わい。
対照的に濃厚な甘味を持つカラメルシロップとよく合います。

こちらは鎌倉の人気アイスャンディ屋さん「イグル氷菓」とのコラボで生まれたスペシャルティコーヒージェラート。
R0014294.jpg

エチオピアのイルガチェフェの豆を使用した「Bitter」、グアテマラのラ・ブレアの豆を使用した「Mellow」の2種類があり(各596円)、今回は「Mellow」を注文。
R0014310.jpg
口当たりはきめ細かくシルキー。
ミルクの舌を包み込むようなおだやかな甘味、甘味が薄れたころに顔を出すコーヒーの苦味、そのコントラストがたまりません。

こちらは「DRIP BAG」(162円)。
マグカップにセットし、お湯を注ぐだけでコーヒーを楽しめます。
R0014314.jpg

また、店舗ではパブリックカッピングも定期的に行っています。
開催日時は、「毎週土曜日 13時〜」。

焙煎もはじめ、抽出機も増え、どんどん進化していく「THE COFFEESHOP」。
これからも目が離せません。

●店名
THE COFFEESHOP ROAST WORKS

●住所
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12

●営業時間
9:00-19:00

●休み
なし

●アクセス
駒場東大前駅より徒歩13分

● ブログ
http://blog.thecoffeeshop.jp/

スポンサーサイト

【東京/代官山】アイデアとおいしさが詰まったコーヒースタンド「THE COFFEESHOP」さんにお邪魔しました

代官山にあるコーヒースタンド、
「THE COFFEESHOP」さんにお邪魔しました。

お付き合いのあるバリスタさんにおすすめのお店はどこですかとうかがったら、
まっさきにこちらのお店を上げていらっしゃったのでずっと気になっていたお店です。

念願の初訪問。

場所は代官山駅と渋谷駅のちょうど中間地点。
5、6人入店すればもういっぱいという小さなコーヒースタンド。
R0011532.jpg

お店のロゴマークがすごくかわいい!
R0011548.jpg
思わず「何のマークだろう? 何のお店だろう?」と歩く人の目をグッと引きつけます。
ステキなアイキャッチ。

「はじめはコーヒーカップとそこから立ちのぼるケムリをイメージしたデザインだったのですが、最終的にケムリだけになりました(笑)」と、スタッフの村澤さん。

入店すると正面のカウンターにはその日飲めるコーヒー豆が飾られています。
R0011533.jpg
すべてシングルオリジン(単一農園)のスペシャルティコーヒー。

コーヒーのメニューは、

●Today's Coffee 今日のコーヒー¥280
お店がセレクトする日替わりコーヒーをFrench Pressで抽出。

●Select Coffee セレクトコーヒー¥420
8種類からお好きな豆とお好きな抽出方法(HOT/ICE)
(01.French Press/02.AeroPress/03.Hand Drip)。

●Ice Coffee アイスコーヒー¥320
アイスコーヒーに適した2〜3種類の豆をご用意。

●Coffee&Milk コーヒー牛乳(ホット/アイス)¥380
コーヒーの爽やかさとミルクの甘さで甘い余韻まで楽しめます。

(以上、お店のHPより)

その左手には
抽出器具の見本や販売しているコーヒー豆などが並びます。
R0011536.jpg

私は「本日のコーヒー」(280円)を注文。
R0011541.jpg
この日は【ホンジュラス/オーランド・アリータ】。
(オーランド・アリータは農園を手がけている方のお名前だそう)

カップスリーブにもあのステキなロゴマークが。
無地のカップスリーブに手動でスタンプを押しているそうです。



あと、
コーヒーで作ったゼリー、
「CAFEPRESSO JELLY」(680円)も注文させていただきました。
R0011539.jpg

店内で飲食を楽しむ場合はこちらの正面左手にあるカウンターで。
R0011537.jpg
この【ホンジュラス/オーランド・アリータ】は、
オレンジやピーチ、チェリーのようなフレーバーで、
ほどよい甘みがあるコーヒー。

フレンチプレスで抽出しているので実に濃厚な味わいです。
※フレンチプレスについてはこちらの記事で詳しく書かせていただきました

正面に飾られているコーヒー豆の下に、
そのコーヒーが持つフレイバーが明記されているので、
チェックしてから飲むと楽しいかもしれません。

ちなみに、
本日のコーヒーはお店のFacebookページに毎日アップされているので、
遊びに行く前にチェックするのがオススメ。

THE COFFEESHOP さんのFacebookページ

「CAFEPRESSO JELLY」は、
“コロンビアの豆・カチャルにカラメルシロップを合せるもの”と、
“エルサルバドルのモンテシオンにラムミルクを合せるもの”の2種類。

私が頼んだのは後者。
R0011543.jpg
コーヒーゼリーはとってもあっさりとした味わい。
コーヒーと寒天しか使っていないそうです。実にシンプル。

口に入れたときにラムがフワッと香り、食欲を刺激します。
その後、濃厚なミルクの甘みが口いっぱいに広がります。
でもコーヒーゼリーがとてもあさっりしているので、
まったくクドいとは感じません。
濃厚でありながらスッキリとした食後感。

食事をしながら左手のカウンターに何かないのかチェックするとiPadが!
メニュー、お好み診断、お店のHPをチェックできるようです。

お好み診断ってなんだろうと思って画面をタッチすると~
R0011535.jpg
自分がいったいどういうコーヒーが好きなのかを調べるさまざまな診断項目がでてきます。
この項目をすべて選択すると最後に自分が好きなコーヒー豆はどれかがわかるようになっています。

タッチする、自分でアクションを起こすという仕組みもおもしろいですし、
診断項目が細かく、選びやすい、わかりやすい言葉で書かれているのも素晴らしいですね。

コーヒーに明るくない人にも優しい作りにしようという熱い思いを感じます。

あとこんなものも!
壁に魚眼レンズのカメラが!
R0011538.jpg
なぜコーヒースタンドにカメラが!?
びっくりですよね。

SHOOTボタンを押すと魚眼レンズに写った自分(もしくは自分たち)を撮影できるそうです。
撮影したあとの写真にコメントをつけることもできるみたいです。

そしてその写真はどうなるかというと~
お店のHPに表示されちゃいます!

THE COFFEESHOPさんのHP

この仕掛けもすごくすてきだなあと思います。

遊び心があるし、
参加型だし、
思い出が形にのこるし、
人と人がつながるツールにもなっています。

正面右手には、
日本では基本的には売られていない
海外のデザイン性の高いカップなどが飾られています。
R0011544.jpg

この日は新しいデジカメを買ってウキウキしており、
こんどはどこのお店を回ろうかと考えていたら、
業界きってのコーヒーマニアとして知られるスタッフの村澤さんが、
オススメのお店やオススメのメニューをあれこれ親切に教えてくれました。

私が「あそこのお店にお邪魔した」「あのコーヒーを飲んだ」などと言うと、
「あそこのあれは本当にいいもので~」とさまざまなお話を聞かせてくれて、
とても楽しかったです。

村澤さんはブログもやられていてとてもおもしろいので、
コーヒー好きの方はぜひチェックしてみてください。

FRIDAY BLOG

また、
コーヒー豆のデリバリーもやっているそうです。

BEANS DELIVERY SERVICE


カメラやお好み診断などワクワク&ウキウキするような仕掛けがたくさんあり、
ほかでは手に入らないデザイン性の高いカップや抽出器具を買うこともでき、
村澤さんの豊かな知識と優れた手腕で集められたスペシャルティコーヒーを楽しめるコーヒースタンド、THE COFFEESHOPさん。

コンパクトなサイズの店舗の中に、
本当にたくさんのアイデアやおいしさが詰まっているステキなお店でした。

またお邪魔したいと思います。

●店名
THE COFFEESHOP

●住所
東京都渋谷区猿楽町2-3

●営業時間
12:00-19:00 

●休み
不定休

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。