カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神奈川/大倉山】深煎りコーヒーと自家製スイーツが絶品! 横浜が誇るコーヒー豆屋「TERA COFFEE(テラ コーヒー)」さん

横浜に住む多くの友人たちが絶賛するコーヒー豆屋さん、
「TERA COFFEE and ROASTER(テラコーヒーアンドロースター) 大倉山店」さんにお邪魔しました。
R0012889.jpg

「コーヒー豆屋です」
シンプルながらも威風堂々とした看板。
R0012888.jpg

それもそのはず、TERA COFFEEさんは豆に徹底的にこだわっています。

産地へ直接足を運び、優良な農園とパートナーシップを築き、
その年に収穫された[ニュークロップ]と呼ばれる新豆だけをカッピング。

香味チェックで高い評価を獲得した豆のみを買い付け。

リーファーコンテナ(冷蔵)で輸入。豆にとってはファーストクラスのような環境。

日本に輸入されてからは15°Cの定温庫で保管。

手間も時間もかかるけれど、
素性までわかる良質な豆しか提供したくないという思いから、
このような方法を取られているそうです。

もちろんその熱い思いは焙煎にも。

やわらかな香味をつくり出すために、
特別に改良した直火の焙煎機で、
丁寧にじっくりローストされています。

場所の紹介がまだでしたね。
場所は東横線大倉山駅の出口1を出て左手にあるこの建物の一階です。
R0012882.jpg
白楽にある店舗が第一号店でこの大倉山店は第二号店。
大倉山店さんのほうが自宅から近かったのとスイーツが充実しているということで、
今回は大倉山店さんにお邪魔しました。

カウンターに厳選された豆たちが並んでいます。
R0012880.jpg

豆たちを眺めていると、
スタッフさんがオススメのコーヒーを試飲させてくれました。
とてもおいしくて期待値がグングン上がります。
しかしこういったサービスはほんとうれしいですね。

どんな豆を買おうか悩んでいたのですが、
味の好みをスタッフさんに伝えると、
アドバイスを交えながら私好みの豆を選んでくれました。

「グァテマラ(サンホセオカニャ農園)【シティロースト】100g」(570円)。
R0012911.jpg
説明書きに、
「今年の2月に訪問し買い付けて来た農園。
標高が高く寒暖差があり十分なコクのあるコーヒーができる産地。
とても甘味のある味わい。熟したチェリーやプルーン、ブラックベリーの様な香味」
とありましたが、まさにその通りの味わい。
深い甘みとコクが楽しめました。
相談してよかったー。まさにいま自分が求めている味でした。

3席ほどですがイート イン スペースもあります。
R0012873.jpg

目の前にはプロバットというドイツ製の焙煎機。
迫力です。
R0012864.jpg

せっかくなのでイート イン スペースを利用させていただきました。
ドリンクメニューはこちら。
R0012854.jpg
暑い日だったのでアイスカフェオレのSを。
(もちろんドリンクはテイクアウトも可能です)

上のメニュー表にも書いていますが、
素敵だな思うのは豆を選べること。

TERA COFFEEさん一押しのブレンド、
「ふかいりブレンド【フレンチロースト】」で作っていただきました。
じゃん、こちら。
R0012868.jpg
やさしいミルクの味わいとガツンとくるエスプレッソのコクがベストマッチ。

フレンチローストなので苦味やコゲくささも感じるのかなと思いきや、
強いのはコクだけで、嫌な苦味もなく、コゲくささもありません。

取り扱っている豆は比較的深煎りの豆が多かったです。
最近のカフェ&コーヒー豆屋さんは、
サードウェーブ系の浅煎りの豆をメインに展開しているショップさんが多い中、
なかなかめずらしいコーヒー豆屋さんです。

ただ先ほども書きましたが深煎りだからといって、
どの豆も嫌な苦味、焦げくささはありません。

あるのはやわらかな甘みと深いコク。

深煎りのコーヒーのおいしさを追求し、
深煎りコーヒーのいいとこ取りをしたかのような味わい。

もともと深煎り好きの私にとってはたまらないお店です。
(もちろんいまは浅煎りのものも大好きです。どちらも好き)

スイーツもおいしいと伺っていたのでこちらも注文させていただきました。
「モカチーズケーキ」(350円)。
R0012869.jpg
ニュージランド産のチーズと、
TERA COFFEEさんで扱うコーヒーを掛け合わせた一品。

モカの香りが口の中にじんわりと広がる大人のチーズケーキといった味わい。
重厚で引き締まった甘みはカフェオレにもよく合います。

また、
「自家製プレーン・スコーン」(190円)もパクリ。
R0012871.jpg
しっとりタイプではなく、サクサク感を楽しむタイプ。
香ばしく素朴な味わいの中にも穏やかな甘みがあります。
実に上品な味わい。

チーズケーキもスコーンもそのほかのイートインメニューも、
店内でその日にスタッフの方が作っているそうです。
つまりできたて。

また、
看板にもありましたが、
コーヒー豆をモチーフにしたこのカエルのキャラクターが超かわいい!
R0012866.jpg

マグカップやキャニスター缶など、
このカエルのキャラクターをモチーフにしたグッズもたくさん。
R0012875.jpg

コーヒー豆が入っていた麻袋をリメイクしたバッグもありました。
裏地がストライプのものもあり、
シンプルながらもオシャレな作りになっています。
R0012876.jpg

また、テーブルの上にはTERA COFFEEオリジナルのニュースペーパーが!
R0012900.jpg
(上の写真は自宅で撮影。最新号は豆を買い物すると付いてきます)

キュートなデザインが目を引きます。
たくさんの写真を使いながら、豆の仕入先である農園が紹介されていました。
読み応え十分。

徹底的にこだわった豆の仕入れ、保管、焙煎、
深煎りに重きを置いたほかにはなかなかない豆のラインナップ、
自家製の絶品スイーツ、
キュートなグッズ&ニュースペーパー、
さすが横浜が誇るコーヒー豆屋「TERA COFFEE」さんです。

またお邪魔しようと思います。

●店名
「TERA COFFEE and ROASTER(テラコーヒーアンドロースター) 大倉山店」

●住所
横浜市港北区大倉山1-3-20

●営業時間
10:00~20:00

●休み
月曜

●アクセス
東急東横線大倉山駅B1出口より徒歩1分

スポンサーサイト

【東京/汐留】ブランシュガーチーズケーキがおいしい! 北欧カフェを思わせる落ち着いた空間が魅力の「1/f COFFEE PLACE」さんにお邪魔しました

汐留にあるカフェ「1/f COFFEE PLACE」さんにお邪魔しました。
外観の写真のとおり小ぢんまりとしたお店さんです。
R0012331.jpg

タイル張りのカウンター、黒板には手書きのメニュー表が。
まるで北欧のカフェに迷い込んでしまったかのような雰囲気。
R0012311.jpg

カウンターにあるショーケースにはその日食べられるサンドイッチやケーキが並びます。
ケースにはダイレクトに描かれたイラストが。キュートです。
R0012326.jpg

ショーケース左手には観葉植物やポットサービスのお知らせが書かれたカラー黒板。
R0012324.jpg

カウンター奥には、
「アラビア」や「グスタフスベリ」などの北欧カップ&ソーサーが並びます。
R0012327.jpg
なんてかわいさ!
ドリップコーヒーと紅茶のみこちらの北欧カップアンドソーサーを使用しているそうです。
(味わいに合わせてとのこと。ラテは厚みのあるマグカップを使用)

ソファーや
R0012313.jpg

ウッドチェアも北欧的なデザイン。
R0012307.jpg

オーナーさんの友人が手がけたモザイクアートを楽しめるスペースも。
R0012315.jpg

基本的にストローやシロップなどが並ぶスペースは簡易的であまりおもしろみがないものです。
が、しかし!
R0012325.jpg
こちらのカフェさんはこのように観葉植物やアンティークの鳥かごなどを配し、
心おどるスペースにされていて、
なにごともひと手間、ふた手間かけるべきだなあとあらてめて思いました。

注文したのは「ランチセットA」(800円)。
内容はドリンク(S)、ホットサンド、ミニサラダ(イートインの場合のみ。テイクアウトの場合はなし)。

ドリンクはカフェラテ(Hot)を注文させていただきました。
R0012318.jpg
エスプレッソはブラジルのブレンドから抽出しているとのこと。
どっしりとしたコクや香りが楽しめるナイスなカプチーノでした!

ホットサンドは「キャベツベーコンサンド」をチョイス。
R0012316.jpg
炒めたキャベツとベーコンの香ばしさと、
チェダーチーズのまろやかさが絶妙にマッチ。
粒マスタードもいいアクセントになっています。

スイーツも注文。「チーズケーキ」(280円)。
R0012323.jpg
レアチーズケーキなのですが、
ケーキ部分にブランシュガーを使用しており、
とってもコクのある甘みが楽しめます。

私はチーズケーキ大好き人間なのですが、これはもうほんとーにおいしかったです!
ブラウンシュガー大好き人間でもあるので、個人的な好みも入っていますが。
あまりに自分好みの味でテイクアウト用にさらに2つ購入させていただきました。

北欧系の家具やカップアンドソーサーがかもし出すラグジュアリーな空間で、
おいしいホットサンドやケーキを楽しめるカフェ「1/f COFFEE PLACE」さん。

海外の方がお客さんに多かったのも印象的でした。
きっと「1/f COFFEE PLACE」さんのお店の雰囲気や味が、
現地のものと似ているからかもしれませんね。

●店名
1/f COFFEE PLACE(エフブンノイチ コーヒー プレイス)

●住所
東京都港区東新橋2-9-5 パラッツォマレーアビル 1F

●営業時間
7:30~17:00(今後営業時間が1時間夕方に延びる可能性あり)

●休み
土日祝

●アクセス
都営大江戸線汐留駅8出口口より徒歩7分

【東京/西荻窪】レトロなアンティークが並ぶ喫茶店「空音」さんにて、ネルドリップのコーヒーを堪能してきました

西荻窪にある喫茶店「空音(くうおん)」さんにお邪魔しました。
R0011714.jpg
手作りの看板。

R0011666.jpg
窓にはロウソクや船のイラストが。

R0011689.jpg
お店が見渡せる窓際の席で注文を待ちます。
その合間に親切なオーナーさま、スタッフさまに撮影許可をいただいて店内を撮らせていただきました。

R0011678.jpg
アンティークは同じく西荻窪にあるアンティークショップ「collection’s」さんで買われたものが多いとのことでした。

R0011679.jpg
日差しがいい感じ。

R0011687.jpg
もうすべての小物がかわいいです。

R0011698.jpg
注文させていただいたのは本日のランチ「懐かしのナポリタン」(900円、コーヒー付)。
※コーヒーが付くのはランチタイムのみ

もちもちな太面にケチャップたっぷりの王道ナポリタンと思いきや、
隠し味にサルサソースを入れているとのことでピリ辛風味です。
美味。

R0011710.jpg
セットのコーヒーはダーク・ブレンド(500円、今回はセットなので無料)。

R0011711.jpg
どういったブレンドでどういった味わいかは、
各テーブルにある説明カードに描かれています。

香りや酸味などのレベルを3段階で明記、写真付き、簡潔な説明、
思わず家にもって帰りたくなるステキなカードです。

ちなみにコーヒーはすべてスペシャルティーコーヒー。
しかも時間をかけてネルドリップで一杯ずつ丁寧に抽出しています。

R0011708.jpg
デザートには濃厚ベイクドチーズケーキ(300円)を注文。
クラクラするほど濃厚です。

R0011692.jpg
スタッフさんの妹さんが描かれたイラストも展示販売されています。

R0011683.jpg
お店のカードにもイラストが。

R0011703.jpg
この古時計はスタッフさんのおばあちゃんの家にあったものだとか。

R0011704.jpg
中央にある「こうひい絵物語」・・・、気になります。

R0011685.jpg
輸入チョコレート「Zotter chocolate」の販売も!
なんてキュートなイラスト!
お客さんが仕入れているものだそうです。

R0011712.jpg
私は奥にある4個セットのミニチョコ(400円)をお買い上げ。

レトロでキュートなアンティークに囲まれた店内はまるで時が止まっているかのようでした。
次ぎお邪魔したときは名物のひとつであるカレーを食べたいと思います。

●店名
空音(くうおん)

●住所
東京都杉並区西荻南3-18-3

●営業時間
月火11:00~21:00
木11:00~22:30
金土11:00~23:00
日11:00~18:00

●休み
水曜

●アクセス
JR西荻窪駅より徒歩4分

【神奈川/鎌倉】マスターのコーヒー&トークと手作りケーキが魅力の珈琲店「鎌倉珈琲香房」さんにお邪魔しました

鎌倉にある自家焙煎の珈琲店「鎌倉珈琲香房」さんに行ってきました。

鎌倉駅西口を出てマグロ漬け屋さんと横浜銀行さんの間をまっすぐ進み、
市役所前の信号がある十字路を左手に、
その後ひたすらまっすぐ進んだ右手にあります。

緑に白抜きの文字の看板が目印。

DSCF2759.jpg

黒一色の硬派な外観が目を引きます。

店内も黒や茶を基調としたシックな雰囲気。
鎌倉駅近くの喧騒から離れた場所にあり、
落ち着いた雰囲気でコーヒーを楽しめます。

コーヒーは、
ブレンドコーヒーがNo.1~6まで全6種、
ストレートコーヒーNo.1~13まで全13種用意されていました。

No.1がもっとも浅煎りで、
数字が大きくなればなるほど深煎りになります。

私は深煎りが好きなので、
ストレートコーヒーNo.12の「ケニア・ルイスグラシア」(500円)を注文させていただきました。
※コーヒーは基本的にすべて1杯=240ccで500円

濃厚なボディ、後引く甘さが特徴。

DSCF2767.jpg

マグカップの形がすごくかわいい!
本体部分と取っ手部分が、まるでメビウスの輪のようにつながっています。

他の方のブログやネットの記事を事前に見たのですが、
毎日マスターの奥さまが作られているという自家製ケーキの評判がとてもよかったので、
コーヒーとケーキがセットになった「ホームメイド ケーキセット」(850円)で注文。

ケーキは、
珈琲屋のレアチーズケーキ、
オレンジのレアチーズケーキ
ベイクドチーズケーキ、
生チョコレートケーキ、
ガトーショコラがありました。

奥さまに話をうかがったところ、
珈琲屋のレアチーズケーキが一番人気ということだったので、
それを注文させていただきました。

DSCF2769.jpg

ベリーの酸味が効いているので、
チーズケーキ自体の酸味は抑え目。
ただし、甘みは実に濃厚。
絡みつくようなねっとりとした舌触りがその甘さをさらに引き立てます。
クッキーのほのかな塩気がいいアクセントに。

お店にはさまざまなコーヒー器具も並んでいました。

ハンドドリップ用のおすすめドリッパーを聞いたところ、
こちらが使い勝手がいいということで購入。

DSCF2902.jpg

↑ハリオの透過ドリッパーV60

コーヒー用の茶砂糖も発見!

DSCF2860.jpg


おいしそうだなぁと私が眺めていると、
マスターがこちらを見てニヤリ「それは麻薬だよ(笑)」とひと言。

マスターは朝飲むコーヒーには必ずこれをいれるほどぞっこんなようです。
もちろん購入。

コーヒーはブラックで飲むのが通だと思ってましたと言うと、
「その人がおいしいと感じる飲み方がその人にあった飲み方ですよ」と優しいお言葉。

上記の発言をみてもわかるとおり、
こちらのマスターはとても親切かつ熱い方で、
「どういうのが好きなんですか? だったらこう淹れたほうがいい」
「そのドリッパーならこのペーパーを買ったほうがいい」
と素人丸出しの私に、
おいしいコーヒーを飲むためのアドバイスをたくさんしてくれました。

鎌倉という神奈川きっての観光地にありながらとても落ち着いた雰囲気。
熟練のハンドドリップで淹れられる浅煎りから深煎りまでの幅広いコーヒー。
毎日作られる極上のハンドメイドケーキ。
マスターにコーヒーについての“いろは”も学べる珈琲店「鎌倉珈琲香房」さん。

とても素敵なお店でした。

●店名
鎌倉珈琲香房

●住所
神奈川県鎌倉市御成町20-8

●営業時間
10:00~18:00

●休み
第1、第3月曜(祝日の場合は翌日)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。