FC2ブログ

カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/原宿】質の違う甘みと酸味がベストマッチ! イタリアンレストラン「yao」でフルーツ盛りだくさんのパンケーキを食べてきた!

原宿は明治神宮前にあるイタリアンレストラン&カフェ「yao」さんに行ってきました。
お目当てはパンケーキ。


明治神宮前駅から明治通りを新宿方面へ進み約10分のところにあります。
IMG_0939.jpg

店前にはパンケーキの看板が。
上手というかおいしそうな絵ですね。スタッフさんが描いたものでしょうか。
IMG_0943.jpg
ソースのたれ具合、フルーツの色合いがステキ。

入り口すぐ右手にはこんなものが。
IMG_0936.jpg
店名のミニクッション。キュートです。

デザイナーズマンションを改装しただけあり、
店内はとーってもオシャレな雰囲気。
IMG_0911.jpg

ソファー席もあります。
IMG_0913.jpg

セットドリンクはエスプレッソ、アイスorホットコーヒー、アイスorホットティーから300円で選べます。
こちらはアイスコーヒー。
R0013364.jpg
深煎りでガツンとくる味。
甘い物にピッタリ。

パンケーキ用のナイフやフォークも到着。
IMG_0921.jpg
きっちり2人前。パンケーキは2人で食べるものだと再確認・・・。

そしてそしてパンケーキ到着。
どーん。
R0013366.jpg
パンケーキの雪化粧や。

後ろからも撮影。
IMG_0928.jpg
パンケーキが常夏や。トロピカールや。

フレッシュな甘みが魅力のキャラメリゼされたパイナップル&マンゴー、
濃厚な甘みを持つ冷たいアイス、
さわやかな甘みの後に少しだけやわらかな酸味が残るレモンカード、
甘さ控えめだけどコク深い生クリーム。


質の違う甘みと酸味が絶妙に絡み合います。


接近して撮影。
IMG_0933.jpg
ソースがじんわりと染みこんでいます。

パンケーキはふわふわかつしっとり。
ほどよい甘さ。
エアリーでソースやアイスがばっちり染みこんでいます。


パンケーキ、ソース、フルーツ、
それぞれが持ち味を最大限に引き出しあっているみごとな一品でした。


雰囲気もよく、
イタリアンメニュー&ワインも豊富なので、
夜にお邪魔しても楽しそうです。


●店名
yao (ヤオ)

●住所
東京都渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ1F

●営業時間
月~金11:30~24:00
土12:00~24:00(フードLO22:30、ドリンクLO23:30)
日12:00~23:00(フードLO22:00、 ドリンクLO22:30)

●休み
なし

●アクセス
原宿駅竹下口より徒歩7分、明治神宮前駅出口5より徒歩7分

スポンサーサイト

【神奈川/横浜】パンケーキファン必食! 究極のホットケーキが横浜に登場! 「ベイカフェ ヨコハマ 横浜髙島屋」さんにお邪魔しました

銀座に本社を置く老舗洋菓子メーカー「洋菓子舗ウエスト」さんが手がけるカフェ「ウエスト」が、目黒店の閉店にともない、4/17横浜にオープン。

もちろん目当てはホットケーキ!
「青山ガーデン店」限定の大人気メニューがここ横浜でも楽しめることになったのです!
R0012478.jpg

白を基調とした高級感あふれる外観。
R0012481.jpg

美しい絨毯、座り心地のよいイス、要所要所に草花を配した店内では、
ラグジュアリーな雰囲気が楽しめます。
R0012476.jpg

注文させていただいたのは「ホットケーキ2枚(945円)」(お飲み物付+315円)。
※ホットケーキ1枚は525円、お飲み物付+525円
※ブレンド、ウィンナー、紅茶から選べます。私はブレンドを注文させていただきました

男ひとりで待っていたせいか、気を使っていただき、
先に焼きあがった1枚を届けていただきました。
R0012470.jpg

きれいに狐色に焼き上げられています。
R0012466.jpg

撮影させていただいているうちに2枚目が到着。
R0012467.jpg

ナイフを入れてびっくり。
表面はサクッと刃が通る感触があるのですが、
中は空気をきっているような感じです。

めちゃくちゃ柔らかいというわけではありませんが、
表面と中の硬度の差がすごすぎてそう感じるのかもしれません。

このコンガリ感。パリッと感。
ちょっと突いただけでバターが滑り落ちていきそうです。
R0012463.jpg

しかも断面を見てわかる通り、コンガリしてるのは表面の一ミリくらいだけ。
最小限の厚さで最大限のコントラストを生み出しています。
中はエアリー。備え付けのメープルをかけると染みこむ染みこむ。
R0012474.jpg

ここまで表面と中のコントラストが極端なホットケーキはほんとはじめてです。

中はやわらかな食感ですが“とろけるような”とか“半熟っぽい”とか、
そういったタイプではありません。
“昔ながらホットケーキ”のようにちゃんとコシもあります。

甘さはやや控えめですが、香り高く噛むほどに豊かな甘みが口の中に広がります。

ハワイアンスタイルのへナッとしたやわらかパンケーキではなく、
外はコンガリ、中はやわらか、でもコシとパンチもあるという
日本ならではのホットケーキスタイルを、極限まで突き詰めた感じです。

パンケーキ界のサムライ、横浜にあらわるです。

ちなみブレンドコーヒーは、ブルーマウンテンが主体。
ガスで浅めに焙煎し店内にて荒挽き。
水はサントリー南アルプスの天然水を使用しているそうです。
酸味が明るくすっきりとした味わいでした。

そしておかわり無料!
ミルクと砂糖をたっぷり入れればパンケーキと相性抜群です。
かなり量があったので(女性は1枚で十分かも)2杯もおかわりしちゃいました。

また、スタッフさんの対応も本当にすばらしかったです。
丁寧な言葉遣い、やわらかな笑顔、機転の早さ、おもてなしの心、どれも一級品。
さすが老舗菓子屋さん、さすが横浜髙島屋さん。
とっても居心地がよかったです。

●店名
ベイカフェ ヨコハマ 横浜髙島屋

●住所
神奈川県横浜市西区南幸1-6-31 横浜髙島屋3F

●営業時間
10:00~20:00

●休み
横浜髙島屋に準ずる

●座席数
52席(全席禁煙)

●アクセス
JR横浜駅西口より徒歩1分

【東京/中野】パンケーキの次はこれ!? 新食感スイーツ・マラサダがおいしい! ディープタウン・中野の個性派カフェその①「cafe Relief」さん

もうすぐGW!
特に予定はありません。
ごっちです。

ディープタウン・中野の個性派カフェ巡りシリーズをスタートします!
3回にわたって中野の個性的なカフェをご紹介。

記念すべき第1回目は「cafe Relief」さん。
R0012432.jpg
中野富士見町駅近くにあるマンションの1階にあります。
マンションの1階ってのがもうすでにディープな感じがします。

こちらが内観。
R0012435.jpg
まるで友だちの家に遊びにきたみたいなアットホームな雰囲気。
こういったタイプのカフェを前にすると、
「一見さんお断りでは?」
「お断りとは言わないまでも、行ったところで居場所がないのでは?」
と思いがちですが、こちらのカフェはそんなことはありません。

マスターがとにかく気さくで優しい方なので、
マスターと話し込んでもよし、
ひとりでだらだらとした時間をすごすのもよしな自由な感じです。

入り口すぐ右にはロッキングチェアが。
R0012392.jpg
なんという人の家に遊びにきた感。素晴らしいです。

ロッキングチェアの隣には高級スピーカー「Bowers & Wilkins (B&W) 704」。
R0012430.jpg
自分のCDをお店に持ってきてここで聴く方もいらっしゃるそうです。

店内ではアバクロなどオーナーお気に入りのブランドの服も販売しています。
もちろん新品。
R0012394.jpg
セレクトショップ兼、カフェ。斬新です。

オーナーお気に入りのジャムやアクセサリーも販売しています。
R0012417.jpg

コーヒー豆はタイ北部チェンライ県ドイチャン村のものを使用。
R0012421.jpg
電気を使って焙煎。
触らせていただいたのですがふっくらやわらかな感触でした。
芯までムラなく火が通っている感じ。

お客さんに新鮮で上質なコーヒーを届けたいという思いから、
焙煎後3日以内の豆しか出さないのが「cafe Relief」流。

ミルはザッセンハウスのものを使用。
「デザインがとにかく好き」とオーナー。
R0012389.jpg

濃い目のコーヒーが好きな方には細かく挽き、
薄目が好きな方には粗めに挽くなど、
オーナーがお客さんの好みにあ合わせて挽き分けてくれます。
R0012400.jpg

一杯一杯、ハンドドリップで淹れてくれます。
R0012436.jpg

カップ&ソーサーはすべてウェッジウッド!
R0012441.jpg
コーヒーは500円。
ソフトな口当たり、スパイシーなコクが印象的な1杯です。
アフターテイストが独特。
最後に苦味がぶり返し、そのあとスーッと消えていきます。
まるで上質なスコッチのようでした。

こちらはオススメのお菓子、マラサダ(1個150円)。
ドーナツに砂糖をまぶしたポルトガル生まれのハワイスイーツ。
発酵時間を変えたり、揚げ時間を変えたり、
現地・ハワイの味を再現するのに約3か月かかった渾身のお菓子。
R0012408.jpg
これとってもおいしかったです。
一見、ふつうの揚げパンのように見えますが実に不思議な食感でした。
外はカリッ、中はふんわり、そのさらに奥はしっとりやわらか。
「カリッ」と「ふんわり」のコントラスト、
「ふんわり」と「しっとりやわらか」の間の食感のグラデーションがとてもおもしろいです。
あと、とにかく軽い!

人気商品なので前日までに予約が必要で、6個から予約可能。
たまに作りすぎたものを当日販売したりもしています。
今日はラッキーでした。

パンケーキ(800円、コーヒーセットは1200円)も注文。
R0012411.jpg
え、どこ? どこにパンケーキが?

でーん。ここにいます。
R0012415.jpg
これはハワイのカイルア式のパンケーキで、
パンケーキが見えなくなるほどココナッツミルクソースがかかっているのが特徴。
ふんわりとしたパンケーキと濃厚なソースが絶妙にマッチしています。

コーヒーゼリー(550円)も展開。
R0012423.jpg
シャンパングラスに入っているのがなんともシャレてます。

こちらにもココナッツクリームがたっぷり。
R0012427.jpg
オーナーの金子さん。
笑顔がなんともすてきです。

友だちの家に遊びにきたようなリラックス空間、
こだわりのスイーツ&コーヒー、
気さくで優しいマスター。

ついつい長居してしまいました。

毎月13日はワインの日として上質なワインを仕入れて販売するそうなので、
今度は夜にお邪魔してお酒をいただこうかな。

●店名
café Relief(カフェリリーフ)

●住所
東京都杉並区和田1-30-7 セザール中野富士見町105

●営業時間
10:30~22:30(LO)

●休み


●アクセス
丸ノ内線中野富士見町駅より徒歩6分

【東京/渋谷】フラットホワイトがおいしい! 渋谷ヒカリエの「ル ショコラ ドゥ アッシュ/ポール バセット」さんにお邪魔しました。

渋谷ヒカリエ ShinQs B2Fにある、辻口博啓氏とポール・バセット氏が手がけたコンセプトカフェ
「LE CHOCOLAT DE H / Paul Bassett(ル ショコラ ドゥ アッシュ/ポール バセット)」さんにお邪魔しました。

まずはお2人の紹介から。

ポール・バセット氏・・・1978年オーストラリア生まれ。2003年度「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」において、 世界最年少、オーストラリア人としては初の世界チャンピオンとなる。日本で世界初のエスプレッソカフェ「Paul Bassett」を開き、「世界一のコーヒー」を提供しながら、後進の指導にもあたっている。

辻口博啓氏・・・1967年石川県生まれ。18才の頃より都内のフランス菓子店及びフランスで修行を重ねる。5度の世界大会に日本代表として出場し、優勝経験を持つ。 モンサンクレールのオーナーシェフとして他、コンセプトの異なる10ブランドを次々と展開。各店舗の運営の傍ら、企業とのコラボレーションやプロデュース、講演やテレビ出演、著書出版など幅広く活躍。

そして、どのあたりがコンセプトカフェなのかですが、明確な定義はわかりませんでした。
ただ、以下の2点がこの店ならではの特徴だと思われます。

①ポール・バセット氏が手がけるエスプレッソカフェ「Paul Bassettさん」と辻口博啓氏が手がけるショコラトリー「LE CHOCOLAT DE H」さんが隣接した状態で営業している

②「Paul Bassett」さんのカフェスペースで飲食を楽しむときに、「LE CHOCOLAT DE H」さんのショコラも注文することができる

こちらが外観。
R0012127.jpg
R0012125.jpg

コーヒー豆やケーキを販売している「Paul Bassett」のカウンター。
※カフェを利用の方はここで注文する必要はありません。席から注文できます
R0012128.jpg

一番奥の席にピットイン。
mozaiku.jpg

スタッフさんにオススメのコーヒーを聞いたところ、
「フラットホワイト」(単品650円)とのことだったので注文させていただきました。
R0012109.jpg
フラットホワイトはニュージーランドで生まれたコーヒー。
エスプレッソ3分の2に対して、スチームミルクが3分の1、
その上にフォームミルクを少しだけのっけたもの。

ちなみにカフェラテは2:8でエスプレッソ:スチームミルク、
これにフォームミルクを少しだけのっけたもの。

カプチーノは3:4:4でエスプレッソ:スチームミルク:フォームミルクです。

このようにフラットホワイトは他のエスプレッソ系メニューに比べて、
ミルクの割合が少なめなので(特にフォームミルク)、甘さもやや控えめ。
エスプレッソそのものが持つコク、甘み、酸味がよりダイレクトに楽しめます。

カプチーノやカフェラテは甘すぎだと感じる方、
でもエスプレッソだけだと少々苦すぎる、酸っぱすぎると感じる方にぴったりだと思います。

ちなみにエスプレッソはブラジル、エチオピアの豆から抽出しているそうですが、
季節によって変わるそうです。

フードはお腹が空いていたのでショコラではなくパンケーキを頼みました!
「リコッタチーズのパンケーキ 特性メープル添え」(単品800円)です。
ドリンクセットととして注文したので、さきほどのフラット ホワイトと合わせて1200円なり。
R0012112.jpg
パンケーキの食感はフワフワというよりは、わりとしっかりとした食感。
やわらかいパンケーキをお求めの方には合わないかもです。

キャラメリゼされたバナナがとてもおいしかったですね。
キャラメリゼされたバターも最高。
R0012115.jpg
これほんとにおいしかった!

メープルシロップはバニラ風味。染み込む染み込む。
R0012119.jpg

ホットケーキの中にはリコッタチーズがたっぷり。
R0012122.jpg

このブログはカフェやコーヒーに関することを書くブログなので、
ほとんど「Paul Bassett」さんのレポートになってしまってすみません・・・。

しかしさすが「Paul Bassett」さんという感じですねー。
フラットホワイトがとてもおいしかったです。

スタッフさんやバリスタさんの立ち振る舞いもとてもスマート。
フラットホワイトについてやパンケーキについていろいろ伺ったのですが、
忙しい中すてきな笑顔でとても丁寧に対応していただきました。

質の高いサービスは人を幸せな気持ちにしてくれますね。
スタッフさんによるとチーズケーキもオススメとのことだったので、
次ぎお邪魔するときはショコラとチーズケーキを頼んでみようと思います。

●店名
LE CHOCOLAT DE H / Paul Bassett 渋谷ヒカリエ ShinQs店

●住所
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F

●営業時間
10:00 - 21:00 (LO 20:30)

●休み
不定休(ヒカリエに準ずる)

●アクセス
東京メトロ副都心線、半蔵門線、東急田園都市線とB3で直結、
JR線、東急東横線、東京メトロ銀座線と2Fペデストリアンデッキ直結

【東京/渋谷】厚みと柔らかさがすごい! スフレパンケーキがおいしい「星乃珈琲店 109MEN's店」さんにお邪魔しました

東京は渋谷にある「星乃珈琲店 109MEN's店」さんにお邪魔しました。
R0011880.jpg

カウンター席からは渋谷駅前のスクランブル交差点が望めます。
R0011901.jpg

お目当てはもちろん名物のパンケーキ。
まずはドリンクセットで頼んだコーヒー「星乃ブレンド」が到着。
※フード、パンケーキを注文すると400円でドリンクをつけることができます
R0011884.jpg
直火式で焙煎しており、濃厚なチョコレートのような香りがします。
酸味、甘み、苦味ともに主張しすぎずバランスのいい味わい。
ややコク、苦味が強いでしょうか。
後味にほんのりとした甘みが。

注文を受けてから焼くそうで、お願いしてから約20分後にとうとうやってきました!
「スフレパンケーキ ダブル」(680円)!
※スフレパンケーキ(シングル)は530円
R0011891.jpg
さすが焼きたて!
パンケーキのあまーい香りがフワッと鼻を刺激します。

シロップは「メープルシロップ」「ハチミツ」「黒蜜シロップ」から選択可能。
私はメープルシロップをチョイス。
R0011894.jpg
ホイップ状バターの上からとろ~りとかけます。

ナイフで切るとその感触にびっくり。
とてもやわらかな感触でナイフがゆるやかに沈んでいきます。
ふんわりフサーっといった感じ。
R0011896.jpg
断面にシロップがジワジワと染み込んでる染み込んでる。ふふふ。

R0011897.jpg
もうジュワーってジュワーって染みちゃってます。

いざ食べてみるとナイフで切ったときと同じようにもうめちゃくちゃ柔らかな食感!
まさに“スフレ”!

表面は焼きたてでパリっとしながら、
中はこのふわふわ柔らか食感・・・。
絶妙のコントラスト。

塩気のあるホイップバターが、
濃厚なメープルシロップの甘さを引き立てていて、
さらなるコクを与えている点も見逃しません。

うむ。大満足でした。

あと、味もさることながら、
スタッフさんたちの丁寧で親切な対応もステキでした。
撮影させていただけないかと伺ったら、
すてきな笑顔で「どうぞどうぞ、ありがとうございます。キレイに撮ってくださいね(笑い)」と言ってくださって、なんだかとてもうれしかったです。

次はフレンチトーストに挑戦したいですね。

●店名
星乃珈琲店 109MEN's店

●住所
東京都渋谷区神南1-23-10 109MEN's 2F

●営業時間
10:00~23:00(LO 22:30)
モーニング10:00~12:00
ランチ10:00~15:00

●休み
なし

●アクセス
JR渋谷駅駅ハチ公口より徒歩3分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。