カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/代官山】話題の抽出機“Steampunk”を導入! 「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を開始。

以前、このブログでも紹介した、代官山に拠点を構える焙煎コーヒー豆のセレクトショップ「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を始めました!

※以前の記事はこちら
http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

ということで、その焙煎所兼ショップとなる「THE COFFEESHOP ROAST WORKS」に行ってきました。
最寄り駅は駒場東大前。
R0014318.jpg

内観。メタリックな要素とウッディな要素がみごとに融合しています。
R0014316.jpg

代官山の店舗と同じく、カウンターにはコーヒーのお好み診断ができるiPad、注文金額などが表示されるiPod touchを設置。
R0014252.jpg

目を下ろすと、その日に飲める豆がディスプレイされています。
R0014255.jpg

焙煎機はPROBATONE(プロバット)12kgを使用。
R0014257.jpg
ペインター・MHAK氏によるオリジナルペイントが施されています。

抽出機はSteampunk(スチームパンク)。
日本で稼働しているSteampunkはROAST WORKSのみ。
R0014260.jpg
抽出原理はサイフォンとほぼ同じですが、サイフォンより抽出時のコーヒーの撹拌が安定していて、抽出温度の設定幅も広いそうです。

スタッフさんいわく機械のサイフォン。

その機械のサイフォンでコーヒーを抽出すると、どのような質感になるのでしょうか?

たとえるなら「ペーパーフィルターでドリップしたコーヒーのようなスッキリ感があるのに、金属フィルターで抽出したようなフレーバーや質感がある」とムラサワさん。

注文したのは日替わりの「Today's coffee」(¥280)。この日はエチオピアのイルガチェフェにある生産処理場、コカーナ・ステーションから届いたもの。
R0014263.jpg
ピーチやベリーのような酸味、ハチミツのような甘味が楽しめます。

コーヒーのお共にシナモン香る「BANANA BREAD」(1カット、180円)を注文。
R0014279.jpg
生バナナ、レーズン、ナッツが入っています。

こちらはフレンチプレスで抽出した2種のスペシャルティコーヒーを使用したゼリー「CAFEPRESSO JELLY」(680円)。
R0014288.jpg
シロップは深いコクのカラメルシロップか、ほんのりラムが香るミルクシロップを選べます。
写真はカラメルシロップ。

ゼリーは苦味とコクを感じさせつつも、シトラスのような酸味もありスッキリとした味わい。
対照的に濃厚な甘味を持つカラメルシロップとよく合います。

こちらは鎌倉の人気アイスャンディ屋さん「イグル氷菓」とのコラボで生まれたスペシャルティコーヒージェラート。
R0014294.jpg

エチオピアのイルガチェフェの豆を使用した「Bitter」、グアテマラのラ・ブレアの豆を使用した「Mellow」の2種類があり(各596円)、今回は「Mellow」を注文。
R0014310.jpg
口当たりはきめ細かくシルキー。
ミルクの舌を包み込むようなおだやかな甘味、甘味が薄れたころに顔を出すコーヒーの苦味、そのコントラストがたまりません。

こちらは「DRIP BAG」(162円)。
マグカップにセットし、お湯を注ぐだけでコーヒーを楽しめます。
R0014314.jpg

また、店舗ではパブリックカッピングも定期的に行っています。
開催日時は、「毎週土曜日 13時〜」。

焙煎もはじめ、抽出機も増え、どんどん進化していく「THE COFFEESHOP」。
これからも目が離せません。

●店名
THE COFFEESHOP ROAST WORKS

●住所
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12

●営業時間
9:00-19:00

●休み
なし

●アクセス
駒場東大前駅より徒歩13分

● ブログ
http://blog.thecoffeeshop.jp/

スポンサーサイト

【東京/代官山】ブック×コーヒー! 「代官山 蔦谷書店」内にあるカフェ「Anjin」&「スターバックス」。

「代官山 蔦屋書店」に行ってきました。
R0014175.jpg

目当てはブック&アートカフェ「Anjin(アンジン)」。
2号館の2階にあります。こちらは入り口。
R0014215.jpg
まだ購入していない蔦谷書店の書籍をここに持ちこんで読むこともできます。
立ち読みさえ禁止されている書店もあるなか、大胆なサービスですね。

座席はソファー席、テーブル席、カウンター席とさまざま。全120席。
R0014184.jpg

バーカウンターもあります。
R0014188.jpg

各カウンターの下には書籍がぎっしり。
R0014245.jpg

席に案内され、メニューを確認。メニュー表は紙ではなくiPad。
R0014240.jpg
注文をすませ、店内を見てまわります。

貴重な美術書がずらり。
R0014206.jpg
Anjinには約30,000冊の蔵書があります(販売はしていません)。

建築、車、鉄道、映画、音楽、文芸など、いろいろなジャンルの書籍がそろっています。
R0014185.jpg
もちろん、手にとって読むことも可能。

各テーブルにあるiPadで目当ての書籍を検索し、
出版社、出版年、著作者、その書籍がある棚を調べることもできます。

また、世界中の美術作品も展示。店舗にあるiPadで作品の解説を読むことができます。
R0014243.jpg

写真奥の金の屏風は、2004年に「第13回青木繁記念大賞展」大賞などを受賞したアーティスト・鴻崎正武氏による作品。
R0014178.jpg

席に戻ると先ほど注文した、
丸山珈琲焙煎「Anjinオリジナルブレンド(800円)」が届きました。
R0014223.jpg
濃厚なキャラメルのような味わい。

お茶菓子付き。
R0014237.jpg

こちらは「プティフール 盛り合わせ」(800円)。季節によって内容が変わります。
R0014192.jpg
この日は、
ココナッツチュイル、ガレットブルトン、
バナナチョコレートケーキ、マシュマロ、
コーヒー味のマカロン、チョコレートケーキの6種。

こちらは「デュヌ・ラルテ 表参道本店」から取り寄せている「パンの盛り合わせ」(400円)。
R0014199.jpg
バターのリッチな香り、小麦の奥深い甘みを堪能できます。
ミルクをたっぷり入れたコーヒーのお代わり(300円)とともにいただきました。


世界中の書籍を読み、
世界中の美術作品を鑑賞し、
上質なコーヒーを味わう場所・Anjin。
とても豊かな時間をすごせました。



また、蔦屋書店には「スターバックス」も入っています。
ついでにちょっと寄ってみました。
R0014219.jpg
スターバックスにはAnjinのように蔵書や美術作品は展示されていませんが、
こちらにも蔦谷書店の書籍を持ち込むことができます。

また、スターバックスでテイクアウトしたドリンクを蔦谷書店内で飲むことも可能。

写真左は書籍エリアに設けられたフリースペースです。
R0014217.jpg
みなさんスターバックスで買ったドリンクを片手に、気になった書籍をチェックされていました。


Anjinもスターバックスも独立した飲食スペースではなく、あくまで書店の一部。
本を愛する書店とお客さんをつなぐ存在なのだなと感じました。

コーヒーを片手に夢中になってページをめくる人たちの心地よさそうな顔を思い出すと、
なんだか幸せな気分になります。

●店名
代官山 蔦谷書店
Anjin
スターバックス 代官山 蔦谷書店

●住所
東京都渋谷区猿楽町17-5

Anjin:蔦谷書店 2号館 2階
スターバックス:蔦谷書店 3号館 1階

● 営業時間
代官山 蔦谷書店 & スターバックス:7:00~翌2:00
Anjin:9:00~翌2:00

●休み
代官山 蔦谷書店 & Anjin:なし
スターバックス:不定

●アクセス
代官山駅より徒歩5分

【東京/浅草】タリーズコーヒー × 隅田川! 浅草のにぎわいを創出するコラボが実現。

観光名所の隅田公園(東京都台東区)内に、昨年10月オープンした「タリーズコーヒー 隅田公園店」に行ってきました。

最寄り駅は浅草駅。
R0014122.jpg

吾妻橋を渡らず、
R0014123.jpg

隅田川を掘切方面へてくてくと。
R0014170.jpg

ありました。タリーズコーヒー。
R0014165.jpg
観光客でにぎわっています。

同公園は桜の名所として知られており、
店舗は桜並木と調和する木造建築。

店舗面積は約50平方メートルで、客席は12席。
R0014158.jpg
天井や壁面に採光窓が設けられています。

テラス席もあり。
R0014159.jpg

公園側の窓からは桜の木が見えます。
R0014152.jpg

隅田川側の窓からはスカイツリーが。
R0014131.jpg

店内に設置した電子看板(写真右上)では、
浅草の観光スポットや行事予定などを配信。
R0014134.jpg
一部の座席にはタブレット端末があり、無料で使用できるようになっています。

手持ちのノートPC/タブレット端末/スマートフォンなどに入っている画像を、
無料で印刷可(1人1枚まで)。
R0014157.jpg

水上バスの乗船チケットを提示するとドリンクをサイズアップできるサービスも実施中。
R0014151.jpg

メニューは通常品のほか、
「リバーサイドブレンド」(300 円~)など限定品も販売。

注文しようと思ったのですが、あいにくこの日は売り切れ。
なので「ワンショットBizドリップ」(Tallサイズ、390円)を注文。
R0014141.jpg
通常のコーヒーにエスプレッソを1ショット加えることにより、
コクと苦味が際立っているドリップコーヒーです。

コーヒーのお供には甘いものということで、
和の要素を取り入れた店舗限定品「T’s 抹茶クリームあんみつ~おこし添え~」(600円)も注文。
R0014137.jpg
生クリーム、抹茶アイス、小豆、寒天、餅に加え、
浅草名物・雷おこしもはいっています。
ザクザクとした食感がよいアクセントに。

桜や花火などの店舗周辺の四季の風景を描いた、
「隅田公園店 限定タンブラー」(1500円)も販売しています。
R0014155.jpg

こちらも「隅田公園店」限定?
くまのスタッフもいます。
R0014156.jpg
名前は助六くん。
歌舞伎の演目から取ったのでしょうか? 
毎年1月に浅草では「新春浅草歌舞伎」公演が行われていますしね。


タリーズコーヒーの河川敷地への出店はこの店舗が初めて。
※公園付近での出店はこれまでにもありました

きっかけは国の河川敷地占用基準の緩和。

これまで河川敷地の利用は公共施設に限られていましたが、
民間経営のカフェが設置可能になりました。

これに基づき、
東京都が墨田区等と連携して設立した「隅田川ルネサンス推進協議会」が、
カフェ事業者を募集。

6社の中から、タリーズコーヒーともう一社が選ばれました。

軽量な木造建築にして堤防への負担を抑えたほか、
トイレの無料開放など、
災害時の対応計画が高く評価されたようです。

タリーズコーヒーが掲げる
“地域社会に根ざしたコミュニティーカフェとなる”という理念に基づいた店舗計画。

そして、「隅田川ルネサンス推進協議会」が推進する
“隅田川の賑わいを現代に生まれ変わらせ、新たな水と緑の都市文化を未来につなぐ”という取り組み。

これらがみごとに合致したということでしょう。

都内では同業の出店拡大で繁華街の好立地が減少していて、
タリーズコーヒーは今後も公園などの「特殊立地」に力を入れる方針。

同業他社ではスターバックスが2013年7月に「二子玉川公園店」をオープン。

地域のコミュニティーの場となり、賑わいを創出してくれるカフェの誘致に、
公園を運営する各自治体も力を入れており、
大手カフェチェーンの公園内店舗は今後も増えていきそうです。

●店名
タリーズコーヒー 隅田公園店

●住所
東京都台東区花川戸1-1 隅田公園内

●営業時間
9:00~21:00
●休み
不定

●アクセス
浅草駅より徒歩2分

【神奈川/センター南】ほどよい弾力のフレンチトーストが絶品! 「LONCAFE 港北東急店」さん。

会社帰りにフレンチトースト専門店「LONCAFE 港北東急店」さんに行ってきました。
港北東急ショッピングセンターの6階にあります。
R0014120.jpg

こちらが内観。ソファー席が中心。
R0014108.jpg

流木から作られたオブジェが飾られています。
R0014115.jpg

まずは「カプチーノ」(400円)を注文。
店内にはたくさんの書籍があり、
さくらももこさんのエッセイを読みながら待っているとほどなくできあがりました。
R0014102.jpg
か、かわいい。ねこちゃんです。
めちゃくちゃレベル高いですな。
味も抜群。

まず、キレのある酸味が口の中に広がり、
その後、ゆっくりとミルクの甘みが押し寄せてきます。

そして、その甘みがゆっくりと消えてゆき、
エスプレッソのコク、苦味がじんわりとのこります。

うーん幸せ。
はじめに感じたほどよい酸味が特徴的ですね。
すべての味の輪郭をパキッと引き立たせてくれます。
冷めても味がぼやけません。

フレンチトーストは「プレーン」(500円)を注文。
R0014105.jpg
バケットタイプで2枚。

表面はパリッとしていて、
中はミルクと卵液(らんえき)が染み込んでいてやわらか。

ただ、とろけるようにやわからかな食感ではなく、
バケット生地ならではのほどよい弾力ものこっています。
ナイスです。

上にのっているのはバニラアイス、チョコレートソース、シナモン。
R0014111.jpg
バニラアイスはシャーベットのような食感で、甘すぎずさっぱりとした味わい。
チョコレートソースが濃厚なので溶け合うとちょうどいいバランス。

きてよかった。
カプチーノにもフレンチトーストにも大満足。

スタッフさんたちの感じがとてもよかったのも印象的でした。
店内で私が好きなミュージシャン・キセルの音楽がずっと流れていたのも個人的にポイント高し。

会社から近いし、また行こうっと。

フレンチトーストといえば、
ベーカリーレストラン「Sarabethʼs(サラベス) ルミネ新宿店」さんでも、
スペシャルフレンチトーストを2/17(月)から販売中とのニュースが。

参照記事(朝日新聞 DIGITAL)
http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/ATP201401300043.html

これもぜひ食べに行きたい。

●店名
LONCAFE 港北東急店

●住所
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央5-1 港北東急ショッピングセンター 6F

●営業時間
10:00~20:30

●休み
港北東急ショッピングセンターに準ずる

●アクセス
センター南駅より徒歩2分

【東京/尾山台】最高峰のバリスタと世界中のコーヒー豆がそろう名店中の名店、「丸山珈琲」さん

いきなりクイズです。

ことし10月に開催された大会
「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ」、
「ジャパン サイフォニスト チャンピオンシップ」、
この両大会でチャンピオンに輝いたのはどちらのお店のバリスタさんでしょうか?

答えは「丸山珈琲」さん。

「丸山珈琲」さんは1991年に軽井沢で創業して以来、
たくさんのコーヒーファンに親しまれている名店です。

創業者の丸山健太郎さんは、
コーヒー生産国の品評会に招待される国際審査員であり、
豆の買い付けのために年間150日近くを海外で飛びまわっています。

そんな丸山さんみずからが厳選し、
直接買い付けた世界各地の高品質コーヒーは、
多くのコーヒーファンを虜にしています。

ちょっと前置きが長くなりましたね。

とにかく最高峰のバリスタとコーヒー豆がそろうお店なのです。

今回お邪魔したのはそんな「丸山珈琲」さんの東京で唯一の店舗、尾山台店。
R0013678.jpg

駅前の上品な商店街、尾山台ハッピーロード沿いにあります。
R0013674.jpg
14時ごろ入店しましたが、
店内は多くのコーヒー好きのお客さまでいっぱい。

そんなコーヒー好きたちと話をし、
注文を取り、コーヒーをふるまうバリスタさん。


バリスタは魅せるのも仕事といいますが、
ほんとにその通りでみなさん所作がエレガント。

すてきな笑顔で注文をかがみながら取る姿、
コーヒーを抽出する姿、
見ていてうっとりしてしまいます。


コーヒー通のお客さんの質問に丁寧に答える姿も印象的でした。


「このコーヒーと、これとはまったく逆のタイプのコーヒーをお願いします」
というお客さまがいらっしゃって、
具体的な味のイメージを伝えながら、
笑顔で丁寧にこたえるバリスタさんの接客力に脱帽しました。


私が注文したのはこちらの「尾山台ブレンド」(650円)。
抽出方法はフレンチプレス。
カップのコーヒーに加え、もう一杯分のコーヒーが抽出機の中にのこっています。
R0013657.jpg
深煎りのコーヒーで、チョコレートのような甘い香りが漂うコク深い味わい。

えぐい苦味はまったくなく、まるくやわらかな口あたりで、後味もすっきり。
超タイプの味。

フレンチプレスで抽出しているのにオイリーな感じはあまりなかったな。
不思議。


ほかにもオリジナルブレンドからシングルオリジンまで、
20種類以上のさまざまなコーヒーがそろっていました。


そして、そのひとつひとつのコーヒーには丁寧な説明書きが。

説明書きは抽象的な表現はあまりなく、
果物や調味料など具体的な味があげられていて、
どんな味かイメージしやすくなっています。

しっかり読んでから飲んで、
「あ、確かにオレンジの味がする!」「ストロベリーの味が! ナッツの味が!」などと、
説明に書かれている味を確かめるのも楽しいかもしれません。


コーヒーのおともにスイーツをと思い、
バリスタさんに「オススメのスイーツなにかありますか?」と伺うと、
こちらの「モンブラン」(580円)が一番人気とのこと。
R0013659.jpg
う~ん、なんておいしそう。

こちらがフォークで切った断面図。
R0013663.jpg
アーモンドクリームを詰めて焼き上げたタルト、
その上に重厚なマロンクリーム、
その上に軽くエアリーなマロンクリームという3段重ね。
R0013667.jpg
シンプルながらも力強い甘みを持つ1番下段のタルトと、
ねっとり濃厚な甘みを持つ2段目にあるマロンクリーム、
そんなガチガチのスイーツバトルを、
1番上段のマロンクリームがやわらかに仕上げています。

やっぱり濃厚なスイーツには深煎りのコーヒーが合います。
ということでもう一杯。


自分で注ぎます。
R0013669.jpg
ほんとおいしい。何杯でも飲めちゃいます。

コーヒーメーカーでスピーディに抽出する、
テイクアウトコーヒーもありました。
R0013672.jpg
お急ぎの方にはうれしいサービスですね。

店内価格より100円引きで、バリスタさんが抽出したコーヒーもテイクアウト可能です。


実力十分のバリスタと、
世界各国から仕入れた上質な豆がそろう、
コーヒー店の名店、丸山珈琲。

まだ行かれたことがない方は、ぜひ。

●店名
丸山珈琲 尾山台店

●住所
世田谷区等々力2-18-15

●営業時間
10:00~21:00

●休み
不定

●アクセス
尾山台駅より徒歩1分


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。