カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/代々木】コーヒー先進国・ノルウェーの名店「フグレン」2号店! ノルウェー家具やノルウェー雑貨も展示販売も!

ノルウェーといえば?
フィヨルド?
ムンクの叫び?


いろいろありますが、いまノルウェーといえばやはりコーヒーでしょう。


いがいと知られていませんがノルウェーはコーヒー先進国。


国民1人当たりのコーヒー消費量が世界3位で、
なんと15歳以上の成人は1日にコーヒーを4杯も飲むそうです。

また、日本でもコンビニでコーヒーを扱い始めましたが、
ノルウェーのコンビニでは単一農園のスペシャルティコーヒーまで展開しているそうです。


さらには、
ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ初代優勝者ロバート・トーレセン氏など、
世界的なバリスタも数多く輩出しています。


そんなノルウェーの首都であり、
世界中のコーヒーファンが集まる街・オスロにある、
人気コーヒー&カクテルバー「フグレン(ノルウェー語で鳥という意味)」が、
昨年2012年5月に第2号店をオープン。


しかもノルウェーではなく、日本の渋谷に降り立ったのです。


今さらながらこれは行かねばと思い、お店について調べてみました。
すると毎週水曜11時から11時45分までパブリックカッピングをしているじゃありませんか。
(していないときもあるようなのでパブリックカッピングに行く場合はお店に要確認)
ということで水曜にお邪魔しました。


外観写真。OMOTESANDO KOFFEEと同様に古民家を改装した様子。
(OMOTESANDO KOFFEEさんのレポートはこちら:
http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
IMG_0875.jpg
1階部分がカフェ。
赤地に白で鳥が描かれた「フグレン」のロゴが目を引きます。


壁にそってイスが取り付けられています。
右手にはテーブルも。


こういったちょっと路地に入ったところでコーヒーを飲んでいると
なんだかオシャレといいますか、優雅な感じがしますよね。


中に入るとパブリックカッピングはもう始まっていました。遅くなってしまった・・・。
R0013363.jpg
ケニアの豆を中心に5種類の豆が並びます。

パッケージがオシャレ。
R0013360.jpg

こちらはさらにオシャレ。北欧テイスト全開。ビビッドで幻想的なデザイン、色合い。
R0013362.jpg
どれもサードウェーブの流れを汲んだお味でした。
明るい酸味、キレのある甘み。
さまざまなフルーツのフレイバー。
おいしい。


お客さんがほとんど海外の方なので、
本場オスロでカッピングしているかのような気分に。


店内には50~60年代のヴィンテージデザインの家具や食器、服や雑貨が並びます。
なんとすべて売り物。
北欧家具といえばデンマーク、スウェーデンが有名ですが、
ノルウェーデザインもなかなかすてき。
デンマーク、スウェーデンより洗練さはやや抑えめながら、
深みと温かさが強く感じられます。


お値段はピンきりですが、ヴィンテージものなのでそれなりにいいお値段。
基本的に数万円します。


こちらはピンボール台でしょうか?
IMG_0879.jpg
目の覚めるようなブルーが心を貫きます。

かわいいシャツ。
IMG_0880.jpg

かわいいシャツ色違い。
IMG_0881.jpg

キュートで温かみあふれるノルウェー食器たち。
IMG_0891.jpg

ノルウェーの人気焙煎業者4社(ティム・ウェンデルボー/シュプリーム・ローストワークス/カッファ/ソルベルグ&ハンセン)から仕入れた豆を販売。
IMG_0885.jpg

IMG_0886.jpg

ソファー×テーブル席も。
IMG_0883.jpg

ノルウェーのコーヒー本も。
IMG_0888.jpg

カッピングと店内を徘徊した後はカフェラテS(500円)でひと息。
IMG_0877.jpg
浅煎りのエスプレッソらしいキレ味のあるカフェオレでした。


ちなみにフードメニューはなく、持ち込みは自由。
喫茶生活さんと同じシステムですね。
(喫茶生活さんのレポートはこちら:http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-11.html


思い思いのフードペアリングを楽しめます。
ちょっと遠いですが、
今度は天然酵母のパン屋さん「ルヴァン 富ヶ谷」さんによってから行こうかな。


ちなみにコーヒーは、エアロプレスやフレンチプレスなど抽出方法が選べます。
ノルウェーのコーヒーは浅煎りのものが多いので、
クリアな酸味が楽しめると言われるエアロプレスがオススメ。


ノルウェーの1号店同様に、夜(19時~)はコーヒーも飲めるカクテルバーに。


ノルウェーのコーヒーカルチャーや
ノルウェーの空間デザインの魅力を、
日本でここ以上に堪能できる場所はありません。
みなさまもぜひ「フグレン」でノルウェーへトリップ。

●店名
フグレントウキョウ (Fuglen Tokyo)

●住所
東京都渋谷区富ケ谷1-16-11 1F

●営業時間
カフェ:月~金7:30~19:00、土10:00~19:00、日10:00~18:00
バー:水木7:30~1:00、金土19:00~3:00
※パブリックカッピングは毎週水曜11:00~11:45(やらない時もあるようなので行かれる方はお店に確認したほうがいいと思います)

●休み
不定

●アクセス
小田急線代々木八幡駅より徒歩5分

スポンサーサイト

【東京/三軒茶屋】仕事終わりでも行けちゃう夜のパブリックカッピング! 「Cafe Obscura Laboratory」さんにお邪魔しました

このブログで何度かパブリックカッピングを紹介してきましたが、
どのパブリックカッピングも平日の昼に開催されているものでした。

平日仕事の社会人にとってはなかなか難易度高いですよね。

そんな方に朗報です。

夜のパブリックカッピングがここ三軒茶屋にて開催されているのです。

“夜のカッピング”。

なんかオトナな響き。

場所は茶沢通りにあるコーヒースタンド「Cafe Obscura Laboratory」さん。

先日紹介した「Cafe Obscura」さんの2号店としてオープンしたお店です。
※「Cafe Obscura」さんの記事はこちら→http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

時間は毎週火曜20:00からの約1時間。

きっと多くの方が仕事が終わってからでも間に合う時間です。

5分ほど前にお店に着くとすでに3人のお客さんがパブリックカッピングが始まるのを待っていました。
R0012204.jpg

ドアをあけると右手に試飲用のコーヒーが。
気前のいいサービスですね。
R0012202.jpg

時間が近づくと代表の柴 佳範さんが手際よく準備を始められました。
R0012193.jpg

あっという間にセッティング終了。
R0012195.jpg

セッティングが終わったら、
柴さんがカッピングの方法を実演しながら丁寧に説明してくれます。

※カッピングについては以前の記事「カッピングセミナーのススメ」(http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-4.html)を参照
R0012196.jpg

説明を受けたら柴さんやほかの参加者さんたちと、
「これはイチゴの味がしますね」「これはグリーンアップルのようですね」などと談笑しながらおいしいコーヒーを心ゆくまでカッピング。

カッピングできるコーヒーは毎週異なります。
基本的には店舗で販売しているこちらのコーヒー豆が並びますが、
R0012199.jpg
そのときどきで貴重なゲストの豆も登場します。

毎週異なるスペシャルティコーヒーをカッピングでき、
なかなかほかでは味わえないゲストの豆も登場。
柴さんをはじめバリスタさんたちからコーヒーに関する貴重な話も聞け、
コーヒー好きの方たちと交流も深められる。
そしてなにより仕事終わりにいけるという夜のパブリックカッピング。

コーヒー好きの方は利用しない手はないです。

朝も動ける方は午前中もやっているのでぜひそちらへ。
同じく火曜日、時間は朝10:00から約1時間です。

●店名
Cafe Obscura Laboratory(カフェ・オブスキュラ・ラボラトリー)

●住所
東京都世田谷区太子堂4-28-9

●営業時間
8:00~19:00

●休み
毎月第3水曜日

●アクセス
三軒茶屋駅北口より徒歩5分

◎パブリックカッピング
日程:毎週火曜日
時間:10:00AM~/20:00PM~ 各1時間ずつ (※途中参加もOKです)
参加費:無料

【東京/自由が丘・奥沢】ONIBUSさんのパブリックカッピングに行ってきました

世田谷は奥沢にあるONIBUSさんで行われているパブリックカッピングにも行ってきました。
DSCF2804.jpg
ONIBUSさんは自家焙煎のコーヒーショップさんです。
コーヒー豆を生豆の状態で仕入れ、店舗で焙煎されています。
いわゆる自家焙煎というものです。


コーヒーは生鮮食品。
焙煎後は徐々に風味が低下してしまうので、
香り高くおいしい“飲みごろ”のコーヒーを届けるのには自家焙煎が最適。
そういった思いからこのスタイルになったそうです。


扉を入ってすぐ左手に、
その自家焙煎を実現するためのディードリッヒの焙煎機がありました。
ディードリッヒの焙煎機はアメリカでシェアNo.1の人気焙煎機です。
周りには農場から直で届いた生豆の入った布袋たちが。


オーナーの坂尾さんに話しを伺ったら、
ディードリッヒの焙煎機は鉄に厚みがあり保温性に優れているので、
ムラなく芯までコーヒー豆に火が通るそうです。


パブリックカッピングまで時間もあったので、
坂尾さんの華麗なラテアートを楽しむためにカプチーノを注文。
DSCF2793.jpg
とてもキレイ。味も抜群でした。

机の上には生け花が飾られています。
こういうお気づかいはステキですね。
幸せな気分になります。


パブリックカッピングがはじまるまで店内を眺めていたのですが、
ペーパードリップ用のドリッパー、
フレンチプレス、
エアロプレス、
サイフォンとさまざまな抽出機が飾られていました。

コーヒーを頼むとき、どの方法で抽出するかを自由に選べるそうです。
気分によって抽出方法を変えられるのはうれしいですね。


そうこうしているうちにパブリックカッピングの時間がやってきました。

今日のコーヒーは・・・
「ブラジル ベラビスタ COE パルプドナチュラル」
「グァテマラ ラ・フォリー ウォッシュド」
「ニカラグア リモンシリョ ナチュラル」
の全3種類です。
DSCF2797.jpg
↑左手奥には気圧を自由に調整できるLA MARZOCCO(ラ・マルゾッコ)社の
エスプレッソマシンStrada(ストラーダ)の姿が


スプーンやカップなどの準備は坂尾さんがすべてしてくれます。
DSCF2795.jpg
準備が終わると坂尾さんが
「パブリックカッピングをはじめるのでよろしければみなさんどうですか」と、
お店にいる方たちに声をかけてくれます。


ぞろぞろ参加したい人が集まり、
パブリックカッピングがスタート。
DSCF2800.jpg
もちろんこのパブリックカッピングも無料かつ出入り自由。


まずは普通に味わい、
坂尾さんを交えてワイワイと感想を言い合い、
ある程度楽しんだら、
それぞれの豆の解説を坂尾さんにしていただきます。


もちろん営業中なので坂尾さんは他の方の接客に回ったりもします。
DSCF2798.jpg
その間も私たちはズズ、ズズっとカッピング。
そして気になることがあったらまた坂尾さんに質問の繰り返し。


コーヒーの話から脱線して内装の話になったのですが、
壁はすべて坂尾さん自身がペンキで塗ったそうです(坂尾さんは元・大工さん)。
ほどよい色のかすれ具合がラフでゆったりとした空間をみごとに演出しています。

ちなみにカップにあるONIBUSというロゴもご自身でスタンプしているそう。
こちらもまたかすれ具合がいい感じです。


ちなみにここでもカッピングしたコーヒー豆を買うことができます。

私は以下の2つを購入。

ニカラグア リモンシリョ ナチュラル(100g/650円、200g/1200円)
DSCF2807.jpg

DSCF2802.jpg

ブラジル ベラビスタ COE パルプドナチュラル(100g/700円、200g/1250円)
DSCF2806.jpg

DSCF2801.jpg
こちらはカップ・オブ・エクセレンス入賞の豆。グリーンアップルやアーモンドなど、
さまざまなフレーバーが絡み合ったとっても複雑で豊かな味がします。

※カップ・オブ・エクセレンス・・・国際審査員の厳格なカップテストにより評価された、
全生産量の数%にも満たないわずかなコーヒーだけが受賞できる称号

それぞれ下の写真がお店にあった解説つきPOPです。
英語で書かれているのがフレーバーの特徴。
これめちゃくちゃわかりやすい。

実際に飲むと確かにこれらのフレイバーがすることがわかります。
もしONIBUSさんで豆を買うなら、この英語をメモっておくことをオススメします。
いい味覚や嗅覚の訓練になると思います。



すてきなバリスタさんがいて、
上質の豆と焙煎機、
あらゆる抽出機をそろえ、
無料のパブリックカッピングまで行っているコーヒーショップ、ONIBUSさん。

またお邪魔させていただこうと思います。

●店名
ONIBUS

●住所
東京都世田谷区奥沢5-1-4

●営業時間
9:00~19:00

●休み
火曜日

※カッピングセミナーはお店のHP、またはfacebookで確認
HP:http://onibuscoffee.com/top.html
FB:http://www.facebook.com/onibuscoffee

【東京/三軒茶屋】NOZY COFFEEさんのパブリックカッピングに行ってきました

みなさんは“パブリックカッピング”ってご存知ですか。

風味や味わいなどコーヒーの品質をチェックする“カッピング”は、
コーヒーを買い付けする方やバリスタさんなど、
基本的にはコーヒーのプロたちが行うもの。

しかし、誰でも参加できるようにオープンにしたのが“パブリックカッピング”です。

欧米のカフェで盛んに行われているこの“パブリックカッピング”ですが、
都内でも楽しめるお店が三軒茶屋にあると聞きお邪魔してきました。

お店の名前は“NOZY COFFEE”さん。
DSCF2792.jpg
↑1階と地下1階が店舗スペース

最近ではめずらしい豆専門店です。

豆専門店といってもカウンター席を配したスペースがあり、
そのスペースを使って毎週月曜11時15分からパブリックカッピングを行っています。

料金はなんと無料。
持ち込まなければいけない道具も特に必要なし。

というわけで私も何の準備もせずにブラブラ入店。

スタッフさんにカッピングの方法を聞き、早速実践。

※カッピングについては以前の記事「カッピングセミナーのススメ」(http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-4.html)を参照

みなさん自由にズズ、ズズッとスプーンでコーヒーを吸い込んでいます。
DSCF2778.jpg

出入りも自由なので、
満足した方は出て行き、
入れ替わるように新しい方が入ってきます。
DSCF2784.jpg
ほんとに自由な雰囲気です。

カッピングスペースのとなりには物販スペースも。
DSCF2789.jpg
↑フレンチプレスの機能を持つカラフルなタンブラーなどが売られていました

この日、カッピングすることができたコーヒーは全部で6種類あったのですが、
DSCF2783.jpg

スタッフさんにうかがったところ、
すべて下にある販売スペースで買うことができるとのことでした。
DSCF2781.jpg


私はやや深煎りのこちらのコーヒーが気に入ったので早速購入。
DSCF2805.jpg
↑コスタリカ ベジャビスタ農園【豆100g】(700円)

無料でさまざまなコーヒーを味わうことができ、
その味わいを比べることで舌も鍛えられる。
なおかつ気に入ったコーヒーがあればその豆をすぐ買うこともできる。
しかも手ぶらで参加可能。

コーヒー好きにはたまらないイベントですね。
参加しない手はないです。

●店名
NOZY COFFEE

●住所
東京都世田谷区下馬2丁目29−7

●営業時間
11:00~19:00 ※無休

カッピングセミナーは毎週月曜11:15~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。