カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神奈川/横浜】小笠原コーヒーにも挑戦! 「CAFFE Appassionato」さんの新業態カフェ「POUR OVER(プア オーバー)」さんにお邪魔しました!

広尾、みなとみらい、新丸の内というカフェ激戦区に店舗を展開している「CAFFE Appassionato(カフェアパショナート)」さんが、新業態となるカフェ「POUR OVER(プア オーバー)」を、5月10日、丸井シティ横浜店2階にオープンしました。

コンセプトは「アロマの香り高いコーヒーを気軽に楽しめるカフェ」。

コーヒーマシンは利用せず、
グラインダー、ドリッパー、ポットを使用し、
注文を受けてからバリスタさんたちがコーヒー豆を挽き、ハンドドリップで淹れてくれる、
これまで以上にコーヒーに特化したお店です。

コーヒーの種類はブレンド5種類、
オーガニック4種類、
シングルオリジン3種類、
そして日本産コーヒーであり、超希少な小笠原コーヒー3種類を用意。
実に豊富です。

写真右のカウンターで注文を受け、
並べられたドリッパーを使ってコーヒーを淹れてくれます。

テイクアウトのお客さんはバリスタさんがコーヒーを淹れているのを目の前で見ることができるので楽しいですね。
R0012513.jpg

イートインのお客さんは席に座っていればドリンクを持ってきてくれます。
席について気がつきましたがここからもドリップするところを見ることができますね。
R0012491.jpg
注文をカウンターで取るところ以外はフルサービス!
飲み終わった(食べ終わった)容器&トレーもスタッフさんたちが片付けてくれます。
シアトル式と日本式の融合。
至れり尽くせり。

注文させていただいたのは「カフェ ラテ(Hot)Tallサイズ」(430円)。
R0012493.jpg
フタを取るとリーフのもようがあしらわれていました!

カップには「Inspired by caffeappassionatto」の文字が。
R0012494.jpg
Shortサイズ(380円)は陶器のカップで出てきます。

せっかくなので少々値がはりますが、
明治時代に日本で初めて栽培されたコーヒー、
小笠原コーヒーも注文させていただきました。
R0012506.jpg
年間200kgしかとれない貴重品種です。
ストレートで900円、ブレンドで800円。
思い切ってストレートを注文。

なんと説明書付きです。
R0012508.jpg
いやーとてもおいしかったですね。
酸味は少し明るい程度。
ビターなチョコレートのようにコクと苦味が強めなのですが、
口当たりがまろやかでとろんとしていて味に丸みがあり、
エグさはまったく感じません。
きっとオーガニック(無農薬)であることも影響しているのでしょう。

濃厚でコク深い味わいでありながらスッキリとしたアフターテイスト。
まるで高級な日本茶のようです。

味に丸みがあり、
コクも深いので、
ミルクや砂糖との相性も抜群。
R0012510.jpg
ほどよく甘くまろやかで、品がある味わいに。

また、
ハンドドリップで淹れているだけあって、
カフェラテ、小笠原コーヒーともに香り豊かでよかったです。
コンセプトに偽りなし!

次は評判のパンケーキに挑戦したいと思っています。

●店名
POUR OVER(プア オーバー)

●住所
神奈川県横浜市西区高島2-19-12 丸井シティー横浜2階

●営業時間
10:30~20:30

●休み
不定

●アクセス
横浜駅より徒歩4分

スポンサーサイト

【神奈川/横浜】パンケーキファン必食! 究極のホットケーキが横浜に登場! 「ベイカフェ ヨコハマ 横浜髙島屋」さんにお邪魔しました

銀座に本社を置く老舗洋菓子メーカー「洋菓子舗ウエスト」さんが手がけるカフェ「ウエスト」が、目黒店の閉店にともない、4/17横浜にオープン。

もちろん目当てはホットケーキ!
「青山ガーデン店」限定の大人気メニューがここ横浜でも楽しめることになったのです!
R0012478.jpg

白を基調とした高級感あふれる外観。
R0012481.jpg

美しい絨毯、座り心地のよいイス、要所要所に草花を配した店内では、
ラグジュアリーな雰囲気が楽しめます。
R0012476.jpg

注文させていただいたのは「ホットケーキ2枚(945円)」(お飲み物付+315円)。
※ホットケーキ1枚は525円、お飲み物付+525円
※ブレンド、ウィンナー、紅茶から選べます。私はブレンドを注文させていただきました

男ひとりで待っていたせいか、気を使っていただき、
先に焼きあがった1枚を届けていただきました。
R0012470.jpg

きれいに狐色に焼き上げられています。
R0012466.jpg

撮影させていただいているうちに2枚目が到着。
R0012467.jpg

ナイフを入れてびっくり。
表面はサクッと刃が通る感触があるのですが、
中は空気をきっているような感じです。

めちゃくちゃ柔らかいというわけではありませんが、
表面と中の硬度の差がすごすぎてそう感じるのかもしれません。

このコンガリ感。パリッと感。
ちょっと突いただけでバターが滑り落ちていきそうです。
R0012463.jpg

しかも断面を見てわかる通り、コンガリしてるのは表面の一ミリくらいだけ。
最小限の厚さで最大限のコントラストを生み出しています。
中はエアリー。備え付けのメープルをかけると染みこむ染みこむ。
R0012474.jpg

ここまで表面と中のコントラストが極端なホットケーキはほんとはじめてです。

中はやわらかな食感ですが“とろけるような”とか“半熟っぽい”とか、
そういったタイプではありません。
“昔ながらホットケーキ”のようにちゃんとコシもあります。

甘さはやや控えめですが、香り高く噛むほどに豊かな甘みが口の中に広がります。

ハワイアンスタイルのへナッとしたやわらかパンケーキではなく、
外はコンガリ、中はやわらか、でもコシとパンチもあるという
日本ならではのホットケーキスタイルを、極限まで突き詰めた感じです。

パンケーキ界のサムライ、横浜にあらわるです。

ちなみブレンドコーヒーは、ブルーマウンテンが主体。
ガスで浅めに焙煎し店内にて荒挽き。
水はサントリー南アルプスの天然水を使用しているそうです。
酸味が明るくすっきりとした味わいでした。

そしておかわり無料!
ミルクと砂糖をたっぷり入れればパンケーキと相性抜群です。
かなり量があったので(女性は1枚で十分かも)2杯もおかわりしちゃいました。

また、スタッフさんの対応も本当にすばらしかったです。
丁寧な言葉遣い、やわらかな笑顔、機転の早さ、おもてなしの心、どれも一級品。
さすが老舗菓子屋さん、さすが横浜髙島屋さん。
とっても居心地がよかったです。

●店名
ベイカフェ ヨコハマ 横浜髙島屋

●住所
神奈川県横浜市西区南幸1-6-31 横浜髙島屋3F

●営業時間
10:00~20:00

●休み
横浜髙島屋に準ずる

●座席数
52席(全席禁煙)

●アクセス
JR横浜駅西口より徒歩1分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。