カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/代官山】話題の抽出機“Steampunk”を導入! 「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を開始。

以前、このブログでも紹介した、代官山に拠点を構える焙煎コーヒー豆のセレクトショップ「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を始めました!

※以前の記事はこちら
http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

ということで、その焙煎所兼ショップとなる「THE COFFEESHOP ROAST WORKS」に行ってきました。
最寄り駅は駒場東大前。
R0014318.jpg

内観。メタリックな要素とウッディな要素がみごとに融合しています。
R0014316.jpg

代官山の店舗と同じく、カウンターにはコーヒーのお好み診断ができるiPad、注文金額などが表示されるiPod touchを設置。
R0014252.jpg

目を下ろすと、その日に飲める豆がディスプレイされています。
R0014255.jpg

焙煎機はPROBATONE(プロバット)12kgを使用。
R0014257.jpg
ペインター・MHAK氏によるオリジナルペイントが施されています。

抽出機はSteampunk(スチームパンク)。
日本で稼働しているSteampunkはROAST WORKSのみ。
R0014260.jpg
抽出原理はサイフォンとほぼ同じですが、サイフォンより抽出時のコーヒーの撹拌が安定していて、抽出温度の設定幅も広いそうです。

スタッフさんいわく機械のサイフォン。

その機械のサイフォンでコーヒーを抽出すると、どのような質感になるのでしょうか?

たとえるなら「ペーパーフィルターでドリップしたコーヒーのようなスッキリ感があるのに、金属フィルターで抽出したようなフレーバーや質感がある」とムラサワさん。

注文したのは日替わりの「Today's coffee」(¥280)。この日はエチオピアのイルガチェフェにある生産処理場、コカーナ・ステーションから届いたもの。
R0014263.jpg
ピーチやベリーのような酸味、ハチミツのような甘味が楽しめます。

コーヒーのお共にシナモン香る「BANANA BREAD」(1カット、180円)を注文。
R0014279.jpg
生バナナ、レーズン、ナッツが入っています。

こちらはフレンチプレスで抽出した2種のスペシャルティコーヒーを使用したゼリー「CAFEPRESSO JELLY」(680円)。
R0014288.jpg
シロップは深いコクのカラメルシロップか、ほんのりラムが香るミルクシロップを選べます。
写真はカラメルシロップ。

ゼリーは苦味とコクを感じさせつつも、シトラスのような酸味もありスッキリとした味わい。
対照的に濃厚な甘味を持つカラメルシロップとよく合います。

こちらは鎌倉の人気アイスャンディ屋さん「イグル氷菓」とのコラボで生まれたスペシャルティコーヒージェラート。
R0014294.jpg

エチオピアのイルガチェフェの豆を使用した「Bitter」、グアテマラのラ・ブレアの豆を使用した「Mellow」の2種類があり(各596円)、今回は「Mellow」を注文。
R0014310.jpg
口当たりはきめ細かくシルキー。
ミルクの舌を包み込むようなおだやかな甘味、甘味が薄れたころに顔を出すコーヒーの苦味、そのコントラストがたまりません。

こちらは「DRIP BAG」(162円)。
マグカップにセットし、お湯を注ぐだけでコーヒーを楽しめます。
R0014314.jpg

また、店舗ではパブリックカッピングも定期的に行っています。
開催日時は、「毎週土曜日 13時〜」。

焙煎もはじめ、抽出機も増え、どんどん進化していく「THE COFFEESHOP」。
これからも目が離せません。

●店名
THE COFFEESHOP ROAST WORKS

●住所
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12

●営業時間
9:00-19:00

●休み
なし

●アクセス
駒場東大前駅より徒歩13分

● ブログ
http://blog.thecoffeeshop.jp/

スポンサーサイト

【東京/渋谷】渋谷でシアトルへトリップ! フリーポア ラテアートワールドチャンピオン・澤田洋史さんがオーナーを務めるカフェ「STREAMER COFFEE COMPANY」さんにお邪魔しました!

フリーポア ラテアートワールドチャンピオン・澤田洋史さんが手がけるカフェ、「STREAMER COFFEE COMPANY(ストリーマー コーヒーカンパニー)」さんの渋谷店に行ってきました!
R0012523.jpg

お店に入るとまるで海外旅行に来たかのような気持ちに!
なぜならお客さんもほとんどが海外の方なんです!

彼らはきっと「STREAMER COFFEE COMPANY」さんが持つ、
アメリカ西海岸の雰囲気を感じ取っているのでしょう(うっとり)。
R0012522.jpg
また、
キャットストリート、いわゆる裏原宿カルチャーの中心地に店を構えているだけあり、
壁にはラテのイラストが描かれたイカしたTシャツが飾られ、
カウンターにはミリタリー柄のパッケージのコーヒー豆が並べられるなど、
店内は裏原系ストリートファッションのテイストを随所に盛り込んだデザインとなっていました。

澤田さん自身もストリートカルチャーが大好きで、
ボーダー(スケートボードに乗る人)という顔ももっています。

BGMはアシッドジャズやヒップホップ。

ドリンクはラテ(ストリーマー・ラテ 520円、夜は550円)を注文。
白のホットパンツにミリタリー柄のTシャツを合わせたイカした女性バリスタさんが、鮮やかにリーフを描いてくれました。
クリーミーでやさしい口当たりでありながら、しっかりとエスプレッソのコクも味わえます。

ラテと一緒に、
半年ぶりに復活したというミリタリー柄のドーナツ「MILITARY DOUGNUTS」(380円)も注文。

超濃厚なチョコレートがコーディングされたドーナッツで、
ラテとの相性も抜群!

渋谷~原宿にお買い物に行った際は、
ぜひ「STREAMER COFFEE COMPANY」でラテを飲みながら、
アメリカ西海岸へトリップしてみては?

●店名
STREAMER COFFEE COMPANY SHIBUYA

●住所
東京都渋谷区渋谷1-20-28

●営業時間
月~金8:00~19:00
土・日・祝12:00~18:00

●休み
不定

●アクセス
渋谷駅より徒歩7分、
明治神宮前駅より徒歩8分、
表参道駅より徒歩8分

【東京/渋谷】フラットホワイトがおいしい! 渋谷ヒカリエの「ル ショコラ ドゥ アッシュ/ポール バセット」さんにお邪魔しました。

渋谷ヒカリエ ShinQs B2Fにある、辻口博啓氏とポール・バセット氏が手がけたコンセプトカフェ
「LE CHOCOLAT DE H / Paul Bassett(ル ショコラ ドゥ アッシュ/ポール バセット)」さんにお邪魔しました。

まずはお2人の紹介から。

ポール・バセット氏・・・1978年オーストラリア生まれ。2003年度「ワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)」において、 世界最年少、オーストラリア人としては初の世界チャンピオンとなる。日本で世界初のエスプレッソカフェ「Paul Bassett」を開き、「世界一のコーヒー」を提供しながら、後進の指導にもあたっている。

辻口博啓氏・・・1967年石川県生まれ。18才の頃より都内のフランス菓子店及びフランスで修行を重ねる。5度の世界大会に日本代表として出場し、優勝経験を持つ。 モンサンクレールのオーナーシェフとして他、コンセプトの異なる10ブランドを次々と展開。各店舗の運営の傍ら、企業とのコラボレーションやプロデュース、講演やテレビ出演、著書出版など幅広く活躍。

そして、どのあたりがコンセプトカフェなのかですが、明確な定義はわかりませんでした。
ただ、以下の2点がこの店ならではの特徴だと思われます。

①ポール・バセット氏が手がけるエスプレッソカフェ「Paul Bassettさん」と辻口博啓氏が手がけるショコラトリー「LE CHOCOLAT DE H」さんが隣接した状態で営業している

②「Paul Bassett」さんのカフェスペースで飲食を楽しむときに、「LE CHOCOLAT DE H」さんのショコラも注文することができる

こちらが外観。
R0012127.jpg
R0012125.jpg

コーヒー豆やケーキを販売している「Paul Bassett」のカウンター。
※カフェを利用の方はここで注文する必要はありません。席から注文できます
R0012128.jpg

一番奥の席にピットイン。
mozaiku.jpg

スタッフさんにオススメのコーヒーを聞いたところ、
「フラットホワイト」(単品650円)とのことだったので注文させていただきました。
R0012109.jpg
フラットホワイトはニュージーランドで生まれたコーヒー。
エスプレッソ3分の2に対して、スチームミルクが3分の1、
その上にフォームミルクを少しだけのっけたもの。

ちなみにカフェラテは2:8でエスプレッソ:スチームミルク、
これにフォームミルクを少しだけのっけたもの。

カプチーノは3:4:4でエスプレッソ:スチームミルク:フォームミルクです。

このようにフラットホワイトは他のエスプレッソ系メニューに比べて、
ミルクの割合が少なめなので(特にフォームミルク)、甘さもやや控えめ。
エスプレッソそのものが持つコク、甘み、酸味がよりダイレクトに楽しめます。

カプチーノやカフェラテは甘すぎだと感じる方、
でもエスプレッソだけだと少々苦すぎる、酸っぱすぎると感じる方にぴったりだと思います。

ちなみにエスプレッソはブラジル、エチオピアの豆から抽出しているそうですが、
季節によって変わるそうです。

フードはお腹が空いていたのでショコラではなくパンケーキを頼みました!
「リコッタチーズのパンケーキ 特性メープル添え」(単品800円)です。
ドリンクセットととして注文したので、さきほどのフラット ホワイトと合わせて1200円なり。
R0012112.jpg
パンケーキの食感はフワフワというよりは、わりとしっかりとした食感。
やわらかいパンケーキをお求めの方には合わないかもです。

キャラメリゼされたバナナがとてもおいしかったですね。
キャラメリゼされたバターも最高。
R0012115.jpg
これほんとにおいしかった!

メープルシロップはバニラ風味。染み込む染み込む。
R0012119.jpg

ホットケーキの中にはリコッタチーズがたっぷり。
R0012122.jpg

このブログはカフェやコーヒーに関することを書くブログなので、
ほとんど「Paul Bassett」さんのレポートになってしまってすみません・・・。

しかしさすが「Paul Bassett」さんという感じですねー。
フラットホワイトがとてもおいしかったです。

スタッフさんやバリスタさんの立ち振る舞いもとてもスマート。
フラットホワイトについてやパンケーキについていろいろ伺ったのですが、
忙しい中すてきな笑顔でとても丁寧に対応していただきました。

質の高いサービスは人を幸せな気持ちにしてくれますね。
スタッフさんによるとチーズケーキもオススメとのことだったので、
次ぎお邪魔するときはショコラとチーズケーキを頼んでみようと思います。

●店名
LE CHOCOLAT DE H / Paul Bassett 渋谷ヒカリエ ShinQs店

●住所
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F

●営業時間
10:00 - 21:00 (LO 20:30)

●休み
不定休(ヒカリエに準ずる)

●アクセス
東京メトロ副都心線、半蔵門線、東急田園都市線とB3で直結、
JR線、東急東横線、東京メトロ銀座線と2Fペデストリアンデッキ直結

【東京/渋谷】厚みと柔らかさがすごい! スフレパンケーキがおいしい「星乃珈琲店 109MEN's店」さんにお邪魔しました

東京は渋谷にある「星乃珈琲店 109MEN's店」さんにお邪魔しました。
R0011880.jpg

カウンター席からは渋谷駅前のスクランブル交差点が望めます。
R0011901.jpg

お目当てはもちろん名物のパンケーキ。
まずはドリンクセットで頼んだコーヒー「星乃ブレンド」が到着。
※フード、パンケーキを注文すると400円でドリンクをつけることができます
R0011884.jpg
直火式で焙煎しており、濃厚なチョコレートのような香りがします。
酸味、甘み、苦味ともに主張しすぎずバランスのいい味わい。
ややコク、苦味が強いでしょうか。
後味にほんのりとした甘みが。

注文を受けてから焼くそうで、お願いしてから約20分後にとうとうやってきました!
「スフレパンケーキ ダブル」(680円)!
※スフレパンケーキ(シングル)は530円
R0011891.jpg
さすが焼きたて!
パンケーキのあまーい香りがフワッと鼻を刺激します。

シロップは「メープルシロップ」「ハチミツ」「黒蜜シロップ」から選択可能。
私はメープルシロップをチョイス。
R0011894.jpg
ホイップ状バターの上からとろ~りとかけます。

ナイフで切るとその感触にびっくり。
とてもやわらかな感触でナイフがゆるやかに沈んでいきます。
ふんわりフサーっといった感じ。
R0011896.jpg
断面にシロップがジワジワと染み込んでる染み込んでる。ふふふ。

R0011897.jpg
もうジュワーってジュワーって染みちゃってます。

いざ食べてみるとナイフで切ったときと同じようにもうめちゃくちゃ柔らかな食感!
まさに“スフレ”!

表面は焼きたてでパリっとしながら、
中はこのふわふわ柔らか食感・・・。
絶妙のコントラスト。

塩気のあるホイップバターが、
濃厚なメープルシロップの甘さを引き立てていて、
さらなるコクを与えている点も見逃しません。

うむ。大満足でした。

あと、味もさることながら、
スタッフさんたちの丁寧で親切な対応もステキでした。
撮影させていただけないかと伺ったら、
すてきな笑顔で「どうぞどうぞ、ありがとうございます。キレイに撮ってくださいね(笑い)」と言ってくださって、なんだかとてもうれしかったです。

次はフレンチトーストに挑戦したいですね。

●店名
星乃珈琲店 109MEN's店

●住所
東京都渋谷区神南1-23-10 109MEN's 2F

●営業時間
10:00~23:00(LO 22:30)
モーニング10:00~12:00
ランチ10:00~15:00

●休み
なし

●アクセス
JR渋谷駅駅ハチ公口より徒歩3分

【東京/渋谷】檸檬ケーキが大人気! 「Café Mame-Hico(カフェ マメヒコ) 渋谷店」さんにお邪魔しました

東京は渋谷にあるカフェ「Café Mame-Hico(カフェ マメヒコ)渋谷店」さんにお邪魔しました。
R0011763.jpg

入り口。
R0011723.jpg
上の階にあるセブンイレブンさんの中にある階段を下るとここに出ます。
“秘密の裏道を通ってお店にたどり着く!”みたいな体験ができるので、
あえてセブンイレブンさんからいらっしゃるお客さまも多いそうです。

入り口のマットにはお店のロゴが。キュート。
R0011724.jpg

入り口はいってすぐの左手には、お店で販売しているコーヒー豆などが並びます。
R0011750.jpg

7メートルもの長さのオークの大テーブル。
日曜の14時ごろお邪魔したのですがほぼ満席でした。
R0011748.jpg

テーブル席もあります。
R0011745.jpg

木目が目に優しいです。
R0011746.jpg

注文させていただいたのは黒大豆+珈琲+牛乳「黒豆牛乳珈琲」(740円)。
※冬限定メニュー
R0011754.jpg
黒豆と牛乳効果でやわらかな口当たり。
コーヒーならではの苦味はほぼありません。
後味はスッキリ&さわやか。
珈琲豆は北海道の自家焙煎珈琲店「菊池珈琲」さんから仕入れているそうです。

デザートには「檸檬ケーキ」(690円)
※冬限定メニュー、3月いっぱいで終了
R0011752.jpg
冬の大人気メニュー。
多くの方がこれを注文されていました。

瀬戸内海は生口島産のレモン、その果汁をカスタードクリームと合わせ、
生クリームとともにパイの上に乗せたもの。

さわやかに舌を刺すレモンの酸味、
甘すぎないフワフワの純生クリーム、
サクサク&エアリーなパイ生地、
それらが三位一体となったおいしさにもうメロメロでした。

渋谷の喧騒から離れてゆったりとすごせる空間、
産地から調理方法まですべてにこだわったドリンク&フードメニュー、
さすが大人気店「マメヒコ」さん。
恐れ入りました。

次は焼きリンゴを食べに行こう。

●店名
カフェ マメヒコ 渋谷店

●住所
東京都渋谷区宇田川町37-11 セブンイレブン下

●営業時間
9:00~23:00

●休み
不定

●アクセス
JR渋谷駅駅ハチ公口より徒歩9分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。