カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/二子玉川】旬の世田谷野菜をつかった地産地消カフェ

「ゆっくりとカフェ」に行ってきました。

場所は二子玉川。
R0013721.jpg

ゆっくりとカフェが入っている建物の1階は、
JA東京中央直売所「FARMERS MARKET」。
40ほどの生産者さんが毎朝届けにきた野菜や園芸を販売する直売所になっています。
R0013734.jpg
「ゆっくりとカフェ」ではこちらで取り扱っている、
その世田谷野菜を使った料理が楽しめます。

黒板を作ったメニュー表、オープンキッチン、高い天井、
店内は開放的でリラックスムードにあふれています。
R0013769.jpg

左手にもキッチンスペースがあり、
料理教室などのワークショップも行われているそうです。
R0013770.jpg

おすすめのドリンクを伺ったところ「生姜フルーツティー」(600円)とのことでしたのでさっそく注文。
R0013749.jpg
ベリーやグレープフルーツのフレッシュな甘みと、
生姜のスパイシーさがベストマッチ。

体の芯からポカポカ温まります。

フードは週変わりの「夜のゆっくりと定食」(1500円)を注文。
R0013751.jpg

「チキンの白菜ロール トマトソース」
R0013755.jpg
R0013762.jpg
野菜の甘みと肉の旨味が絡み合います。脂っこさいっさいなし。

「揚げ出し豆腐 冬瓜と里芋添え 和風物あんかけ」
R0013756.jpg
豆腐、里芋、冬瓜というさっぱり三銃士に、ほどよい塩気のスープがよく合います。

「和風カレースープ」
R0013759.jpg
カレーの味はほんのり。濃厚なジャガイモスープといった印象。

「雑穀と大根・キノコのフランボワーズドレッシングサラダ」
R0013757.jpg
野菜のシャキシャキ感と雑穀のツブツブ感のハーモニーが◎。

「浅漬け」
R0013758.jpg
酸味がまろやか。

とにかくすべての野菜が甘い!
これにつきます。

こちらの定食は、あと「玄米ごはん」か「ジャガイモのパン」がつくのですが、
プラス500円でパン専門店「ルセット」のパンに変更できます。

「ルセット」のパンは、
通販で買うのに3か月待ち、3斤3000円はするという超人気&超高級パン。

これは変更するしかありません!
ということでこちらが「ルセット」のパン。
R0013765.jpg
バター&はちみつ付き。

味はというともちろんおいしい!
モッチリとしていて、
やわらかな食感、
しっかりとした小麦の甘みとうまみ、
どれも高次元。

これがプラス500円とは・・・、
「ゆっくりとカフェ」さんに感謝です。

食べ終わって二子玉川駅まで歩いてるときに感じたのは、
体にいいものを食べたなあという心地よさ。

こんなに心地がよいのはひさしぶり。
体中にゆっくり優しく栄養がゆきわたっていくのを感じました。

歩きながらなんだかにやにやしちゃったくらい。

●店名
ゆっくりとカフェ

●住所
東京都世田谷区鎌田3-18-8 2F

●営業時間
9:00~20:30(LO20:00)

●休み
月曜

●アクセス
二子玉川駅より徒歩15分

スポンサーサイト

【東京/二子玉川】お酒も飲める! スターバックスさんの新業態店「inspired by STARBUCKS(インスパイアード バイ スターバックス) 玉川3丁目店」さんにお邪魔しました!

4/19にオープンしたスターバックスさんの新業態カフェ「inspired by STARBUCKS(インスパイアード バイ スターバックス) 玉川3丁目店」さんにお邪魔しました。
店内の撮影はNGだったため、メニュー写真のみでお届けします。
(メニューの撮影はOKでした)

店舗の場所は二子玉川駅から徒歩10分の閑静な住宅街。
レンガ調のビルの1階にあります。

店内には木目が美しいテーブルやイスが並びます。
グリーンのクッションが付いたソファーのような席もありました。
基本カラーはブラウン、ホワイト、グリーンといったところでしょうか。

スタッフさんはエプロンをしておらずみなさんTシャツ姿。
開放的な雰囲気がただよいます。

注文形式はスターバックスさんと同じいわゆるシアトル式。
カウンターで注文し、出てきたものを自分で受け取り席へ移動します。

大盛況でカウンター前には行列ができており、
親切なスタッフさんが気をきかせ、並んでいる私たちにメニュー表を渡してくれました。
R0012339.jpg
メニュー表に目をやると、
そこにはスターバックスさんの真骨頂である多彩なアレンジラテやフラペチーノなど、
個性的なエスプレッソ系ドリンクはわずか。


ドリップコーヒーと、
カフェ・ラテやカプチーノといった定番のエスプレッソ系ドリンクが中心です。


ちなみにドリップコーヒーは一杯一杯ハンドドリップで淹れてくれます。

また、
エスプレッソ系ドリンクに使う豆を、
通常のスターバックスさんでは1種類しか選べないところ、
インスパイアード バイ スターバックスさんでは2種類から選べます。


その内分けは以下の通り。
1つ目:通常のスターバックスさんで使用されている深煎りの「エスプレッソロースト」
2つ目:こちらの店舗さんのみ使用している浅煎りの「ライトノートブレンド」
※ライトノートブレンドは南米の豆のブレンドとのこと

フードのメニュー表はなく、
写真のようにカウンター横に並んでいるものから選ぶシステムでした。
R0012338.jpg
フードメニューはどれも通常のスターバックスさんではお取り扱いのないものということでした。

注文させていただいたフードメニューは、
外はサクサク&中はややしっとりの「アーモンドクロワッサン」(300円)と、
※フードメニューは温めてもらうこともできます
R0012347.jpg

外はややカリッと中はモッチリの「バター&クランベリーブレッド」(280円)。
R0012344.jpg

ドリンクはこちらの「エスプレッソ ドピオ」(400円)をセレクト。
R0012346.jpg
豆は「ライトノートブレンド」をチョイス。
エスプレッソならではの強いコクやとても明るい酸味が楽しめます。
ただエグさやキツさはまったくありません。
コクや酸味をやさしく包み込むようなほどよいマイルド感がありました。

スタッフさんが「『ライトノートブレンド』のエスプレッソは通常のものよりマイルドです」とおっしゃっていたのですが、ほんとにその通りの味わい。

デザート代わりにこちらも注文。
「エスプレッソ ジェリー&アイスクリーム」(650円)。
R0012350.jpg
エスプレッソを使ったプリプリとしたコーヒーゼリーと粘り気のあるアイスクリームのコンボ。
ビターなゼリーとスイートなアイスが絶妙にマッチしています。

テイクアウト用にこちらも注文。
R0012352.jpg
「シェケラート」(500円)。
※シェケラート・・・熱々のエスプレッソに氷を加えてシェイクしたもの

液体部分のキレのあるコクと泡部分のまろやかさが、みごとに調和。
R0012355.jpg

こちらのメニューはなんとスタッフさんが目の前でシェイカーを振ってくれます!
これも通常のスターバックスさんにはないサービスですね。


12時以降はなんとお酒のメニュー(アルコールのメニュー)の展開もあるそうです!
また仕事帰りにお邪魔しようと思います。

●店名
inspired by STARBUCKS(インスパイアード バイ スターバックス) 玉川3丁目店

●住所
東京都世田谷区玉川3-34-2 リオ・ヴェルテ 1F

●営業時間
7:30~22:00

●休み
不定

●アクセス
東急大井町線、東急田園都市線二子玉川駅西口より徒歩10分

【東京/二子玉川】クールな内装、風変わりな器、多摩川沿いにある「CHICHICAFE (チチカフェ)」さんでおいしいカフェごはん

多摩川沿いにあるカフェ「CHICHICAFE(チチカフェ)」さんにお邪魔しました。
R0011999.jpg

エントランスにはリースが飾られていました。
R0012001.jpg

全面窓なので店内にもやわらかな日の光が優しく降り注ぎます。
R0011976.jpg

コンクリート打ちっぱなしの壁がクールです。落ち着いた雰囲気を演出しています。
R0011979.jpg

カウンターの横にはこんなものが。ヤマアラシの形をしたつまようじ入れ。かわいい。
R0011978.jpg

同じくカウンターにあった食器棚。ちょっと風変わりな食器が並びます。
R0011977.jpg

通路奥には多摩川を撮った写真が飾られていました。
R0011984.jpg
下にはオーナーさんのご友人の方たちが開催する展示会やライブのフライヤーが。

私は奥のソファ席に。
R0011982.jpg

ランチタイムのメニュー表はこちら。
R0011983.jpg
私は「今週のおひるごはん お肉」をチョイス。

まずは前菜としてひじきとサラダが到着。
R0011988.jpg
これまた器がかわいい。

箸置きにはお店のロゴがありました。
R0011986.jpg

前菜を食べ終わるとメインディッシュ+ごはん+お味噌汁が到着。
今週(ことしの2月の第4週)のお肉料理=メインディッシュは、
「鳥肉のオレンジ照り焼き」。
※お魚の場合は、週変わりのお魚料理がメインディッシュとなります

上からパシャリ。
R0011989.jpg

正面からもパシャリ。
R0011991.jpg
ゆっくりと口の中に広がるさわやかなオレンジの酸味が、
ほどよい甘みの鶏肉と絶妙にマッチしていました。

どの料理もとてもおいしくて、ボリュームも満点。
器もこれだけ凝っているのに1000円はほんとリーズナブルだなあと思います。

「Set Drink」(+200円)も注文させていただきました。
チョイスしたのはもちろんコーヒー。
R0011995.jpg
ニュージランド産の豆を使った深煎りのコーヒーでした。
コク深いながらも嫌な苦味はなくとてもおいしかったです。

しかしこれまた器がかわいいですね。
「chichiCafe(チチカフェ)」さんで取り扱っている器はすべて買うことができるそうです。
詳しくは店頭のスタッフさんまで。

「Set Dessert」(+300円)も注文。
この日はコーヒーのパウンドケーキ。
ほどよくビターで上品な味わいでした。
大人のパウンドケーキといった感じでしょうか。
R0011997.jpg

店内でかかる音楽はエレクトロニカ、アンビエントが中心で、
私が好きなno.9さんの曲もかかっていてなんだかうれしかったです。

多摩川河川敷というロケーション、
クールでありながらどこかほっと落ち着くデザインの店内、
すてきな音楽、すてきな器、
おいしい食べ物、おいしい飲み物。

こんどは夜にお邪魔したいですね。
きっと夜もすてきな雰囲気なんだろうな。

●店名
「CHICHICAFE(チチカフェ)」

●住所
東京都世田谷区玉川1-2-8

●営業時間
11:00~22:00(LO)

●休み
不定休

●アクセス
東急田園都市線、大井町線、二子玉川駅より徒歩7分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。