カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神奈川/元町・中華街】「Espresso Vivace」さんで焙煎した豆をシアトルから直輸入! 最高峰のエスプレッソドリンクを楽しめる「CAFE Elliott Avenue」さんにお邪魔しました

シアトル系コーヒーの草分け的存在であるカフェ「Espresso Vivace(エスプレッソ ビバーチェ)」さん。

この世界的に有名なカフェのオーナー、デビット・ショマー氏が焙煎する豆を、
アメリカ以外で唯一楽しめる貴重なカフェがあると聞きここ元町・中華街にやってきました。

その名は「CAFE Elliott Avenue」さん。

毎月シアトルにある「Espresso Vivace」さんから空輸にて豆を直輸入しているそうです。
しかも焙煎されてから2週間以内の豆しか使わないというこだわりよう。

いやがうえにも期待が高まります。
どんなエスプレッソドリンクが楽しめるのでしょうか。わくわく。

こちらが外観。
テラス席が用意されており今の季節は最高ですね。
自分がお邪魔したときは海外の方が何人もこのテラス席でくつろいでいました。
R0012489.jpg

注文方法はシアトル式。
はじめにカウンターで注文します。
ちなみに「Espresso Vivace」から直輸入した豆を使ったドリンクだけでなく、
日本で焙煎した豆を使ったリーズナブルな価格のドリンクも楽しめます。

でも注文させていただいたのは「Espresso Vivace」から直輸入した豆を使ったエスプレッソドリンク!
ラテアートが楽しめる唯一のドリンクということで「カフェラテ」(800円)をチョイス。

店内は白を基調とした落ち着いた雰囲気。
R0012482.jpg

バリスタさんは「Espresso Vivace(エスプレッソ ビバーチェ)」オーナー、
デビット・ショマー氏を師事するお2人。

なんと席まで来てくれて目の前でカフェラテを淹れてくれます。
美しいリーフの模様を描いていただきました。
R0012485.jpg

味はと言うと~、
めっちゃくちゃおいしい!
もうほんとうにとんでもなくおいしかった。

香り高く、マイルドな口当たりで、甘く濃厚。
なかでも“甘さ”と“コク”がすごいです。

その甘さは砂糖が入っているのかと思うほど。
そのコクは超高級チョコレートを食べているかのよう。

豆だけでこの味わいが出るとは・・・。
Espresso Vivace、恐るべしです。

ミルクとの相性も抜群!
舌を優しく包み込むこのマイルド感はそうそう味わえるものじゃありません。

なかなか値が張りますが、エスプレッソドリンクが好きな方は絶対に外せないお店のひとつになるのではないでしょうか。

●店名
CAFE Elliott Avenue(カフェ・エリオット・アベニュー)

●住所
神奈川県横浜市中区山下町18 1F

●営業時間
11:00~19:00

●休み
月曜(祝日の場合は翌日)

●アクセス
みなとみらい線元町中華街駅4番出口より徒歩2分
JR根岸線石川町駅より徒歩15分

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。