カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/三軒茶屋】仕事終わりでも行けちゃう夜のパブリックカッピング! 「Cafe Obscura Laboratory」さんにお邪魔しました

このブログで何度かパブリックカッピングを紹介してきましたが、
どのパブリックカッピングも平日の昼に開催されているものでした。

平日仕事の社会人にとってはなかなか難易度高いですよね。

そんな方に朗報です。

夜のパブリックカッピングがここ三軒茶屋にて開催されているのです。

“夜のカッピング”。

なんかオトナな響き。

場所は茶沢通りにあるコーヒースタンド「Cafe Obscura Laboratory」さん。

先日紹介した「Cafe Obscura」さんの2号店としてオープンしたお店です。
※「Cafe Obscura」さんの記事はこちら→http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

時間は毎週火曜20:00からの約1時間。

きっと多くの方が仕事が終わってからでも間に合う時間です。

5分ほど前にお店に着くとすでに3人のお客さんがパブリックカッピングが始まるのを待っていました。
R0012204.jpg

ドアをあけると右手に試飲用のコーヒーが。
気前のいいサービスですね。
R0012202.jpg

時間が近づくと代表の柴 佳範さんが手際よく準備を始められました。
R0012193.jpg

あっという間にセッティング終了。
R0012195.jpg

セッティングが終わったら、
柴さんがカッピングの方法を実演しながら丁寧に説明してくれます。

※カッピングについては以前の記事「カッピングセミナーのススメ」(http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-4.html)を参照
R0012196.jpg

説明を受けたら柴さんやほかの参加者さんたちと、
「これはイチゴの味がしますね」「これはグリーンアップルのようですね」などと談笑しながらおいしいコーヒーを心ゆくまでカッピング。

カッピングできるコーヒーは毎週異なります。
基本的には店舗で販売しているこちらのコーヒー豆が並びますが、
R0012199.jpg
そのときどきで貴重なゲストの豆も登場します。

毎週異なるスペシャルティコーヒーをカッピングでき、
なかなかほかでは味わえないゲストの豆も登場。
柴さんをはじめバリスタさんたちからコーヒーに関する貴重な話も聞け、
コーヒー好きの方たちと交流も深められる。
そしてなにより仕事終わりにいけるという夜のパブリックカッピング。

コーヒー好きの方は利用しない手はないです。

朝も動ける方は午前中もやっているのでぜひそちらへ。
同じく火曜日、時間は朝10:00から約1時間です。

●店名
Cafe Obscura Laboratory(カフェ・オブスキュラ・ラボラトリー)

●住所
東京都世田谷区太子堂4-28-9

●営業時間
8:00~19:00

●休み
毎月第3水曜日

●アクセス
三軒茶屋駅北口より徒歩5分

◎パブリックカッピング
日程:毎週火曜日
時間:10:00AM~/20:00PM~ 各1時間ずつ (※途中参加もOKです)
参加費:無料

スポンサーサイト

【東京/三軒茶屋】本格ハンバーガーの草分け的存在! 「FUNGO(ファンゴー)」さんにお邪魔しました

東京は三軒茶屋にあるカフェ「FUNGO(ファンゴー)」さんにお邪魔しました。
ファンゴではなくファンゴーと伸ばします。

「FUNGO(ファンゴー)」さんはサンドウィッチとハンバーガーをメインに展開しています。
※西新宿にFUNGO DINING、東麻布にFUNGO BUNGALOIDがありますが、こちらはともにイタリアン&フレンチをベースにしたレストランです

創業は1995年。
現在、さまざまな本格派ハンバーガーショップがありますが、
そのはしり的存在です。
R0012163.jpg

R0012164.jpg
目の覚めるようなブルーを基調とした外観。
イエローの文字が抜群に映えます。

店内からはテラス席や通りを見渡すことができ、開放的な雰囲気を堪能できます。
R0012132.jpg

まずはアーモンドラテ(500円)を注文。
R0012138.jpg
ラテのまろやかさとアーモンドの香ばしさがマッチ。
ホワイトシュガーだけではなくブラウンシュガーが付いてくるのがうれしいところです。

フードはこちらを注文。
「アボカドチーズバーガー(regularサイズ、130g)」(1400円)。
※miniサイズは65g
R0012146.jpg
上から、
外がカリカリのバンズ、
塩気ととろみのあるチーズ、
ペッパーを効かせたハンバーグ、
ソテーした甘みたっぷりのオニオン、
甘くフレッシュな酸味があるトマト、
みずみずしいレタス、
ややしんなりとしたバンズ
という7段重ね。

なんてボリューム!

バンズのカリカリ具合を伝えるべく接写で撮影。
R0012148.jpg
なんともキレイなこんがり感。
写真からも香ばしい匂いがしそうなほどこんがり。
上のバンズはほんとサクサクしてます。中はふんわりもっちり。

ハンバーグはビーフ100%。
R0012152.jpg
きれいな網目状の模様が食欲をそそります。

バーガー袋に入れて食べましたが肉汁の出具合をチェックするためにナイフを入れてみました。
R0012155.jpg
肉汁が垂れてきました。
もうジュワジュワ~っと! ジュワワ~っと!

断面はこんな感じ。
R0012157.jpg
焼き加減はミディアムとウェルダンの中間くらい?
やや赤みが残っています。肉々しくてグッド!
噛めば噛むほど口いっぱいに肉汁が広がります。
チーズやマヨなどのソースともあいまって、パンチのある塩味&うま味が舌を襲います。
もうたまりません。

お肉はもちろんですが、このオニオンも本当においしい。
シャキシャキな食感が失われないギリギリのラインを攻めた焼き加減で、
オニオンの持つ甘みをこれでもかと引き上げています。

テーブルにはハインツのケチャップ&マスタードが。
R0012160.jpg


あげたてのポテトはこちらを使って食べてもおいしいです。
ハンバーガーにアクセントを加えたいときに使うのもありだと思います。

いやはやお腹いっぱい。
もう今日は夜ごはんを食べなくても大丈夫かもです。

●住所
東京都世田谷区下馬1-40-10

●営業時間
日~木9:00~23:00
金土9:00~25:00
※デリバリーは11:00〜22:00

●休み
なし

●アクセス
池尻大橋駅、三軒茶屋駅、祐天寺駅より徒歩約15分
渋谷駅西口バスターミナルより渋31系統『下馬一丁目循環』
もしくは渋32系統『野沢龍雲寺循環』に乗り約10~15分、『駒繋小学校前』で下車徒歩すぐ

【東京/三軒茶屋】ブレンドコーヒーとティラミスがおいしい! シックな内装も魅力の「Cafe Obscura」さんにお邪魔しました

東京は三軒茶屋にあるカフェにある「Cafe Obscura」さんにお邪魔しました。
R0012191.jpg

商店街を抜けた閑静な住宅街にあります。
R0012189.jpg

コンクリート打ちっぱなしの壁がシックな雰囲気を演出。
R0012169.jpg
店内で流れる音楽はアンビエント、エレクトロニカが中心でした。

全面窓なので開放的な雰囲気。
R0012173.jpg

本棚にはライアン・マッギンレーの写真集やコーヒーに関するムック本やコミックなどが。
R0012170.jpg
R0012172.jpg

多くのスペシャルティコーヒーが用意されています。
こちらは店内に飾られてあった解説付きのメニュー表。
R0012183.jpg

ブレンドは浅煎りの「fruit(フルーツ)」と深煎りの「chocolate」があります。
ともに500円。
今回は「fruit(フルーツ)」を注文させていただきました。

スッキリとした味わいになる抽出機、サイフォンを使って一杯一杯ていねいに抽出してくれます。
R0012175.jpg

いい香りがしてきました。
R0012177.jpg

ひと口飲むと一気に明るい酸味が口いっぱいに広がります。
まるで柑橘系のフレッシュジュースのよう!

しばらくするとナッツのようなコクがじんわりと口の中に浸透し、
つぎに穏やかな甘みがのどを通っていきます。

これほんとおいしいかったです。

どういったブレンドか伺ったら、
パナマ、エチオピア、ニカラグアのブレンドで、
エチオピア、ニカラグアの豆はナチュラル(チェリーを残したまま乾燥させる精製方法)とのことでした。

ナチュラルを使用することでコクと甘みがグッと増してるんですね。

お店オススメの「とろけるティラミス」(400円)もいただいちゃいました!
R0012185.jpg

これまた絶品。
マスカルポーネチーズと生クリームをふんだんに使用しているとのことで、
もうとろっとろにやわらかいです。
口に入れたとたんフワッと溶けていく感じ。
大満足。

シックで落ち着いた空間、
サイフォンで淹れた高品質のコーヒー、
手の込んだスイーツ、
スタッフさんの親切で丁寧なご対応も印象的でした。

三軒茶屋にまたすてきなお店を見つけることができて大満足です。

●店名
Cafe Obscura

●住所
東京都世田谷区三軒茶屋1-9-16

●営業時間
12:00 – 23:00

●休み
毎月第3水曜日

●アクセス
三軒茶屋駅より徒歩6分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。