カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリスタに大人気! フルーティなケニアコーヒーについて学ぼう。『土屋浩史先生のカッピングセミナー』

FBCインターナショナルさんにて行われたコーヒーセミナー、
『土屋浩史先生のカッピングセミナー ケニア編』に行ってきました。
R0011558.jpg
※カッピングについては以前の記事「カッピングセミナーのススメ」(http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-4.html)を参照

前半は座学。
以下に要点をまとめてみました。


①ケニアとは
・東アフリカの中でもかなり発展している国


②農園について
・首都ナイロビ付近は大農園が中心
・ナイロビの北にあるニエリ付近は小農園が中心
※小農園のほうが個性的な豆が多い


③味わいについて
・一言でいえばフルーティ
※日中の寒暖差が激しいので、日中はよく光合成をし、夜は光合成で得た栄養を一気にたくわえようとする。なので豆まで果実のようになる


④収穫について
・収穫期は年2回
・メインクロップは9~1月、サブクロップは5~7月
※メインクロップ=メインの収穫期に取れる豆、サブクロップ=メインに次ぐ収穫期に取れる豆

Qなぜケニアのコーヒー豆は収穫期が2回あるのか?

Aケニアをはじめ赤道直下にある農園には雨季と乾季が1年に2回やってくるので、収穫期もそれに応じて2回あります。中南米は1年間に雨季、乾季が1回ずつしかやってこないので、収穫期は1年に1回です


⑤処理工程について
・ウォッシュドがほとんど。ナチュラルは全体の10%程度
・アフリカンベッドで天日乾燥
※アフリカンベッド:スペシャルティコーヒー用に開発されたといわれている乾燥棚。木や金属製の枠を作って、そこに網のネットを張った構造
※南米のように地面で乾燥させない→足で踏むこともないので、豆を痛めずに乾燥できる
・南米に比べると選別がしっかりとされている
(収穫する時、精製する時、生豆に仕上げる時、機械だけでなく人の手を使って徹底的に選別しています)

Qなぜ人の手を使い、徹底的に選別することができるのか?

Aアフリカは中南米に比べ人件費が安いから


アフリカの農園の人たちは自分たちのコーヒーの価値、
コーヒーが高く売れていることすら知らない人も多いそうです。

いろいろと考えさせられますね。
やっぱり価値のあるものにはしっかりとお金を払わなければならないってことなんだと思います。
(農園で働く人たちに適切な賃金を届けなくてはいけないということ)


⑥グレードについて
・AA、AB、C、E、TT、T、PBの7グレード
・中南米でのグレードは標高の高さで決まるが、ケニアでは豆の大きさで決まる


⑦流通方法について
・オークション形式(毎週火曜に開催)
・輸出業者は同グレードの豆をブレンドして、輸出ロットを作り、オークションにかける
※輸出業者の腕(いい豆を適正価格で仕入れ、きちんとブレンドする技術)が問われる仕組み
・超高品質なコーヒーはブレンドせずにファクトリー名(農園名)でオークションにかけず直接輸出できる
※2006年よりこの直接取引がスタート


⑧近年のケニアコーヒーについて
・スペシャルティコーヒー産業の成長に合わせて需要が拡大
・バリスタに大人気で、2011年のブリュワーズカップ(SCAA:米国スペシャルティコーヒー協会主催の大会)では決勝進出者のほとんどが使用
・超高品質なケニアコーヒーの価格がとても上がっている


後半はカッピング。
あR0011556
1ラウンド目はケニア、タンザニア、エチオピア、メキシコの4種の豆、
2ラウンド目は、ケニアの豆のみ4種。

フルーティなケニアの豆ですが、
オレンジのようだったり、
グレープフルーツのようだったり、
ベリーのようだったり、
ひとくちにフルーティといっても、
いろいろなフレイバーがあるなぁと感心させられました。

コーヒーの味をうまく表現するために、
フルーツを食べるときももっと集中して、楽しみながら食べないとなと強く感じました。

また、
セミナー後にFBCさんが新たに作成した、
有田焼 オリジナル カップ&ソーサーを拝見させていただきました。

どん! こちら。
R0013038.jpg
左がその新商品(デミタスカップ)。

実際に持ってみたのですが、
持ち応えが全然違います。

とっても安定する。

陶器のカップって持つと、重くて傾いてしまいますよね。
手首と指に力を入れれば保つこともできますが、あれはなかなかツライ…。

でも、これはあまり傾きません。
ちょっと力を入れれば簡単に平行に持てる。

よ~く持ち手を見比べてください。
左は人差し指を入れる箇所がまんまるで、とっても収まりやすい。
さらに、その下には中指をキレイに合わせることができるくぼみがあるんです。

この指や手首の力が分散しない形状が、
あまり力を入れずとも安定して持つことができるようにしているんですね。

あととっても色艶がよかったです。
色に深みがありました。
さすが有田焼。

商品の詳細はこちらのFBCさんのブログに載っていますー。
http://ameblo.jp/fbc-intl/entry-11535716176.html

スポンサーサイト

【東京/自由が丘】味の決め手はピンクペッパー!? フレンチトーストの人気店「Yocco's French Toast Café(ヨッコズ フレンチ トースト カフェ)」さん

「Yocco's French Toast Cafe by LOBROS 自由が丘本店」にお邪魔しました。
R0012954.jpg

「Yocco's French Toast Cafe」さんはその名の通り、
フレンチトーストをメインに展開するカフェさんです。

創業者の方がロサンジェルスで食べていたフレンチトーストを、
日本の方たちにも食べてほしいということで今年の3月1日にオープン。

レシピの考案者は創業者の叔母さま。

レシピを監修したのは創業者の奥さん、Yoccoさん。
なので“Yocco's French Toast”。

13:50分くらいに入店。
かなり混んでいましたが、
並ばずに席に座ることができました。

店内はオープンキッチンで開放的な雰囲気。
テラス席もあります。

注文したのは「Yocco's Special Egg Toast フルーツ添え」(1200円)。

はじめにフレンチトースト用のトッピングメニューが運ばれてきました。
R0012919.jpg

店員さんからトッピングメニューについての説明があります。

右からクリームチーズ
R0012924.jpg

メープルシロップ、
R0012925.jpg

粉チーズ、
R0012926.jpg

ピンクペッパー、
R0012927.jpg

ひとつひとつかけて食べても、
何かと何かを組み合わせて食べてもありとのことでした。

わくわく。

しばらくするとキマシタ!

フレンチ~~~~トーストッ!
R0012938.jpg

まずはフルーツの紹介から。
R0012930.jpg
オレンジ、メロン、グレープフルーツ、
イチゴ、パイナップル、ブルーベリー。

うーん、盛りだくさん。

左は練乳です。
フルーツはそのままでも十分おいしいですが、
せっかくなのでかけちゃいました。
R0012950.jpg

お次はいよいよフレンチトーストのご紹介。
トーストをなんと卵液に10時間以上漬け込んでいるそう。
R0012934.jpg
よーく染みこんでいますね。

ほら、パンのキメもとても細かい。
R0012936.jpg
上の表面部分(茶色になっているところ)はなんとキャラメリゼされています。
外はパリッ、中はしっと~りふわふわ。

断面はこんな感じ。
R0012940.jpg
きれいに均等に卵が染みています。
しっとりやわらか。
トーストでありながらなめらかな口当たり。
でもパンのほどよい弾力もきちんとのこっています。
ちゃんとフワッとしてる。
これめちゃくちゃおいしいです!
もうトリコ。

トッピングメニューをいろいろ試してみます。
まずはメープルシロップ。
R0012941.jpg
きめ細かいトーストにメープルシロップがスッと染みこんで、
濃厚な甘みが楽しめます。

お次はクリームチーズ。
R0012943.jpg
なめらか×なめらかの協奏曲。
甘みも塩気もすべて“ちょうどいい”感じで、おさまりのいい組み合わせ。

クリームチーズ×メープル。濃厚でありながらさわやかな甘み。
R0012951.jpg

粉チーズ×メープル。洋風の甘じょっぱさを楽しめます。
R0012945.jpg

ピンクペッパー×粉チーズ。
粉チーズの塩気とトーストの甘さを、ピンクペッパーが思いっきり際立たせます。
R0012947.jpg

いろいろ試しましたが、
トッピングメニューはそれ単体でも、どんな風に組み合わせてもおいしかったです。

各トッピングメニューの基本効果は、

クリームチーズ=味を上品にまとめる
メープルシロップ=濃厚な甘みを与えてくれる
チーズ=塩気、コクを与えてくれる
ピンクペッパー=味の輪郭をハッキリさせる

個人的にいちばんヒットしたのはピンクペッパー!
めちゃくちゃおいしかった。

口の中を燃え上がらせ、
甘さ、しょっぱさ、すべての味わいを色めき立たせていました。

甘ったるくなった口の中をリセットしてくれる効果もありますね。
甘いものって食べ続けるとたま~にくどく感じたりもしますが、
ピンクペッパーがあればその心配もなし。

ドリンクは「ホットコーヒー」(300円)に。
R0012949.jpg
かなり深煎りでコクと苦味が効いた一杯。
甘いものとよく合います。

しかしおいしかった。あー幸せ。

フォアグラやトリュフを使ったミール系のフレンチトーストメニューもあるそうで、
こんどはそちらに挑戦しようと思います。


●店名
Yocco's French Toast Cafe by LOBROS 自由が丘本店

●住所
東京都世田谷区奥沢5-42-3 自由が丘トレインチ A101

●営業時間
11:00~23:00(LO22:00) ※ランチタイム11:00~14:00

●休み
不定

●アクセス
自由が丘駅南口より徒歩2分

【神奈川/大倉山】深煎りコーヒーと自家製スイーツが絶品! 横浜が誇るコーヒー豆屋「TERA COFFEE(テラ コーヒー)」さん

横浜に住む多くの友人たちが絶賛するコーヒー豆屋さん、
「TERA COFFEE and ROASTER(テラコーヒーアンドロースター) 大倉山店」さんにお邪魔しました。
R0012889.jpg

「コーヒー豆屋です」
シンプルながらも威風堂々とした看板。
R0012888.jpg

それもそのはず、TERA COFFEEさんは豆に徹底的にこだわっています。

産地へ直接足を運び、優良な農園とパートナーシップを築き、
その年に収穫された[ニュークロップ]と呼ばれる新豆だけをカッピング。

香味チェックで高い評価を獲得した豆のみを買い付け。

リーファーコンテナ(冷蔵)で輸入。豆にとってはファーストクラスのような環境。

日本に輸入されてからは15°Cの定温庫で保管。

手間も時間もかかるけれど、
素性までわかる良質な豆しか提供したくないという思いから、
このような方法を取られているそうです。

もちろんその熱い思いは焙煎にも。

やわらかな香味をつくり出すために、
特別に改良した直火の焙煎機で、
丁寧にじっくりローストされています。

場所の紹介がまだでしたね。
場所は東横線大倉山駅の出口1を出て左手にあるこの建物の一階です。
R0012882.jpg
白楽にある店舗が第一号店でこの大倉山店は第二号店。
大倉山店さんのほうが自宅から近かったのとスイーツが充実しているということで、
今回は大倉山店さんにお邪魔しました。

カウンターに厳選された豆たちが並んでいます。
R0012880.jpg

豆たちを眺めていると、
スタッフさんがオススメのコーヒーを試飲させてくれました。
とてもおいしくて期待値がグングン上がります。
しかしこういったサービスはほんとうれしいですね。

どんな豆を買おうか悩んでいたのですが、
味の好みをスタッフさんに伝えると、
アドバイスを交えながら私好みの豆を選んでくれました。

「グァテマラ(サンホセオカニャ農園)【シティロースト】100g」(570円)。
R0012911.jpg
説明書きに、
「今年の2月に訪問し買い付けて来た農園。
標高が高く寒暖差があり十分なコクのあるコーヒーができる産地。
とても甘味のある味わい。熟したチェリーやプルーン、ブラックベリーの様な香味」
とありましたが、まさにその通りの味わい。
深い甘みとコクが楽しめました。
相談してよかったー。まさにいま自分が求めている味でした。

3席ほどですがイート イン スペースもあります。
R0012873.jpg

目の前にはプロバットというドイツ製の焙煎機。
迫力です。
R0012864.jpg

せっかくなのでイート イン スペースを利用させていただきました。
ドリンクメニューはこちら。
R0012854.jpg
暑い日だったのでアイスカフェオレのSを。
(もちろんドリンクはテイクアウトも可能です)

上のメニュー表にも書いていますが、
素敵だな思うのは豆を選べること。

TERA COFFEEさん一押しのブレンド、
「ふかいりブレンド【フレンチロースト】」で作っていただきました。
じゃん、こちら。
R0012868.jpg
やさしいミルクの味わいとガツンとくるエスプレッソのコクがベストマッチ。

フレンチローストなので苦味やコゲくささも感じるのかなと思いきや、
強いのはコクだけで、嫌な苦味もなく、コゲくささもありません。

取り扱っている豆は比較的深煎りの豆が多かったです。
最近のカフェ&コーヒー豆屋さんは、
サードウェーブ系の浅煎りの豆をメインに展開しているショップさんが多い中、
なかなかめずらしいコーヒー豆屋さんです。

ただ先ほども書きましたが深煎りだからといって、
どの豆も嫌な苦味、焦げくささはありません。

あるのはやわらかな甘みと深いコク。

深煎りのコーヒーのおいしさを追求し、
深煎りコーヒーのいいとこ取りをしたかのような味わい。

もともと深煎り好きの私にとってはたまらないお店です。
(もちろんいまは浅煎りのものも大好きです。どちらも好き)

スイーツもおいしいと伺っていたのでこちらも注文させていただきました。
「モカチーズケーキ」(350円)。
R0012869.jpg
ニュージランド産のチーズと、
TERA COFFEEさんで扱うコーヒーを掛け合わせた一品。

モカの香りが口の中にじんわりと広がる大人のチーズケーキといった味わい。
重厚で引き締まった甘みはカフェオレにもよく合います。

また、
「自家製プレーン・スコーン」(190円)もパクリ。
R0012871.jpg
しっとりタイプではなく、サクサク感を楽しむタイプ。
香ばしく素朴な味わいの中にも穏やかな甘みがあります。
実に上品な味わい。

チーズケーキもスコーンもそのほかのイートインメニューも、
店内でその日にスタッフの方が作っているそうです。
つまりできたて。

また、
看板にもありましたが、
コーヒー豆をモチーフにしたこのカエルのキャラクターが超かわいい!
R0012866.jpg

マグカップやキャニスター缶など、
このカエルのキャラクターをモチーフにしたグッズもたくさん。
R0012875.jpg

コーヒー豆が入っていた麻袋をリメイクしたバッグもありました。
裏地がストライプのものもあり、
シンプルながらもオシャレな作りになっています。
R0012876.jpg

また、テーブルの上にはTERA COFFEEオリジナルのニュースペーパーが!
R0012900.jpg
(上の写真は自宅で撮影。最新号は豆を買い物すると付いてきます)

キュートなデザインが目を引きます。
たくさんの写真を使いながら、豆の仕入先である農園が紹介されていました。
読み応え十分。

徹底的にこだわった豆の仕入れ、保管、焙煎、
深煎りに重きを置いたほかにはなかなかない豆のラインナップ、
自家製の絶品スイーツ、
キュートなグッズ&ニュースペーパー、
さすが横浜が誇るコーヒー豆屋「TERA COFFEE」さんです。

またお邪魔しようと思います。

●店名
「TERA COFFEE and ROASTER(テラコーヒーアンドロースター) 大倉山店」

●住所
横浜市港北区大倉山1-3-20

●営業時間
10:00~20:00

●休み
月曜

●アクセス
東急東横線大倉山駅B1出口より徒歩1分

【東京/吉祥寺】イスはぜ~んぶハンモック! カフェ「マヒカマノ」さん

晴れた日の昼下がり、リラックスしたい。リラックスしたい。

ゆっくりしたい。心地よく眠りたい。

そんな人には吉祥寺にあるカフェ「マヒカマノ」さんがオススメ。
R0012763.jpg
「マヒカマノ」さんはなんとすべての席がハンモックなのです。

こちらが外観写真。
R0012766.jpg

入り口にはハンモックが。
R0012761.jpg
こんな風に店内のいたるところにハンモックが垂れ下がっています。
(店内は撮影禁止なので文字情報のみでお届け)

内装は白を基調としており、落ちついた雰囲気。

カウンターエリアと靴を脱いで上がるフローリングエリアの2エリアに分かれます。

フローリングエリアにあるテーブルの周りにはいちおう座布団も用意されています。

が、みんなその上からぶら下がっているハンモックに身をゆだねて~、

ブラ~ン、ブラ~ン。

ブラ~ン、ブラ~ンってゆれています。

私はひとりだったのでカウンター席でした。

カウンター席なのにハンモックってなんか不思議な感じ。

注文させていただいたのはカフェ・モカ680円。

飲もうとしたのですが、

こ、これは…。

ハンモックに座りながらだと、すごく飲みにくいです(笑)。

なんか思わず笑ってしまうくらい。

慣れれば、いけるのかな(笑)。

でもなんか楽しいです。ゆらゆらゆれゆれ。

カウンターエリアのほかの人たちも自分と同じようにゆらゆらゆれゆれ。

あまりにも気持ちよくて寝そうだー・・・と思っていたら、

ほんとにとなりの席の人は寝てしまいました。

すごい。

これがハンモック効果。



買い物や動物園など、

吉祥寺めぐりで疲れたときは、ハンモックでリラ~ックスしてみてはどうですか?


●店名
マヒカマノ

●住所
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-1 サンパレス1F

●営業時間
月~土12:00~22:00(LO21:00)、
日12:00~20:00(LO19:15)

●休み
不定

●アクセス
吉祥寺駅より徒歩5分

【東京/吉祥寺】超絶かわいい! タカやフクロウたちと会えるカフェ「鷹匠茶屋」さん

「鷹匠茶屋」さんに行ってきました!

「鷹匠茶屋」は2011年5月にオープンした「猛禽(もうきん)類」たちと会えるカフェ。
オーナーは鷹をこよなく愛する本物の鷹匠さんです。

吉祥寺駅から井の頭公園を抜けて約15分から20分くらい歩いたところにあります。
R0012736.jpg
店頭に鷹の置物があるのでわかりやすいですね。

店内は古きよき喫茶店といった趣。
正面に見える小部屋で猛禽類たちが飼われています。
R0012720.jpg

フラッシュをたかなければ撮影はOKということで、
ありがたくパシャパシャと撮らせていただきました。

たそがれ三兄弟。
R0012715.jpg

窓に張ってある注意書きを読んでいる?鷹先輩。
R0012729.jpg

トラックをただただ見つめる鷹先輩。
R0012727.jpg

キリッ!
R0012731.jpg

毛づくろいブラザーズ。
R0012718.jpg

たまに目が合うシリーズ①
R0012725.jpg

たまに目が合うシリーズ②
R0012726.jpg

いやー思った以上に近い!
そしてかわいい!

フクロウの雛も2羽いたのですが(撮影禁止)、
とんでもなくかわいかったです。

目がクリックリしていて、
こちらを不思議そうに見つめてきて、
もう胸がキュンキュンしてしまいました。

2羽がじゃれ合う姿は悶絶もの・・・。

また、壁に鷹が描かれたお皿が飾られていたり、
R0012721.jpg

鷹に関するさまざまな書籍を自由に読むことができたり、
置物をはじめとするいろいろな鷹グッズを買うことができたりと、
小屋以外にも楽しみどころはたくさんあります。

席から猛禽類たちを眺めていると注文させていただいた「はりすカレー」が到着。
こちらは単品だと800円。
アイスかホットのコーヒーか紅茶、
いずれかひとつがセットになったランチセットだと950円です。
R0012722.jpg
カレーはスープカレー風。とろみもあります。
やや酸味があるフルーティなルーと甘くコク深いビーフとタマネギがベストマッチ。
そしてとにかくボリューミー!
これでコーヒー付きとはコストパフォーマンス高いですね。

猛禽類好きでなくても、
彼らのかわいさは万人につたわるものだと思います。
私もまさかここまでかわいいとは思っていませんでした・・・。

みなさまもぜひ「鷹匠茶屋」へ。
癒されますよ。とっても。

●店名
鷹匠茶屋

●住所
東京都三鷹市下連雀1-11-8

●営業時間
11:00~19:00

●休み
月火

●アクセス
吉祥寺駅より徒歩15分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。