カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/尾山台】最高峰のバリスタと世界中のコーヒー豆がそろう名店中の名店、「丸山珈琲」さん

いきなりクイズです。

ことし10月に開催された大会
「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ」、
「ジャパン サイフォニスト チャンピオンシップ」、
この両大会でチャンピオンに輝いたのはどちらのお店のバリスタさんでしょうか?

答えは「丸山珈琲」さん。

「丸山珈琲」さんは1991年に軽井沢で創業して以来、
たくさんのコーヒーファンに親しまれている名店です。

創業者の丸山健太郎さんは、
コーヒー生産国の品評会に招待される国際審査員であり、
豆の買い付けのために年間150日近くを海外で飛びまわっています。

そんな丸山さんみずからが厳選し、
直接買い付けた世界各地の高品質コーヒーは、
多くのコーヒーファンを虜にしています。

ちょっと前置きが長くなりましたね。

とにかく最高峰のバリスタとコーヒー豆がそろうお店なのです。

今回お邪魔したのはそんな「丸山珈琲」さんの東京で唯一の店舗、尾山台店。
R0013678.jpg

駅前の上品な商店街、尾山台ハッピーロード沿いにあります。
R0013674.jpg
14時ごろ入店しましたが、
店内は多くのコーヒー好きのお客さまでいっぱい。

そんなコーヒー好きたちと話をし、
注文を取り、コーヒーをふるまうバリスタさん。


バリスタは魅せるのも仕事といいますが、
ほんとにその通りでみなさん所作がエレガント。

すてきな笑顔で注文をかがみながら取る姿、
コーヒーを抽出する姿、
見ていてうっとりしてしまいます。


コーヒー通のお客さんの質問に丁寧に答える姿も印象的でした。


「このコーヒーと、これとはまったく逆のタイプのコーヒーをお願いします」
というお客さまがいらっしゃって、
具体的な味のイメージを伝えながら、
笑顔で丁寧にこたえるバリスタさんの接客力に脱帽しました。


私が注文したのはこちらの「尾山台ブレンド」(650円)。
抽出方法はフレンチプレス。
カップのコーヒーに加え、もう一杯分のコーヒーが抽出機の中にのこっています。
R0013657.jpg
深煎りのコーヒーで、チョコレートのような甘い香りが漂うコク深い味わい。

えぐい苦味はまったくなく、まるくやわらかな口あたりで、後味もすっきり。
超タイプの味。

フレンチプレスで抽出しているのにオイリーな感じはあまりなかったな。
不思議。


ほかにもオリジナルブレンドからシングルオリジンまで、
20種類以上のさまざまなコーヒーがそろっていました。


そして、そのひとつひとつのコーヒーには丁寧な説明書きが。

説明書きは抽象的な表現はあまりなく、
果物や調味料など具体的な味があげられていて、
どんな味かイメージしやすくなっています。

しっかり読んでから飲んで、
「あ、確かにオレンジの味がする!」「ストロベリーの味が! ナッツの味が!」などと、
説明に書かれている味を確かめるのも楽しいかもしれません。


コーヒーのおともにスイーツをと思い、
バリスタさんに「オススメのスイーツなにかありますか?」と伺うと、
こちらの「モンブラン」(580円)が一番人気とのこと。
R0013659.jpg
う~ん、なんておいしそう。

こちらがフォークで切った断面図。
R0013663.jpg
アーモンドクリームを詰めて焼き上げたタルト、
その上に重厚なマロンクリーム、
その上に軽くエアリーなマロンクリームという3段重ね。
R0013667.jpg
シンプルながらも力強い甘みを持つ1番下段のタルトと、
ねっとり濃厚な甘みを持つ2段目にあるマロンクリーム、
そんなガチガチのスイーツバトルを、
1番上段のマロンクリームがやわらかに仕上げています。

やっぱり濃厚なスイーツには深煎りのコーヒーが合います。
ということでもう一杯。


自分で注ぎます。
R0013669.jpg
ほんとおいしい。何杯でも飲めちゃいます。

コーヒーメーカーでスピーディに抽出する、
テイクアウトコーヒーもありました。
R0013672.jpg
お急ぎの方にはうれしいサービスですね。

店内価格より100円引きで、バリスタさんが抽出したコーヒーもテイクアウト可能です。


実力十分のバリスタと、
世界各国から仕入れた上質な豆がそろう、
コーヒー店の名店、丸山珈琲。

まだ行かれたことがない方は、ぜひ。

●店名
丸山珈琲 尾山台店

●住所
世田谷区等々力2-18-15

●営業時間
10:00~21:00

●休み
不定

●アクセス
尾山台駅より徒歩1分


スポンサーサイト

【東京/方南町】まるで友人の家に遊びにきたかのような居心地のよさ、「Blueleaf coffee」

先月(2013年10月)、
東京は方南町駅近くにオープンしたカフェ「Blueleaf coffee」さんに行ってきました。
R0013483.jpg
店名通り「青」を基調とした清涼感のある外装、内装が目を引きます。

テラス席。
R0013489.jpg

ソファー席。
R0013456.jpg
こちらのカフェはショーケースとしても機能しており、
このソファーは販売しているそうです。


メニューはいまのところコーヒーのみ。
2~3種類以上の豆を用意。
ランクはすべてスペシャルティ以上。


コーヒーを淹れる紙コップには「Blueleaf coffee」の文字が。
マスターがスタンプされているそうです。
R0013434.jpg
きれい。

無地のまっしろのカップがみごとにオシャレカップに変身。

さらには、
R0013438.jpg
ドリップ台も。

なんとこれもマスターの手作り。

センスと少しの手間でこんなにもオシャレな器具を作ることができるのかと感心しちゃいます。
R0013441.jpg
スリーブにもスタンプが。茶に青もなかなかよいですね。

コーヒーはマスターが一杯一杯、ていねいにハンドドリップしてくれます。
R0013467.jpg
この日のコーヒーはパカマラ。
酸味、甘み、苦味のバランスがよくとれていて、とてもおいしかったです。


上質なコーヒー、
小粋で落ち着いた内装、
まるで友人の家に遊びにきたかのような居心地のよさを感じることができるカフェ、Blueleaf coffee。

マスターがとても気さくな方で話し上手なので、
ひとりでお邪魔したのについつい長居しちゃいました。

●店名
Blueleaf coffee

●住所
東京都杉並区方南1-53-2 方南ビル1F

●営業時間
10:00~21:00

●休み
水曜

●アクセス
方南町駅より徒歩5分

【東京/原宿】質の違う甘みと酸味がベストマッチ! イタリアンレストラン「yao」でフルーツ盛りだくさんのパンケーキを食べてきた!

原宿は明治神宮前にあるイタリアンレストラン&カフェ「yao」さんに行ってきました。
お目当てはパンケーキ。


明治神宮前駅から明治通りを新宿方面へ進み約10分のところにあります。
IMG_0939.jpg

店前にはパンケーキの看板が。
上手というかおいしそうな絵ですね。スタッフさんが描いたものでしょうか。
IMG_0943.jpg
ソースのたれ具合、フルーツの色合いがステキ。

入り口すぐ右手にはこんなものが。
IMG_0936.jpg
店名のミニクッション。キュートです。

デザイナーズマンションを改装しただけあり、
店内はとーってもオシャレな雰囲気。
IMG_0911.jpg

ソファー席もあります。
IMG_0913.jpg

セットドリンクはエスプレッソ、アイスorホットコーヒー、アイスorホットティーから300円で選べます。
こちらはアイスコーヒー。
R0013364.jpg
深煎りでガツンとくる味。
甘い物にピッタリ。

パンケーキ用のナイフやフォークも到着。
IMG_0921.jpg
きっちり2人前。パンケーキは2人で食べるものだと再確認・・・。

そしてそしてパンケーキ到着。
どーん。
R0013366.jpg
パンケーキの雪化粧や。

後ろからも撮影。
IMG_0928.jpg
パンケーキが常夏や。トロピカールや。

フレッシュな甘みが魅力のキャラメリゼされたパイナップル&マンゴー、
濃厚な甘みを持つ冷たいアイス、
さわやかな甘みの後に少しだけやわらかな酸味が残るレモンカード、
甘さ控えめだけどコク深い生クリーム。


質の違う甘みと酸味が絶妙に絡み合います。


接近して撮影。
IMG_0933.jpg
ソースがじんわりと染みこんでいます。

パンケーキはふわふわかつしっとり。
ほどよい甘さ。
エアリーでソースやアイスがばっちり染みこんでいます。


パンケーキ、ソース、フルーツ、
それぞれが持ち味を最大限に引き出しあっているみごとな一品でした。


雰囲気もよく、
イタリアンメニュー&ワインも豊富なので、
夜にお邪魔しても楽しそうです。


●店名
yao (ヤオ)

●住所
東京都渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ1F

●営業時間
月~金11:30~24:00
土12:00~24:00(フードLO22:30、ドリンクLO23:30)
日12:00~23:00(フードLO22:00、 ドリンクLO22:30)

●休み
なし

●アクセス
原宿駅竹下口より徒歩7分、明治神宮前駅出口5より徒歩7分

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。