カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/立石】自動販売機でハンバーガーが買える!? 摩訶不思議なバーガー屋「立石バーガー」に行ってきました!

みなさん、「立石バーガー」さんってご存知ですか?
僕はまったく知りませんでした。

「立石におもしろいハンバーガー屋さんがあるから行ってみたら?」
外回りをしていたら、上長からそんな指令が。

スマホで調べるとハンバーガーの自動販売機(以下、自販機)があるという情報がズラズラっと出てきました。
き、気になる・・・。

とにかく「立石バーガー」さんのある堀切菖蒲園駅へ。

駅に着き、お店へ向かってテクテク歩いていくと、
いきなり道端にイスが。
IMG_2107.jpg
なにやら不思議な雰囲気の街です。

クローバー商店街を抜け、
IMG_2101.jpg

ラッキー通りへ。
IMG_2111.jpg

ありました! 「立石バーガー」。
R0014069.jpg


ん、扉の左に“立石バーガー自動販売機”と書かれた郵便受けのようなものが。
R0014068.jpg

R0014009.jpg
右上に“100円”と書かれたお金を入れる場所が。
これはもう100円入れるしかないでしょう。
[広告] VPS

出てきた。
なにこれ。すごい。

そのとなりには“自販機 手わたし”とあります。
R0014040.jpg
150円入れてみます。

手わたしということだったので、
扉から店主さんが出てきて手で渡してくれるのかなと思いきや、
[広告] VPS

すごい。なにかとてつもないものの片鱗を味わっているようです。

その上には、
“ロイヤル立石バーガー”とあります。
R0014043.jpg
特になにも書いてないので普通に出てくるのかと思いきや、
[広告] VPS

まさかのソングつき。

そのとなりには“気球的自販機”が!
硬貨を入れる穴の上には“チキンママレード”とあります。
どんな味がするのでしょうか。
R0014017.jpg
とにかく150円をイン。
[広告] VPS

ゆっくりと落ちてくるところが気球っぽいのかな。

お店の右へ回ると“ジャンピング食パン機”なるものがありました。
食パン一斤300円。

いざチャレンジ。
[広告] VPS

パンがジャンピング!!!!
あっという間のできごと!!!!
キャッチできない!!!!
R0014013.jpg

R0014014.jpg
なんだかせつない。

多彩な自販機の衝撃冷めやらぬまま店内へ。

扉を開けると店主が優しい笑顔でひとこと、
「食パン切りましょうか?」
私が自販機で食パンを買ったことをわかってるんだ!と不思議に思い、
そのからくりを聞いてみました。

まず、店主は自販機にお金が入ったのを音で確認。
その後、正しい金額が投入されているのかを目で確認し、
手動でカウンター横にある紐を引き、
各自販機のパンを取り出し口に落としているのだそう。

壁を隔ててそんな風に店主とつながっていたことに感動・・・。
新しいコミュニケーションの形だ・・・。

さっそく自販機で買ったバーガーを店内で食べることに。
店内には5席ほどの簡単なイートインスペースがあります。

いちばん初めに買った「立石バーガー」(100円)。
R0014039.jpg
バンズがサクサクです。
クセになる食感。

5個に1個アタリがあって、アタリがでるともう1個もらえます。

お次は“自販機 手わたし”の「串カツバーガー」(150円)。
R0014074.jpg
串の必要性について考えさせられます。

“気球的自販機”から出てきた「チキンママレード」(150円)。
R0014021.jpg
ハンバーガーにおけるマヨネーズの役割りを、
ママレードが担っている感じ。
なかなかイケます。

お次は買うと歌が流れる自販機から出てきた「ロイヤル立石バーガー」(300円)。

バーガー袋がかわいい。
これだけ絵柄つき。
R0014045.jpg

R0014047.jpg
トマトやレタスなど、野菜がたっぷり。
肉も厚く、ほかのハンバーガーよりジューシーです。
さすがロイヤル。
ロイヤルなおいしさでした。

というかこれらのハンバーガー、
実は店内でも買えます!

はい、ショーケースどーん!
R0014048.jpg

自販機では買えないバーガーもちらほら。
R0014049.jpg

これが気になりました。
R0014050.jpg
「そんなバナナバーガー」(100円)。

そんな・・・バナナ・・・。
バナナの甘みと肉のうま味のダブルパンチ。
濃厚な味わい。

ハンバーガーを温めることができる電子レンジもありました。
R0014023.jpg
強く閉める。うむ。

店内ではハンバーガー以外にもいろいろなメニューを注文できます。
R0014028.jpg

コーヒーを注文。
深煎りでガツンとくる味。
R0014027.jpg
ゆっくり時間をかけてハンドドリップで抽出。
クオリティ高いです。

それもそのはず、
店主に話を聞いたら、
こちらのお店をオープンする前は10年ほど普通のカフェを営業されていて、
そこでもコーヒーを提供していたそう。

なぜこのお店をオープンする時に自販機をはじめたのか、その理由を聞くと、
「余興というかなんというか・・・、
もともと工作が好きだったわけでもないんですけどねえ(笑)。
でも、そうやってみなさんが楽しそうにしてくれるのはよかったですね」とおっしゃっていました。

ほかにも変わった仕掛けがたくさんありました。

たとえば「録音権」システム。

500円払えば、このテープレコーダーに自分の歌を録音し、
店内で流すことができるそうです。
R0014025.jpg

「メニュー権」「店長権」なんてのもありました。
権利
メニュー権は、
自分が考案したメニューを1か月間店内で販売できる権利で、購入に5,000円が必要。
店長権は1日店長を務めることができる権利で購入に10,000円が必要。

また、店内ではハンバーガー屋さんらしからぬ、いろいろなものが販売されています。

「ホラーマスク」、
R0014030.jpg

「パソコン」、
R0014032.jpg

売りものではありませんが、
店主が作った伝言ボードなんてのもあります。

お客さんが“助けてほしい”と思っていることを書いてもらうために作った「助けてボード」や、
お客さんが“やめてほしい”と思っていることを書いてもらうために作った「やめてくれボード」。
R0014056.jpg

R0014057.jpg

さすが立石バーガーの店主発案と思わせるユニークなボードなのですが、
立石バーガーはパワースポットだ!とのうわさが立ち、
お客さんはなぜか自分たちの“願いごと”を書くように(笑)。
※ペンと紙は無料で借りることができます。紙をボードに貼るのも無料です

そして、店主がみんなの願いが叶うようにと神社を作成。
R0014067.jpg
店主の人柄が伝わってきます。

お客さんに楽しんでもらうために作られたたくさんの仕掛け、
激安でありながら愉快でおいしいハンバーガー、
笑顔とトークがすてきな優しい店主、
また来たい!
ぜったい来たい!
そう強く思いました。

●店名
立石バーガー

●住所
東京都葛飾区堀切3-17-15

●営業時間
11:30~21:00

●休み
不定

●アクセス
堀切菖蒲園駅より徒歩7分




スポンサーサイト

【東京/秋葉原】「OBSCURA COFFEE ROASTERS」が秋葉原に進出!

三軒茶屋に拠点を構える「OBSCURA COFFEE ROASTERS」さんが、
新たにコーヒースタンドをオープン。
なんとその場所は、日本が誇る電脳都市・アキハバラ!

店舗は、「mAAch ecute(マーチエキュート) 神田万世橋」内にあります。
R0013680.jpg

ことし9月に開業した「mAAch ecute(マーチエキュート) 神田万世橋」は、
旧万世橋駅のホームや階段、高架橋などを再利用した商業施設で、
飲食店、雑貨店など、全11ショップが入っています。
R0013681.jpg

「OBSCURA COFFEE ROASTERS」さんは、
この赤レンガ造りの高架橋の下にあると聞いたのだけれど・・・、
R0013682.jpg

おっ、ありました! 「OBSCURA COFFEE ROASTERS」さん!
R0013705.jpg

私が訪問したのは19時ごろ。
店内にいるお客さんは女性が中心。
R0013702.jpg
店の前を通る女性たちも、
「あっなんかよさそうなお店がある」といった顔をしながら、
のぞきこむようにお店を見ていました。

コーヒー豆はシングルオリジンが中心のラインナップですが、
「フルーツブレンド」や「万世橋ブレンド」などブレンドものも。
R0013684.jpg

使用しているエスプレッソマシンのメーカーは「SYNESSO(シネッソ)」。
R0013698.jpg

カウンター正面には棚があって、
メイソンジャーをトラベルマグに変えるゴムのリッドや皮のカップスリーブ、
コーヒー豆やギフトボックスなどが陳列されていました。
R0013686.jpg

試飲用のコーヒーも用意されています。
R0013696.jpg
この日はブラジルのコーヒー。

チョコレートを販売していました。試食も可能。
R0013687.jpg
2種類の形状があります。

ひとつはジャー(瓶の容器)に入ったタブレット状のもの。
小分けにされているので食べやすいです。
R0013693.jpg

もうひとつはバー状のもの。
コンパクトなサイズなので、持ち運びに便利。
包装紙がオシャレなので胸ポケットに入れて、チラ見せするのもいいかもしれません。
R0013692.jpg
味はというと、とってもコク深い。
深煎りのコーヒーにピッタリな大人の味わいです。

こちらは店内の壁。
R0013688.jpg
「なぜ、三軒茶屋の次に進出するエリアとして、ここ秋葉原を選んだのですか?」と
スタッフの方に伺ったところ、
こちらのレンガ造りの壁をオーナーたちが気に入ったからということでした。
たしかに風情があっていいですねえ。

「OBSCURA COFFEE ROASTERS」をテーマにしたイラストも飾られていました。
R0013695.jpg

ポストカードもあります。
R0013699.jpg

表にはちょっとした座席があります。
R0013708.jpg

「万世橋ブレンド」のドリップコーヒー(350円)を注文してここでいただくことに。
R0013715.jpg
スタンプのかすれ具合がいい感じ。
ビンテージもののジーンズのような風合いです。

重厚な苦味とコクが楽しめる深煎りコーヒーでした。
赤ワインのような香りが◎。

コーヒーのお供に「ビスコッティ」(150円)も購入。
R0013712.jpg
クッキーのカリッカリの食感、レーズンのプニップニの食感、
対照的な2つの食感が楽しめる1本。

レーズンの酸味が強いので浅煎りのコーヒーのほうが合うかも。

おみやげに「チョコレートバー」(1,100円)を買ったのですが、
せっかくなのでギフト用の紙袋(150円)に入れてもらうことに。
R0014082.jpg
なんと金刷りの紙袋。高級感がハンパない。

世界地図が描かれていて、日本列島には「Café Obscura」とあります。
R0014085.jpg
マットな風合いが上品さを演出。金色なのにいやらしさがありません。

チョコレートバーは発泡シートに包まれており、
シートは金色のシールでとめられています。
R0014090.jpg
点字で「OBSCURA COFFEE ROASTERS」とあります。
細部にまで徹底的にこだわっていますね。

上質でセンスのよいものを、妥協なく追求し、提供していく。
そんな姿勢、そんなブランドイメージが包材からも伝わってきます。

きっと秋葉原でも成功するのだろうな。そう確信しました。

●店名
OBSCURA COFFEE ROASTERS mAAch 神田万世橋店

●住所
東京都千代田区神田須田町1-25-4 mAAch 神田万世橋 1F

●営業時間
月~土11:00~21:00 、日11:00~20:00

●休み
なし

●アクセス
秋葉原駅より徒歩7分

【東京/学芸大学】ユニークなアイデアがつまったカフェ「EMPORIO cafe dining」さん。アサイーボウルにも注目です。

学芸大学駅近くにあるカフェ「EMPORIO cafe dining 駒沢通り学芸大学店(※以下、EMPORIO cafe dining)」さんに行ってきました。
R0013995.jpg

駅前の西口商店街を抜けたところにあります。
R0013992.jpg

駒沢通りにぶつかってすぐです。
R0013985.jpg
1階と2階がカフェで、
3階はレンタルスペース、
4階はカフェとレンタルスペースを運営するデザイン会社「not for sales Inc.」さんのオフィスです。

1階のカフェにはテラス席もあります。
R0013983.jpg

こちらがエントランス。
R0013978.jpg

1階はこんな感じです。
R0013960.jpg

本日は2階へ。こちらのカフェは2階のみチャージ代を50円取ります。
R0013955.jpg
なぜ、チャージ代として50円を取るのか?

一般的な飲食店のメニュー代は「原価+家賃+光熱費+人件費」。
つまり、原価に“飲食店という空間を使用する代金”、つまり“場所代”がのります。

しかし、そうなるとメニューを注文するごとにこの“場所代”がのることになります。

お客さんとフェアな関係を築きたいと考えた「not for sales Inc.」さんは、
“場所代”ははじめのチャージ代50円のみとし、
メニュー代には“空間使用料”はのせないことにしたそうです。
おもしろい考え方、試みですね。

ということで2階へGO。
R0013845.jpg

こちらが2階席。ほぼソファー席です。
R0013824.jpg

このライトスタンドかわいい。
R0013821.jpg
店内の家具や雑貨はすべて販売しており、ショールームとしても機能しています。

この缶ケースもいいですね。
R0013839.jpg
さすがデザイン会社さんが運営しているカフェ。すてきな雑貨がそろっています。

こちらはメニュー表。「not for sales Inc.」さんが制作したものです。
R0013948.jpg

中身はこんな感じ。
R0013921.jpg

フォトアルバムをメニュー表にアレンジしています。
R0013919.jpg
見やすいし、オシャレ。
フォトアルバムにこんな使い方があったとは。
ステキなアイデア。

1枚分の写真の枠に、1食分のメニュー写真が説明書きとともに入っています。
R0013900.jpg
これならメニュー表の変更も簡単。
該当メニューを入れ替えるだけで、メニュー表をまるまる作り変える必要がありません。

こちらは呼び鈴です。このアナログ感いいですね。
R0013922.jpg

呼び鈴を鳴らしてスタッフさんを呼びドリンクを注文。
頼んだのはスタッフさんオススメの「アサイージュース」(560円)です。
R0013858.jpg
キレのある酸味が◎。

フードも注文。
オムライスにチーズとミネストローネスープをオンした「ミネストローネオム」(1080円)。
R0013925.jpg

ミネストローネスープの酸味をチーズがマイルドに仕上げます。
R0013945.jpg

腹ペコだったのでもうひとつフードを注文。
「茶そばのペペロンチーノ」(900円)。
R0013873.jpg
麺はパスタではなく茶蕎麦。
ソースはぺペロンチーノソース。
和洋折衷です。

ぺペロンチーノソースの辛みとタマネギ&カイワレの辛みがあいまって、
なかなか刺激的な味わいです。
R0013888.jpg

テイクアウト用に「冷凍アサイーボウル」(690円)も注文。
R0013903.jpg
アサイーをミキサーにかけ、
スムージー状にし、
その上にシリアルやフルーツをトッピング。
そして冷凍。

自然解凍(常温)で30~40分、
電子レンジだったら20~30秒、
アサイーがアイスクリーム状になったら食べごろです。
すぐに食べなければ冷凍庫で保存可能です。

季節によって変わるかもしれませんが、
この日はバナナやマンゴー、ベリーなどがトッピングされていました。
R0013915.jpg
アサイーって酸味が強いイメージがありますが、
これはマイルドな味わい。
ミルクチョコレートのような心地よい甘みを楽しめます。
口当たりもとってもなめらか。
これはおいしい。

何がどれくらい入っているかは公開していませんが、
オリジナルレシピで作っているとのことです。
おいしさは企業秘密。

また、容器に縦に長いプラスチックカップを使用しているため、
アサイー、その他のフルーツ、シリアルの各層が厚く、
スプーンで奥から救い上げれば、
それぞれを均等にすくうことができます。
とても簡単に。
パフェ容器と同じ原理ですね。

このアサイーボウルをフィーチャーしたカフェスタンド「EMPORIO EXPRESS」もオープンしています。
昨年11月に大阪・日本橋、12月に東京・代官山の計2店。

システムから内装、メニュー、その容器まで、
いたるところにおもしろいアイデアが詰まっている「EMPORIO cafe dining」さん。

またお邪魔したいと思います。

●店名
EMPORIO cafe dining

●住所
東京都目黒区鷹番3-24-15

●営業時間
月~日・祝11:30~24:30
※ランチ月~金 11:30~15:00
土、日、祝 11:30~14:00

●休み
不定

●アクセス
東急東横線学芸大学駅西口より徒歩5分




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。