カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/代官山】話題の抽出機“Steampunk”を導入! 「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を開始。

以前、このブログでも紹介した、代官山に拠点を構える焙煎コーヒー豆のセレクトショップ「THE COFFEESHOP」が自家焙煎を始めました!

※以前の記事はこちら
http://ecafesupply.blog.fc2.com/blog-entry-27.html

ということで、その焙煎所兼ショップとなる「THE COFFEESHOP ROAST WORKS」に行ってきました。
最寄り駅は駒場東大前。
R0014318.jpg

内観。メタリックな要素とウッディな要素がみごとに融合しています。
R0014316.jpg

代官山の店舗と同じく、カウンターにはコーヒーのお好み診断ができるiPad、注文金額などが表示されるiPod touchを設置。
R0014252.jpg

目を下ろすと、その日に飲める豆がディスプレイされています。
R0014255.jpg

焙煎機はPROBATONE(プロバット)12kgを使用。
R0014257.jpg
ペインター・MHAK氏によるオリジナルペイントが施されています。

抽出機はSteampunk(スチームパンク)。
日本で稼働しているSteampunkはROAST WORKSのみ。
R0014260.jpg
抽出原理はサイフォンとほぼ同じですが、サイフォンより抽出時のコーヒーの撹拌が安定していて、抽出温度の設定幅も広いそうです。

スタッフさんいわく機械のサイフォン。

その機械のサイフォンでコーヒーを抽出すると、どのような質感になるのでしょうか?

たとえるなら「ペーパーフィルターでドリップしたコーヒーのようなスッキリ感があるのに、金属フィルターで抽出したようなフレーバーや質感がある」とムラサワさん。

注文したのは日替わりの「Today's coffee」(¥280)。この日はエチオピアのイルガチェフェにある生産処理場、コカーナ・ステーションから届いたもの。
R0014263.jpg
ピーチやベリーのような酸味、ハチミツのような甘味が楽しめます。

コーヒーのお共にシナモン香る「BANANA BREAD」(1カット、180円)を注文。
R0014279.jpg
生バナナ、レーズン、ナッツが入っています。

こちらはフレンチプレスで抽出した2種のスペシャルティコーヒーを使用したゼリー「CAFEPRESSO JELLY」(680円)。
R0014288.jpg
シロップは深いコクのカラメルシロップか、ほんのりラムが香るミルクシロップを選べます。
写真はカラメルシロップ。

ゼリーは苦味とコクを感じさせつつも、シトラスのような酸味もありスッキリとした味わい。
対照的に濃厚な甘味を持つカラメルシロップとよく合います。

こちらは鎌倉の人気アイスャンディ屋さん「イグル氷菓」とのコラボで生まれたスペシャルティコーヒージェラート。
R0014294.jpg

エチオピアのイルガチェフェの豆を使用した「Bitter」、グアテマラのラ・ブレアの豆を使用した「Mellow」の2種類があり(各596円)、今回は「Mellow」を注文。
R0014310.jpg
口当たりはきめ細かくシルキー。
ミルクの舌を包み込むようなおだやかな甘味、甘味が薄れたころに顔を出すコーヒーの苦味、そのコントラストがたまりません。

こちらは「DRIP BAG」(162円)。
マグカップにセットし、お湯を注ぐだけでコーヒーを楽しめます。
R0014314.jpg

また、店舗ではパブリックカッピングも定期的に行っています。
開催日時は、「毎週土曜日 13時〜」。

焙煎もはじめ、抽出機も増え、どんどん進化していく「THE COFFEESHOP」。
これからも目が離せません。

●店名
THE COFFEESHOP ROAST WORKS

●住所
東京都渋谷区富ヶ谷2-22-12

●営業時間
9:00-19:00

●休み
なし

●アクセス
駒場東大前駅より徒歩13分

● ブログ
http://blog.thecoffeeshop.jp/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。