カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神奈川/鎌倉】コーヒー豆を原料とするモカソフトクリームを味わえる喫茶店「ミカド珈琲 鎌倉店」さんにお邪魔しました

またまた大好きな場所、神奈川は鎌倉にやってきました。
IMG_5125.jpg
↑鎌倉駅構内にあるミニ大仏。かわいい。

今回お邪魔したのは「ミカド珈琲 鎌倉店」さん。
IMG_5268.jpg
↑小町通沿いにあります

IMG_5099.jpg
↑ブラジル風の看板。かわいい。

IMG_5267.jpg
↑茶色と白を基調としたリゾート感あふれる外観。

IMG_5102.jpg
↑店内は昭和の香りを色濃くのこす落ち着いた雰囲気。

IMG_5118.jpg
↑壁には竹久夢二の絵が。販売もしているそうです。

お目当ては昭和44年に発売された大人気メニュー「モカソフト」。
コーヒーを原料としたミルクソフトクリームです。

ジョン・レノンとオノ・ヨーコさんは「ミカド珈琲」さんの本店となる軽井沢店の常連で、
よくこの「モカソフト」を食べながら軽井沢を散策したそう。

というわけでグラスにモカソフトクリームが入った「モカソフト・グラス」(420円)をさっそく注文。

まずは正面からパシャリ。
IMG_5106.jpg

続いて上からパシャリ。
IMG_5109.jpg
はじめはさわやかでありながらコク深いミルクソフトクリームといった味わい。
コーヒーが入っているので口当たりはやや粉っぽいのかなと思いきや、
とってもなめらか。

口の中でゆっくりと溶けていくのですが、
溶けていくにしたがってコーヒーの味が鮮明になっていきます。
アイスクリームが溶けるころには口いっぱいにコーヒーの香りと味が広がります。
なにこれ、おもしろい。

原材料となる豆はブラジル産のオールドビーンズ。
軽井沢の水で抽出されているそうです。

右の黒いかたまりはプルーン。
プルーンは各店の店長さんの自家製とのこと。

重量感のある酸味が特徴なので、
さわやかなソフトクリームと交互に食べると飽きがこなくていいかも。

ソフトクリームだけじゃお腹がいっぱいにならないので、
冬季限定メニュー「小倉ラテ」(650円、具体的にいつまで販売するかは未定とのことでした)と
「ベイクドチーズケーキ」(450円)を頼みました。

IMG_5111.jpg
まずは「小倉ラテ」。

まろやかで甘くやさしい味わいのラテに、刻んだアズキが振りかけられています。
ほんのりとおしるこのような上品な和の甘みがするのが特徴。

しかし、飲むにしたがってその上品な和の甘みの濃度が増していきます。
なんでだろうと思ったら、カップのそこにもアズキがたっぷり沈んでいました。

はじめから濃厚なおしるこテイストのラテが飲みたければ、
すぐにかき混ぜてしまうのがいいかもしれません。

逆に、
はじめはラテそのものの味を堪能し、
洋から和へと変化していく味のグラデーションを楽しみたければそのまま飲むのがオススメです。

続いて「チーズケーキ」。
IMG_5117.jpg
濃厚!
ギュギュウにチーズが詰まっている感じです。
うま味のかたまり。

クッキー部分はサクサク系ではなくチーズ部分と同じくしっとり。
クッキーとチーズが完全に調和しています。
2つの味が違うチーズを食べているかのよう。

スタッフさんは女性が中心。
みなさま上品な笑顔でとてもスマートに対応してくれます。

居心地よかったなあ。

話は「モカソフト」に戻ります。
グラスでなくコーンで楽しむ「モカソフト・コーン」もあるのですが、
こちらは店内で食べると420円。

しかし! しかし!
テイクアウトで食べるとなんと300円なのです。

120円も安い。

テイクアウトでジョン・レノン夫妻のように街を歩きながら食べるのもいいかもしれませんね。

こちらがテイクアウト用の売り場。
IMG_5120.jpg
売り場前にはテーブルとイスがいくつかあるので、
そこで座って食べることも可能。

冬はちょっと寒いかもしれませんが、
夏は最高に気持ちいいでしょうね。

●店名
ミカド珈琲 鎌倉店

●住所
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-37

●営業時間
10:00 ~18:00 ※無休

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ecafesupply.blog.fc2.com/tb.php/24-c5c64060
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。