カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBCインターナショナルさんで開催! ゲイシャも登場した土屋浩史先生のカッピングセミナーにお邪魔しました!

R0012088.jpg
コーヒー関連の器具を販売しているFBCインターナショナルさんにて行われたコーヒーセミナー、『土屋浩史先生のカッピングセミナー from seed to cup 種子からカップまで』にお邪魔しました。

生豆の輸入販売に加え、各種セミナー等で教育活動や技術指導なども行っているカフェプントコムの土屋浩史先生から、コーヒーの産地の様子、精製方法、焙煎方法などを学ぶことができました。

※セミナーの詳細はFBCさんのブログをご確認ください

FBCさんのブログ

詳しいセミナーの内容はここでは割愛させていただきますが、印象にのこったお話をメモもかねて記しておこうと思います。

○コーヒー豆の産地に買い付けにくるバリスタさんが増えてきている

○いまだにコーヒーは健康に悪いものと考える人が意外と人が多い。コーヒーは健康にいいものという事実をコーヒー業界にいる方は浸透させないといけない

○産地に買い付けに行くときは、コーヒー農園だけを見てもその豆に対するイメージはあまりわかないので観光もきちんとしている

○コーヒーを生産している人たちは賃金についてなどいろいろな不安を抱えながらやっているが、消費は順調に増えている。生産と消費のバランスがくずれてきている

などなど、現場で、そして第一線で活躍している方だからこそできる話をたくさん聞くことができました。

今回も前半はモニターを使った授業、後半はカッピングという構成でした。
(写真はカッピングの様子)

カッピングでゲイシャを数ヶ月ぶりに飲んだのですがやっぱりおいしかったー。

個性的で華がある。

土屋先生が「ゲイシャをアンジェリーナ・ジョリーと表現した人がアメリカのコーヒー関係者にいました(笑)」とおっしゃていたのに妙に納得。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ecafesupply.blog.fc2.com/tb.php/37-7d601d10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。