カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッピングセミナーのススメ

昨日からこれ以上ないくらい味覚や嗅覚が研ぎ澄まされています。
ごっちです。


カッピングセミナーに行ってきました。


カッピングって何??という方(かくいう私もそうでした)は、
ワインのテイスティングをイメージするのがいちばんわかりやすいかもしれません。
味覚や嗅覚を駆使して、コーヒーの良し悪しを総合的に判断する手段です。


行ってきたセミナーはこちら。


高品質のエスプレッソ用品を販売されているFBCインターナショナルさんが主催する
『土屋浩史先生の カッピングセミナー ~産地編 グアテマラ~』。
詳細はこちら → http://ameblo.jp/fbc-intl/entry-11353520556.html



セミナーの内容ですが、
前後半の2部構成で、
前半はプロジェクターを使ったグアテマラについての講義。


グアテマラの主要な農場や収穫されたコーヒーの実の写真など、
さまざまな写真を見ながら土屋先生のお話を聞きます。


グアテマラのコーヒーの生産地は大きく分けて8つあること、
各地域、各農園によって個性の異なるコーヒーが生産されていること、
精製方法は伝統的な水洗式を採用していることなど、
その話は実に多岐にわたりました。

そのほかいろいろな話を聞いて感じたのは、
とにかくいまグアテマラのコーヒー産業がめちゃくちゃ盛り上がっているということ。


カフェも急速に増えていて、
スターバックスさんも出店をはじめたようです。


また、バリスタを養成する学校も設立され、
「WBC(ワールドバリスタチャンピオンシップ) 2012」のチャンピオン、
Raul Rodasさんなど、優秀なバリスタさんもたくさん生み出しています。


これからもこれまでもコーヒーを語るのに絶対にはずせない国、
それがグアテマラなのです。


わかりやすい講義を聞き、
グアテマラに関するさまざまな知識を頭に入れた後はいよいよ後半戦。
そう、カッピングです。

カッピングは8種類の豆を2回にわけて行いました。

粉砕


↑1回につき4種の豆をカッピング

カッピングの工程は超簡単にまとめてしまうと以下の通り。

① 粉砕した豆の香りをチェック
② 粉砕した豆にお湯をそそぎ、その香りをまたチェック
③ アクをスプーンで掬い取り、コーヒーを軽くすくい、ズズッと音が鳴るくらい強くすすって口の中へ霧状にして吸い入れ、そのテイストをチェック
※強くすすることでコーヒーが鼻腔内の嗅覚粘膜に到達するので、どういった味と香りか判断しやすくなる

とってもシンプル、すっごく単純なのですが、
これがなかなか奥深くてオモシロいのです。


豆の香りがお湯を注ぐことによってどう変化するか、
コーヒーが冷めていく段階で味はどう変化していくかなど、
さまざまな変化を堪能できますし、

③のように多彩なコーヒーを味比べすることで、
甘み、酸味、コク、余韻など、
コーヒーの違いはどういうところに出るのかが頭の中に浮かび上がってきます。


③のコツは
一杯目は全体のテイストを感じ、
次は甘み、酸味など、何か一点に集中して感じることとのこと。


ある程度カッピングした後は、
土屋先生の解説や、
「僕はこう感じた」
「私はこう感じた」などと意見交換もします。



そうこうしているうちに、
ほんの少しずつですが、
私のような素人にもコーヒーのテイストの違いがわかってきて、
ちょっと感動。


カッピングを楽しむのは
もちろんセミナーとか教室に行ってするのがいちばんいいのですが、
こんどは自宅でもひとりでやってみようかなと。


ぜひみなさまもお試しあれ。
コーヒーだけじゃなくいろんな飲食物の味に対する感度がよくなります。


あ、あと今回セミナーに出席された方の中にもバリスタさんがいて、
その方がラテアートをセミナー後に披露してくれました。


ラテアート


こういう素敵な出会いやできごとがあるので、
また何かのコーヒーセミナー&教室にも行ってみようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ecafesupply.blog.fc2.com/tb.php/4-6636f435
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。