カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京/中野】パンケーキの次はこれ!? 新食感スイーツ・マラサダがおいしい! ディープタウン・中野の個性派カフェその①「cafe Relief」さん

もうすぐGW!
特に予定はありません。
ごっちです。

ディープタウン・中野の個性派カフェ巡りシリーズをスタートします!
3回にわたって中野の個性的なカフェをご紹介。

記念すべき第1回目は「cafe Relief」さん。
R0012432.jpg
中野富士見町駅近くにあるマンションの1階にあります。
マンションの1階ってのがもうすでにディープな感じがします。

こちらが内観。
R0012435.jpg
まるで友だちの家に遊びにきたみたいなアットホームな雰囲気。
こういったタイプのカフェを前にすると、
「一見さんお断りでは?」
「お断りとは言わないまでも、行ったところで居場所がないのでは?」
と思いがちですが、こちらのカフェはそんなことはありません。

マスターがとにかく気さくで優しい方なので、
マスターと話し込んでもよし、
ひとりでだらだらとした時間をすごすのもよしな自由な感じです。

入り口すぐ右にはロッキングチェアが。
R0012392.jpg
なんという人の家に遊びにきた感。素晴らしいです。

ロッキングチェアの隣には高級スピーカー「Bowers & Wilkins (B&W) 704」。
R0012430.jpg
自分のCDをお店に持ってきてここで聴く方もいらっしゃるそうです。

店内ではアバクロなどオーナーお気に入りのブランドの服も販売しています。
もちろん新品。
R0012394.jpg
セレクトショップ兼、カフェ。斬新です。

オーナーお気に入りのジャムやアクセサリーも販売しています。
R0012417.jpg

コーヒー豆はタイ北部チェンライ県ドイチャン村のものを使用。
R0012421.jpg
電気を使って焙煎。
触らせていただいたのですがふっくらやわらかな感触でした。
芯までムラなく火が通っている感じ。

お客さんに新鮮で上質なコーヒーを届けたいという思いから、
焙煎後3日以内の豆しか出さないのが「cafe Relief」流。

ミルはザッセンハウスのものを使用。
「デザインがとにかく好き」とオーナー。
R0012389.jpg

濃い目のコーヒーが好きな方には細かく挽き、
薄目が好きな方には粗めに挽くなど、
オーナーがお客さんの好みにあ合わせて挽き分けてくれます。
R0012400.jpg

一杯一杯、ハンドドリップで淹れてくれます。
R0012436.jpg

カップ&ソーサーはすべてウェッジウッド!
R0012441.jpg
コーヒーは500円。
ソフトな口当たり、スパイシーなコクが印象的な1杯です。
アフターテイストが独特。
最後に苦味がぶり返し、そのあとスーッと消えていきます。
まるで上質なスコッチのようでした。

こちらはオススメのお菓子、マラサダ(1個150円)。
ドーナツに砂糖をまぶしたポルトガル生まれのハワイスイーツ。
発酵時間を変えたり、揚げ時間を変えたり、
現地・ハワイの味を再現するのに約3か月かかった渾身のお菓子。
R0012408.jpg
これとってもおいしかったです。
一見、ふつうの揚げパンのように見えますが実に不思議な食感でした。
外はカリッ、中はふんわり、そのさらに奥はしっとりやわらか。
「カリッ」と「ふんわり」のコントラスト、
「ふんわり」と「しっとりやわらか」の間の食感のグラデーションがとてもおもしろいです。
あと、とにかく軽い!

人気商品なので前日までに予約が必要で、6個から予約可能。
たまに作りすぎたものを当日販売したりもしています。
今日はラッキーでした。

パンケーキ(800円、コーヒーセットは1200円)も注文。
R0012411.jpg
え、どこ? どこにパンケーキが?

でーん。ここにいます。
R0012415.jpg
これはハワイのカイルア式のパンケーキで、
パンケーキが見えなくなるほどココナッツミルクソースがかかっているのが特徴。
ふんわりとしたパンケーキと濃厚なソースが絶妙にマッチしています。

コーヒーゼリー(550円)も展開。
R0012423.jpg
シャンパングラスに入っているのがなんともシャレてます。

こちらにもココナッツクリームがたっぷり。
R0012427.jpg
オーナーの金子さん。
笑顔がなんともすてきです。

友だちの家に遊びにきたようなリラックス空間、
こだわりのスイーツ&コーヒー、
気さくで優しいマスター。

ついつい長居してしまいました。

毎月13日はワインの日として上質なワインを仕入れて販売するそうなので、
今度は夜にお邪魔してお酒をいただこうかな。

●店名
café Relief(カフェリリーフ)

●住所
東京都杉並区和田1-30-7 セザール中野富士見町105

●営業時間
10:30~22:30(LO)

●休み


●アクセス
丸ノ内線中野富士見町駅より徒歩6分

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ecafesupply.blog.fc2.com/tb.php/46-33cc773f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。