カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神奈川県/たまプラーザ】「スターバックス たまプラーザテラス店」さん主催のクイックコーヒーセミナー

またまた、スターバックスさんのセミナーに行ってきました。


今回、セミナーが実施された場所は前回と変わらず「たまプラーザテラス店」さん。

IMG_4205.jpg


でも今回は有料セミナーではなく、なんと無料セミナーです。


「たまプラーザテラス店」さんがオープンしたのは2009年10月22日。
そう、昨日で3周年なのです。


これを記念して昨日の10月22日の11時15分から20時15分まで、
なんと10時間にわたり、
10講座の無料クイックコーヒーセミナーが実施されました。


アレンジコーヒー体験、フードのテイスティングなど、
さまざまなセミナーが実施されたのですが、
私がお邪魔したのは15時15分から30分にわたり行われた
「手挽きのミルでグラインドをして、ネルドリップに挑戦しよう」です。


セミナー内容はタイトル通り、
みんなで手挽きを体験し、
そのあとにネル(布)をつかってドリップ(抽出)してみようというもの。


前回は勉強的な色もありましたが、
今回は無料セミナーというだけあり、
みんなでコーヒーと触れ合って純粋に楽しい時間を過ごそうという趣でした。


まずは手挽きのミルでグラインドします。

今回使ったグラインダーはZASSENHAUSさんのもの。

その特徴は・・・
・回転軸がブレない(均等な大きさで豆が挽けるので、ムラのない抽出が可能)
・豆をカットする(カットされた豆はすり潰した豆よりも吸水性が高く、“蒸らし”の際に豆のエキスがより出やすい状態に)
・耐久性の高い臼刃(刃は鋳鉄製。耐久性の高い臼刃です)
と大まかに言うとこの3点


まずはスタッフさんが挽き、
次にセミナーにいらっしゃった方たちがひとりずつ挽いていきます。


挽くときのコツはヒザの間にミルを挟んで挽くこと。
シンプルな方法ですがめちゃくちゃ安定します。


人数分豆を挽いたら、スタッフさんがネルドリップを披露。

IMG_4264.jpg
↑淹れ方はハンドドリップと基本的に同じ

IMG_4265.jpg
↑ブラックエプロンがまぶしいです
※ブラックエプロンはコーヒーの知識や経験が豊富で、厳しい社内試験に合格したバリスタさんのみしか着用できません


抽出されたコーヒーをクッキーとともにいただきます。

IMG_4266.jpg
↑コーヒーはインドネシア ブルー ジャバを使用


その後に、みんなでネルドリップの実践タイム。

ペーパーフィルターにはないネルの強みは
① ネルはペーパーフィルター&ドリッパーとは違い、ややふくらむのでお湯がムラなく豆に浸透し、うま味やコクがしっかりと出る
② ネルはペーパーより目が細かいのできめ細やかなで繊細な味が楽しめる&雑味が出ない

大まかに言うとこの2点。

また、
ネルドリップでおいしくコーヒーを抽出するコツは
① ネルをお湯で温めておく(コーヒーの温度を下げないため)
② お湯を切りダスターで余分な水分を切る(水分で味が薄まらないようにするため)

これまた大まかに言うと2点。


以上をふまえてドリップ。

IMG_4270.jpg
↑左手でしっかり持ってマグカップから少し上にかまえる

そしてドリップ。
IMG_4269.jpg
↑お湯はみごと中央に命中。ただペーパーと違い、ネルはお湯があたってもたいして支障はありません


入れた後は、
スタッフさんに淹れていただいたものと自分が淹れたものを飲み比べ。


IMG_4272.jpg
↑ともに美味でした


ドリップ後に注意したいのは保存方法。

水を汲んだ容器にネルを入れて冷蔵庫に保存するのがベスト。
もちろん毎日水を変えます。

これは、ネルに張り付いた豆が酸化し、
次にコーヒーを淹れる時に香りが悪くなるのを防ぐためにです


そんなこんなでクイックコーヒーセミナーは終了。

これが無料とは。
多くの人にコーヒーの素晴らしさを知ってもらいたいというスターバックスさんの熱い思いを感じます。

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ecafesupply.blog.fc2.com/tb.php/6-a6cd8677
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。