カフェなんて好きじゃなかったのに

ステキなカフェやコーヒーに関することなら何でも紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【神奈川/大倉山】深煎りコーヒーと自家製スイーツが絶品! 横浜が誇るコーヒー豆屋「TERA COFFEE(テラ コーヒー)」さん

横浜に住む多くの友人たちが絶賛するコーヒー豆屋さん、
「TERA COFFEE and ROASTER(テラコーヒーアンドロースター) 大倉山店」さんにお邪魔しました。
R0012889.jpg

「コーヒー豆屋です」
シンプルながらも威風堂々とした看板。
R0012888.jpg

それもそのはず、TERA COFFEEさんは豆に徹底的にこだわっています。

産地へ直接足を運び、優良な農園とパートナーシップを築き、
その年に収穫された[ニュークロップ]と呼ばれる新豆だけをカッピング。

香味チェックで高い評価を獲得した豆のみを買い付け。

リーファーコンテナ(冷蔵)で輸入。豆にとってはファーストクラスのような環境。

日本に輸入されてからは15°Cの定温庫で保管。

手間も時間もかかるけれど、
素性までわかる良質な豆しか提供したくないという思いから、
このような方法を取られているそうです。

もちろんその熱い思いは焙煎にも。

やわらかな香味をつくり出すために、
特別に改良した直火の焙煎機で、
丁寧にじっくりローストされています。

場所の紹介がまだでしたね。
場所は東横線大倉山駅の出口1を出て左手にあるこの建物の一階です。
R0012882.jpg
白楽にある店舗が第一号店でこの大倉山店は第二号店。
大倉山店さんのほうが自宅から近かったのとスイーツが充実しているということで、
今回は大倉山店さんにお邪魔しました。

カウンターに厳選された豆たちが並んでいます。
R0012880.jpg

豆たちを眺めていると、
スタッフさんがオススメのコーヒーを試飲させてくれました。
とてもおいしくて期待値がグングン上がります。
しかしこういったサービスはほんとうれしいですね。

どんな豆を買おうか悩んでいたのですが、
味の好みをスタッフさんに伝えると、
アドバイスを交えながら私好みの豆を選んでくれました。

「グァテマラ(サンホセオカニャ農園)【シティロースト】100g」(570円)。
R0012911.jpg
説明書きに、
「今年の2月に訪問し買い付けて来た農園。
標高が高く寒暖差があり十分なコクのあるコーヒーができる産地。
とても甘味のある味わい。熟したチェリーやプルーン、ブラックベリーの様な香味」
とありましたが、まさにその通りの味わい。
深い甘みとコクが楽しめました。
相談してよかったー。まさにいま自分が求めている味でした。

3席ほどですがイート イン スペースもあります。
R0012873.jpg

目の前にはプロバットというドイツ製の焙煎機。
迫力です。
R0012864.jpg

せっかくなのでイート イン スペースを利用させていただきました。
ドリンクメニューはこちら。
R0012854.jpg
暑い日だったのでアイスカフェオレのSを。
(もちろんドリンクはテイクアウトも可能です)

上のメニュー表にも書いていますが、
素敵だな思うのは豆を選べること。

TERA COFFEEさん一押しのブレンド、
「ふかいりブレンド【フレンチロースト】」で作っていただきました。
じゃん、こちら。
R0012868.jpg
やさしいミルクの味わいとガツンとくるエスプレッソのコクがベストマッチ。

フレンチローストなので苦味やコゲくささも感じるのかなと思いきや、
強いのはコクだけで、嫌な苦味もなく、コゲくささもありません。

取り扱っている豆は比較的深煎りの豆が多かったです。
最近のカフェ&コーヒー豆屋さんは、
サードウェーブ系の浅煎りの豆をメインに展開しているショップさんが多い中、
なかなかめずらしいコーヒー豆屋さんです。

ただ先ほども書きましたが深煎りだからといって、
どの豆も嫌な苦味、焦げくささはありません。

あるのはやわらかな甘みと深いコク。

深煎りのコーヒーのおいしさを追求し、
深煎りコーヒーのいいとこ取りをしたかのような味わい。

もともと深煎り好きの私にとってはたまらないお店です。
(もちろんいまは浅煎りのものも大好きです。どちらも好き)

スイーツもおいしいと伺っていたのでこちらも注文させていただきました。
「モカチーズケーキ」(350円)。
R0012869.jpg
ニュージランド産のチーズと、
TERA COFFEEさんで扱うコーヒーを掛け合わせた一品。

モカの香りが口の中にじんわりと広がる大人のチーズケーキといった味わい。
重厚で引き締まった甘みはカフェオレにもよく合います。

また、
「自家製プレーン・スコーン」(190円)もパクリ。
R0012871.jpg
しっとりタイプではなく、サクサク感を楽しむタイプ。
香ばしく素朴な味わいの中にも穏やかな甘みがあります。
実に上品な味わい。

チーズケーキもスコーンもそのほかのイートインメニューも、
店内でその日にスタッフの方が作っているそうです。
つまりできたて。

また、
看板にもありましたが、
コーヒー豆をモチーフにしたこのカエルのキャラクターが超かわいい!
R0012866.jpg

マグカップやキャニスター缶など、
このカエルのキャラクターをモチーフにしたグッズもたくさん。
R0012875.jpg

コーヒー豆が入っていた麻袋をリメイクしたバッグもありました。
裏地がストライプのものもあり、
シンプルながらもオシャレな作りになっています。
R0012876.jpg

また、テーブルの上にはTERA COFFEEオリジナルのニュースペーパーが!
R0012900.jpg
(上の写真は自宅で撮影。最新号は豆を買い物すると付いてきます)

キュートなデザインが目を引きます。
たくさんの写真を使いながら、豆の仕入先である農園が紹介されていました。
読み応え十分。

徹底的にこだわった豆の仕入れ、保管、焙煎、
深煎りに重きを置いたほかにはなかなかない豆のラインナップ、
自家製の絶品スイーツ、
キュートなグッズ&ニュースペーパー、
さすが横浜が誇るコーヒー豆屋「TERA COFFEE」さんです。

またお邪魔しようと思います。

●店名
「TERA COFFEE and ROASTER(テラコーヒーアンドロースター) 大倉山店」

●住所
横浜市港北区大倉山1-3-20

●営業時間
10:00~20:00

●休み
月曜

●アクセス
東急東横線大倉山駅B1出口より徒歩1分

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ecafesupply.blog.fc2.com/tb.php/62-babbead8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。